« May 2005 | Main | July 2005 »

Wednesday, June 29, 2005

ウルトラマンスタジアム・ネクサス最終?公演

【6月26日にウルトラマンスタジアムへ行って来ました♪】

nif.bus.line.gif

ウルトラマンスタジアムの土日祝公演のタイトルは「蠢く(うごめく)闇の渦(うず) 煌く(きらめく)光の絆」
このタイトルの元、進化していくストーリー展開で3部構成(後述)の最終版。

このサブタイトルは『ULTIMATE(アルティメット)-究極-』

ph050626ustjb1

お話の展開はTVネクサス最終回に似ています。
ざっと簡単に紹介すると、ペドレオン・バグバズンのビーストに対戦するゾフィー、初マン、セブン。苦戦する3人にネクサスアンファンスが手助けし、倒す。そこへ次にビーストの気配(モニターに影が写る)。現われしビーストはなんと!イズマエル!!(←あまりに最近登場のビーストにチト、びっくり@_@)

今度は4人で対戦するも、倒せずイズマエルは目的の為に姿を消す。
またまた不穏な気配に今度はネクサスが闇に取り込まれる。で、ダークザギ復活!!ゾフィー以下のウルトラマン達をやっつける。ダークザギとの苦しい戦いの中、ウルトラマン達は光の絆を信じるように客席に伝えていた、、

んで、お姉さんの光の絆を応援の声に乗せて、ウルトラマンを呼ぼう!と促す。
その前に、宇宙から飛来する「高エネルギー体」のウルトラマンスタジアムへの接近を伝えていた。

ph050626ustjr2

ステージ中央の扉にかかる、エボルトラスターに客席からの声に反応して光が点滅を始める、で、ネクサスアンファンス登場。で、ステージに出ていた、え~怪獣・←名前失念(三井GL前期休日ショーのティラノの下で暴れていたやつね・汗)とバトル。赤ジュネッスに変わって倒す。がまたまた登場の敵(←これは、平成セブンのヴァルキューレ星人だったと思う)に今度はジュネッスブルーにチェンジして戦う。これも倒したものの、またまた、今度はイズマエルと遭遇。ボロボロにやられてしまう(←アクターさん、上手い!!んで、力入ります)。ただ、またまた客席の応援を得て復活、今度こそイズマエルに必殺光線・アローレイシュトロームが決まるか!!というところへ、そのアローレイ光線を破って、ダークザギ登場♪そして、ネクサスの光も途絶えざるおえないか?というところへ先ほどの「高エネルギー体」=ウルトラマンマックスが「あきらめるな!」と登場。しかし、戦う事はせず(←このあたりの扱いには好感♪マックスはまだまだ先に活躍の時があるもんね)光を与えて立ち去る。

ph050626ustjb3

ph050626ustall6

その光を元に、イズマエル・ダークザギからの光線に耐え、ついには「ウルトラマンノア」へと。
同時にゾフィー、初マン、セブンも復活、最終決戦へと。

まずはノアvsザギ。
一旦はザギを光線技で追いやったかに見えたのだが、、、

ph050626ustnoazagi7

そして、イズマエルvsゾフィー以下。おってノアも参戦し、イズマエルを倒す。が、やっぱりでてきました、ダークザギ!ひととおり、闇のウンチクをしつように語り、それでもノア以下ウルトラ戦士の光線技に倒れる、しかし、闇の不滅を予見しながら、、、

ph050626ustnoazagi5

ph050626ustnoazagi4

ということで、なにやらテーマの台詞をカットしちゃったレポになっちゃいましたね(汗)
言いたいことは、なんとなくは解かるので、また追って追記します、、、(^^;)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, June 14, 2005

ウルトラマンマックス♪三井グリーンランド「ウルトラマンメガフェスタ」

【6月12日に三井グリーンランドへ行って来ました♪】

nif.bus.line.gif

☆まずは写真をアップ。

ph050612mgl3tdnjb

三井グリーンランドのウルトラマンメガフェスタ2005・「ザ・ラスト・ムーブメント」を見てきました♪

最初に個人的な驚きをお伝えするのは心苦しいのですが、ナンと言っても、ビックリしたのでまず、それから。

以下ネタバレを含みますのでご注意ください。尚、18・19日と25・26日は特別バージョンなので、同じものはもう、見れません、ご了承下さい。さらには、他所さんのこのステージのレポ等は読んでいませんので、もし、同じことや間違ったことを言ってたらゴメンナサイ。では!

