« ウルトラマンマックス<第25話>「遥かなる友人」〇感想 | Main | 円谷ジャングル「ウルトラマンゼアス&マックスのドタバタ大掃除」 »

Sunday, December 25, 2005

ウルトラマンマックス<第26話>「クリスマスのエリー」◎感想

え~登場怪獣?は神話の幻獣ユニジン。ウルトラマンマックスのスーツアクターさんは寺井大介氏。ユニジンは西村朗?氏か?

12年に1度しか会えないユニジンを追って研究を重ねるコリー博士と、DASHに所属するアンドロイドエリーとのユニジンに会うまでの交流を描く。

正直言って、ウルトラマンでのファンタジーはあまり好きではありません。それでもワッシを満足させるって、何時の間にそんなに作品作りが上手くなったんだか?←などと、エラソウな事を言ってみる、つーか満足させられてなんか悔しい^^;)

なぜクリスマスにプレゼントをするのか理解できないエリー。それはたