« 円谷ジャングル・6周年「ウルトラヒーロースペシャルステージ」 | Main | 円谷ジャングル・6周年イベント「ウルトラヒーロートップ10」 »

Sunday, July 10, 2005

ウルトラマンファンタジックライブIN奈良

【奈良100年会館で行なわれたウルトラヒーローVSバルタン軍団のショーを見に行ってきました♪】

nif.bus.line.gif

先週、円谷ジャングルで行なわれた6周年記念のショーステージがあまりに凄かったもので、実は今日のこのステージに少々不安をもちながら拝見いたしましたが、それがなんと!正直「うぅっ、やられた~!!」とアクターさんに感嘆の声を送りたいくらいのステージでした。もちろん、このショーステージ、同じタイトルのもと全国各地で公演されていますので、内容についてはチト言いたいこともあります。しっかし、6周年に比べればたぶん、練習時間もそれほど取れていないと思われる中、アクションやテンポのいい展開に満足のステージとなりました。
くりかえしますが、まだまだこれから公演予定が円谷プロのHPにアップされている中、公演内容には触れません。が、感想を書くにあたって「ネタバレ」となる部分もありますので、その部分についてはこれに続くコメント部分に記載したいと思います。

んで、今回のステージの満足部分について。
チラシに記載のあるとおり、バトルのメインはバルタン軍対ウルトラマンです、それがまた、みなさん素晴らしい動きで、当初不安に思っていたこの100年会館の大ホールのステージの広さを感じさせない!(実は3年ほどまえ、ここでライダーのステージを見たのですが、その時はこのステージの大きさを少しもてあましている、というか使い切っていないなぁと思われました)しっかしですね、今回のステージではまぁ、みなさんよく動いていて、アクション終った地点から舞台袖まで遠い、とか感じないのですよ。バトルシーンが続く合間の時間も短くテンションが途切れません。うぅん、素晴らしい!アクターさんのアクションも決して凹むものはなく、カッコよかったですよ♪
また、この会館の装置がいいのかわかりませんが、バックにかかる使用曲も客席への響き具合がよく、また、選曲もよかったです。そして照明もさすがこのようなホールでの公演だけのことはあります!適所に効果的な光が届き各シーンを盛り上げていました。
舞台装置は例年のライダーの公演ほどは凝った物ではありませんが、全国各地の大きさの違うステージでの公演に合わせやすく、それなりの雰囲気を漂わせたものでした。
ま、エンディングシーンくらいは、写真もOKかな?と少し、ご紹介。&ネタバレ部分の感想は続くコメントにて追記。

ph050710nara2all

☆カッコいいネクサスとマックス! マックスは先週のコスタのマックスと同じアクターさんの模様。

ph050710nara1nmt

(C)円谷プロ/(C)2004円谷プロ・CBC/(C)2005円谷プロ・CBC

|

« 円谷ジャングル・6周年「ウルトラヒーロースペシャルステージ」 | Main | 円谷ジャングル・6周年イベント「ウルトラヒーロートップ10」 »

Comments

【感想部分に多少ネタバレを含みます・ご了承下さい】

さて、このステージ、1部のみんなで歌おう!「歌って!踊って!ULRTA FAN TIME!」と、2部の迫力満天!ウルトラオリジナルステージ「見上げてごらん夜空の星を」の2部構成。
1部は歌って踊るのはウルトラマンや怪獣ではなく、観客のチビッコ達がメインでした。しかも、歌って踊るにプラスして「騒ぐ」も入っていたような(笑)いずれにせよ、楽しいしかけや、秘密兵器(←爆)のおかげでチビッコ達は大騒ぎ♪客席に歓声が溢れました!
んで、チビッコ達をステージへ引き込む導入部分にもなった、約20分ほどの1部を経て、お話の語られる2部のステージへと。
ウルトラマンランドのうるPのステージで声を当てていらっしゃる声優さんの台詞に驚いたりニヤッとしたり。謎のナントカマンのヒーロー話はどっかで聞いた事のあるお話かも?とか^^)v
しっかし、起承転結の転の部分がないような気もしながらお話は一気に終盤へと。
ん、当方いくら善人扱いされていても、「がんばれ~」の声援はウルトラマン以外には送りたくないんで、そこは、チト(いや、かなり)凹むストーリーでした。
でもまぁ、バルタンといえば、これまでにお話が数多く作られているので、違う展開にするとすればこの方向しかなかったのかな?

Posted by: 千早村 | Sunday, July 10, 2005 at 09:26 PM

村長さま早速のレポアップお疲れ様デス♪
うーん。勿体無いなぁ~×3くらいでした(^_^;)
一部に登場するのが2人だけなのもさみしかったですし。二部は”僕”が語り手とはいえ、お姉さんの存在がもったいなかったデス。(私好みの美声だったのににゃぁ~:昨年のウルフェスDVDのお姉さんでは?)村長さまのおっしゃるように、お姉さんの掛け声で送る「ガンバレ」の一発目が”彼”へというのは確かにキツいものがありました。もっとお姉さんが絡んでいればメリハリが出たのでは?でも、後半ちゃんと泣ける部分もありました(>_<)
ティガ・ダイナ・コスモスのトリオも良かったデス☆
お話の中でもいい味出してましたが、一番わくわくしたのは、開演前の前説がダイナだった事かも~♪

マックスさんフル稼働ですね☆カッコいいのはうれしいのですが、あまりのハードスケジュールに心配デス。
くれぐれもご自愛下さいませ

Posted by: りーまま | Sunday, July 10, 2005 at 10:57 PM

【以下、お話の内容ですが、これはステージの進行にそったものではありません】

地球に子供達のヒーローウルトラマンがいるように、バルタン星にも子供達があこがれる赤いマントを付けたバルタンマンがいた。
科学者の父親を持つ子バルタンもこのヒーローに熱中する3人兄弟のおにいちゃんである。
そんな子バルタンはある日、道に倒れている赤いマントの「メガバルタン」を見つける。赤いマントはバルタンマンの印?とばかりにこれは新バージョンのバルタンマンではないかと思い、こそっとマントを外して自分につけてみたりする。実はこのメガバルタンは科学者の父がボス上司?ネオバルタンの命令で「対ウルトラマン兵器」として作ったロボットを巷に放った物でマントによってコントロールされているのだったが、それまでにティガ、ダイナ、コスモスにやられ倒れてしまっていたのだった。
そこへ突如現れた怪獣にバルタンマンの「勇気」を持って対戦する子バルタンだが、力及ばずそこへ現れたネクサスアンファンスに助けられる。しかも、メガバルタンはマントを外していたので子バルタンやネクサスからのいい意味で正義の心等の精神を自らにインプットしていった。
しかし、子バルタンの父の登場でメガバルタンはコントロール装置になっているマントをつけられ、父バルタンの命令でネクサスを倒す。
しかし、この父バルタンも決して正義の心を忘れていたわけではなかったが、ボスのネオバルタンの指示によって強力なデスバルタンを目覚めさせる研究を続けていたのだった。そしてネクサスの力を利用し、デスバルタンを目覚めさせるまであと、一歩というところまで来ていた。

あとはですね、記憶がテキトーになるので、早足になっちゃいますが、キーポイントはメガバルタンが、指令に従う悪のバルタンと、正義の心をもつ善のバルタンになり分かれ、最後は父バルタンもコントロール装置のマントを外してメガバルタンのおもうがままにさせるのですよ、ところがメガバルタンはなかなかネオバルンを倒せず、自らの起爆装置を発動させて倒そうとするが結果は自らの爆破だけでネオバルタンは倒せず、その意志を継いでネクサスやウルトラマン達が頑張る、というもの。ネオバルタンは自分の命も費やしてデスバルタンを復活させより、強力になる。最後のバトルは助っ人のマックスも登場し、(←ついでですがここでマックスは連続バック転を3回くらい決めてくれましてね、カッコよかったですよん♪)デスバルタンをやっつけて終るのです。めでたし、めでたし♪

Posted by: 千早村 | Sunday, July 24, 2005 at 06:53 PM

【感想】
で、ですね、ま、しつこいようですが、お話に期待はしてなかったのでね(と、いうのは今までこの高額有料のショーで満足したことがないので)アクションがカッコよかったので、ま、まずまず満足でしたよ。
でもですね、なんで物語りの中心がロボットのメガバルタンなんだか??しかも、バルタンマンが、また、ウルトラマンっぽいヒーローじゃなくって(←、ま、アタリマエなんだろうけど、バルタンにとってウルトラマンは敵だし^^;)もろア〇パンマンやんか?なんかね、ウルトラファンにとってはそのあたりが釈然としないのですよ、ハッキリって他のヒーローもってくるなんて面白くないし。
しかもね、ネクサスがネクサスでなくって、たとえばこれがコスモスでも、ガイアでもOKなのですよ、きっと。ネクサスもアンファンスだけでスタイルチェンジしてくれないし、、、
メガバルタンを使った進行もチョット唐突過ぎる展開なように思うし、せっかく子バルタンから正義の心を受け継いだのなら、子バルタンとのやりとりがもっとあってもよかったのでは?とか。ま、子バルタンの声に反応して悪の心と善の心の間で揺れる、とか。
前半の楽しい展開がチョット長過ぎたのかな?せっかくのあの優しい雰囲気が後半の流れの急転を呼んだのなら少し時間配分が残念。
ジャングルにせよ、スタジアムにせよ、それぞれ時間に限りがある中で物語りが頑張って練られている、と普段感じているのでせっかくのタップリあるショー時間にはそれなりの物語りを見せて欲しいと願うのは贅沢なんでしょうかねぇ、、、??
あ、ちなみに、いつも無料のショーで楽しませて頂いているからと今回のステージも2回見せていただきましたですよ♪動きは2回目の方がもちろんよかったですね!

Posted by: 千早村 | Sunday, July 24, 2005 at 07:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35809/4913945

Listed below are links to weblogs that reference ウルトラマンファンタジックライブIN奈良:

« 円谷ジャングル・6周年「ウルトラヒーロースペシャルステージ」 | Main | 円谷ジャングル・6周年イベント「ウルトラヒーロートップ10」 »