ショー開始そうそう、ステージに登場のデスバルタン率いるバルタン一族。この地球の生命体を排除し自分達が移住する計画を持っている。
そうはさせじと登場のウルトラマンは、ウルトラマンティガ!!単身6体のバルタンに立ち向かう。このティガがまた、強い&カッコイイ!!&アクションも凄い!!次々と5体のバルタンをなぎ倒す。「おぉ~~!!」 と同時に、このティガのアクターさんの動きに4年前の名作(いや、迷作?)が甦る!!!って、いやね、まさかここであの時のティガにまた会えるなんて思ってもみませんでしたよ。
しばし、横道にお付き合いいただきますと、
4年前の三井グリーンランドで行なわれた「ウルトラマンメガフェスタ2001」。初代ウルトラマンやセブン、それに平成ウルトラマンのダイナやガイア、さらには当時のニューフェイス・コスモスの活躍を隣で見ながら「ウルトラマンランド」でステージを守っていたティガ。(←声の出演が出来なかったからだと思うけど)三井のステージでの活躍から外された心の隙を突かれ(←ウソ^^;)メシエ星人に体を乗っ取られてしまう(これも、ウソ。ホントはメシエ星人と心と体が入れ替わってしまう)。ステージ上でティガの姿で好き放題に動き回るメシエ星人。このメシエ星人の「ティガ」の姿がねぇ、、、(-_-;)もう壊れているとしか言いようのない暴れぶりで、、、(>_<)。いくら心がメシエ星人だと解かっていても「こんなティガ、見たくない!!」と目を被いたくなる壊れっぷりでした。しっかし一方、正気のティガのカッコよさ♪この作品、実は深~いテーマもありまして、このステージでティガを演じ分けたアクターさんがかなり印象に残る作品なのでした。
んで、この時のティガなのですよ、この日、三井グリーンランドで活躍のティガは!!ひょへぇ~、4年も経って同じアクターさんのティガにまた会えるとは思ってもみませんでした。

そして、このティガ、またしても、悲運?な運命に、、、?

さて、お話をこの日のステージの物語りに戻しましょう。
一言で言えば、この地球移住計画を持つバルタン族とそれを阻止するウルトラマン達のお話です。←超シンプルなお話ですね~^^;)
そこへ絡んでくるのが、なんと、ティガダークとバルタン親子。
話は前後しますが、冒頭↑で強~いティガに立ちはだかるデスバルタン。この“親分”バルタンがメッチャ強く、ティガを倒してしまう。そしてリフトで沈められ、謎のマシン内ででティガはティガダークになってバルタンの手下となってしまうのです!!
一方、バルタン族の地球への着陸失敗?で行方不明となっていたバルタン親子はMCも務めるNRのケエコ姉さんに助けられ、地球人の優しさに触れ、地球人との共生を目指す。しかし、バルタン族との間に軋轢が、、、そして共生に異議を唱えるデスバルタンにはさらなる目的があった、、、
そんな中で繰り広げられるバトル!!
話の繋ぎ役を子バルタンとケエコ姉さんが務め、それぞれの場面でのバトルシーンも、また子バルタンの役割も素晴らしい!!
それなのに、見終わった時の満足感が、イマイチなのはどうしてだったんでしょ??

それでは感想です。
ほぼエンディング、というところでウルトラマン達が立ち去る中、子バルタンの事を想い、宇宙まで送ろうと手をさし伸べるダイナとガイア。子バルタンの「僕、泣かないよ」という言葉にショー最初の登場場面で父バルタンの倒れた姿に大泣きしていた姿を思い浮かべる。NRのケエコ姉さんや父バルタンの生きざま、ウルトラマンの戦いを見て子バルタンも成長した。その姿に感動を覚えながらも、続くシーンでネクサス、マックスに助けられ登場の父バルタン。その姿を見るやいなやマックス以上の高速で(?^^;)父バルタンの元へ駆け出し飛び付く子バルタンに親子の間にある「絆」が見える。なんていい親子なんだ!!精一杯誠実に生きている父バルタンの姿がカッコイイ。

さて、このシーンを経て、本当のエンディングになるのだけれど、この広いステージを客席からビデオカメラで場面を追っているつもりで見ていると、全ウルトラマンを引きで捕らえ、子バルタンとケエコ姉さん・ダイナ&ガイアの絡みへズーム。そしてステージ右上のネクサス、マックス、父バルタンの登場へ視線が移りそして最後はネクサスとマックスの退場を見送る、、、んで、客席の視線はこの遠いステージ右上で止ってしまうんですよね。で、ショーはこれで、終了なのです。、、、ん?なんか、落ち付かない。まだ何かあるのか?視線と心の落し所がなくて気持ちが宙を漂う。
このエンディングで父バルタンを助けてマックスと一緒に登場したネクサスジュネッスブルーはなにやら苦しげだった。ネクサスのTV番組を見ている者なら誰しも、ネクサスが置かれている状況を知っている。それなのに普通のウルトラマンショーと同じステージの終り方。前半の休日ショーでネクサスの熱い「生きる」事への執着心を見てきたものにとっては後半でのネクサスの行方が気になる。それなのにあまりにネクサスに無関心で終ってしまった、とそんな気がした。
そして、もう一つの理由。
このステージ、見所のバトルが何箇所も。
冒頭、驚いたと上記で書いたティガのバトル。
そして、ネクサスとティガダークの出会いのシーン、それに続くバトル。この出会いのシーンもウルトラマンと知って躊躇、ようす見をするネクサスの対応に好感)
で、ネクサスとティガダークとのステージ左最上段でのバトル。
マックスとティガダーク、←このバトルを引き継ぐコス&ジャスvsティガダーク。さらにはネクサスとデスバルタンのバトルとみんなすばらしい!それ以外でもダイナやガイアの動きはかなりよかったです。
しかし、それらのバトルがお話を進める上での「必然の」バトルになっていないところが残念。特にせっかくのティガダークがティガマルチへと光を取り戻すところのきっかけが弱い。と、こう書いてくるとお話の中で面白い設定をいくつかしているのにそれを生かし切れていないのに気づく。仲間に背くバルタンと子バルタン、手下となってしまったティガダーク。さらには上記では書いていないけどデスバルタンの野望(=地球侵略)は味方であるはずの他のバルタン達をも足蹴にして集成しようとする。それぞれどんな展開になるかワクワクするはずなのに、物語りが発展しないで終っているようにも思う。たとえば、ティガダークにはバルタン親子を襲わせ、それでも「もうやめて!!」と庇いあうバルタン親子にティガダークが「光」を感じる、とか、デスバルタンの野望のティラノは別件でウルトラマン達が調査をしていて不穏な生命反応に、デスバルタンの動きと結び付いたとか、なんかそんな話の盛り上がりが欲しかったです。バルタン親子の情景がよかっただけに、ウルトラマンへの感情移入ができなかったのが、かなり残念でした。

三井グリーンランドのウルトラマンメガフェスタの後半休日ショーの感想はこれくらいなんですけど、この時期、前半後半共にここでのステージを見たくて熊本まで2度足を運びました。当然、ウルトラマンランドのステージも楽しませていただいたわけです。
しかし、このウルランのステージにも少し、不満が。(→スイマセンね^^;)

4月訪問時も、今回も同じように感じたのですけど、ランドのステージをあまり見返していないので受け取り違いだったらご容赦m(__)m
この“至近距離”で同じ「ウルトラマン」のショーをするのに、どうして同じ傾向の作品を送り出すんでしょうね?
4月の印象は、アクションで「こっちも頑張っているよ!」と言ってるようなステージだなぁ、と感じたのですが、今回の「エンドレスバトル」もタイトルからのイメージとは離れて准主役のキャラが物語りの主役。んで、感動をさらって行くのも彼。もちろん、ウルトラマンではありませんよ。
そういう点では、三井のザ・ラスト~もエンディングで客席の気持ちを奪うのはバルタン親子でした。
でね、なんで今回も両方同じ傾向なんだよ、とそう思ったわけです。なにも対抗意識?をあらわにしなくても、、、
そちらがそうなら、こちらは違う楽しみ方をどうぞ~♪というような作品にしてくれてもいいんではないかい?(そりゃぁ、また、壊れたティガのようなウルトラマンは出して欲しくないけど^^;)、「ウルトラマン」というキャラクターを売っていくのなら、もう一工夫欲しいと思うし、ランドにはそれだけの能力もあるでしょ?

