« ウルトラマンマックス<第14話>「恋するキングジョー」〇感想 | Main | コスタモール・ウルトラマンマックススペシャルステージ »

Saturday, October 08, 2005

ウルトラマンマックス<第15話>「第三番惑星の奇跡」◎感想

【ウルトラマンマックス<第15話>「第三番惑星の奇跡」◎(二重丸)感想】←タイトル再掲・二重丸が見れない方もいらっしゃるかも、なので^^;)

ウルトラマンマックスの感想を書くのに疲れた(というか、面倒になった?汗)、などといって掲示板の更新を止めたというのに、今回のこの作品のレベルの高さにはビックリで感想書かないわけにはいかないでしょ~!!

冒頭からどうしようもなく「悲劇」の予感?しっかし、それを越える感動を持って作品は締め括られました。少女の意識の高さ、少女とは思えぬ考え方の柔軟性、不幸?に立ち向かう勇気。どれをとっても彼女の純粋さが、「イフ」の形態を変えたとしか思えません。ウルトラマンマックスでさえ思いの及ばぬ、彼女が持つ「心」の全てをイフに見せつけたのではないかと、そんな気もしました。やりすぎになりがちな破壊映像も適度なところで押さえ、それでいて、心に迫るものでした。追い詰められた少女がイフに語りかけるシーンにこのお話の全てを賭けていたのではないでしょうか?
マックスの戦いも見応えあり、いいかげんに学習せぇよ、とも思いましたが^^;)悔しげに退散するマックスもよかったし、「しぃ~っ」とミズキに語りかけるマックスも非常に人間味溢れてました、ん、カイト隊員の顔がダブりましたよ^^)v
ま、しいて突っ込めば、中盤の少女が崩壊された街中を歩くシーンとかがチョット長かったかなとか、もう少し少女の年齢が高い方がよいのでは?とか思いましたが、マックスが退散したあたりから結末が見えたとしても、充分視聴者を感動させる一編になっていたと思います。
他でもたぶん、絶賛のこととは思いますが、ウルトラシリーズの作品群にこの一編が残された事をとても嬉しく思います、これでこそ、円谷プロがウルトラシリーズを手がけ続ける意義があるというものです、これからも全部とはいいませんが好作品の提供をぜひお願いします!!

ついでに、次回予告でミケ、タマ、クロが出てきたので、つい我が家のニャンコに「おぃ、出番やで~♪」と声をかけましたよ、、、えへへ~♪

|

« ウルトラマンマックス<第14話>「恋するキングジョー」〇感想 | Main | コスタモール・ウルトラマンマックススペシャルステージ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35809/6311680

Listed below are links to weblogs that reference ウルトラマンマックス<第15話>「第三番惑星の奇跡」◎感想:

» TBS「ウルトラマンマックス」第15話:第三番惑星の奇跡 [伊達でございます!]
ウルトラマンに憧れていたという三池崇史監督の初演出作は、キャラクターひとりひとりにまで神経の行き届いた「シナリオよし」「演出よし」「カメラワークよし」の傑作でした。 [Read More]

Tracked on Saturday, October 08, 2005 at 11:59 PM

« ウルトラマンマックス<第14話>「恋するキングジョー」〇感想 | Main | コスタモール・ウルトラマンマックススペシャルステージ »