ま、ブツブツと言ってはみましたが、決してつまらんステージであったわけではなく、アクションとか、ショーの「ノリ」とかは見ていて「よっしぁ~♪」の気分のステージでした。せっかくの大きなステージでのショーだったので、前半の休日・平日のショー観戦の満足度につい比較して細かい事を言ったかも知れません。
「大きな」ステージゆえに、アクターさんにとってはアクションやステージ内での移動が大変だった事と思います。それでも、息が上がることなく最後まで好アクションを披露してくださったアクターのみなさまには感謝です。

=レポ追加部分、6/19 06:15最終更新


☆ウルトラマンマックス!!かっこええ♪

ph050612mgl1max


☆こんな感じではどう?

ph050612mgl2max

| | Comments (2) | TrackBack (3)

Saturday, June 11, 2005

円谷ジャングル・父の日特別イベント♪「ナイスの【ウルトラ漫才】」

円谷ジャングルでのショーステージが新しくなって、ネクサス決着?ストーリーになってるらしい?ってんで、出かけてきました!「ナイスの【ウルトラ漫才】」も見たかったし、、、

ということで、ショーの方は今月限りのお話とはいえ、ネタバレになるのでレポはなし、ということで、、、簡単レポをば、この投稿のコメント部分にて紹介(予定・汗)。

では、写真から。

ph050611jgl1nf


ph050611jgl2nmk


ph050611jgl3nm


ほんでは、コメントはまた、追って~m(__)m

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, June 07, 2005

ウルトラマンマックス!ひらパー「ウルトラマンメガファイト'05」にも登場♪

【6月4日にひらパーへ行って来ました♪】

nif.bus.line.gif

ショーにウルトラマンマックスが登場するのかと思っていたら、ショー終了後の握手会のみ。
でも、その方がよかったです。ショーステージでのお話はネクサス「憐」バージョンが垣間見れる、遊園地に相応しく楽しいお話でした♪
以下、写真に続いて簡単にネタバレレポです。

ph050604hrp1


ph050604hrp2

お話はひらパーを自分の物にしたい、まだ少年とおもわれるダダと、ダダよりは少し年上のおじさんまたは、いとこ風のドクターギギが登場。ダダが手に入れたガイアの映画で使われた願いの叶う「赤い玉」をめぐりドタバタ劇。しかし、その「赤い玉」をぶんどりビーストを遣わせるダークメフィストツヴァイが出て来てダダ、ギギを襲う。
彼らを助けようとするネクサスとガイア。「敵」であるはずの自分達を助けるウルトラマンに気持ちを入れ換えた二人が協力してメフィストから「赤い玉」を奪い返すというもの。終盤はガイアvsガルベロス、ネクサスジュネッスブルーvsメフィストツヴァイのバトルを楽しませてくれました!

追って紹介しますが、「遊園地」を語るネクサスに憐の姿がダブったり、メフィストにやられて力をなくしたジュネッスブルーが「もう、限界かなぁ~」と弱音をはいたりするところがTVとリンクしていてよかったです。
でもね~さすが関西!ショー全般になにやら「お笑い」系の仕込があって楽しかったですよ、エンディングでなくなってしまった「赤い玉」に願いを聞いてもらいたかったというジュネッスブルーにチト、ウルっときたのに「冗談ですよ」と明るく返すジュネッスブルー。普通だったらより、辛い想いがつのるところですが、その仕草がなんとなくアクターさんの人柄が出ていてつい、笑ってしまった、、、そりゃぁ、関西のネクサスですかぁ??(笑)

ま、もう少し詳細も書きたいのですけど、とりあえず、ここまで~(いつもながら中途半端でゴメンね~~)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »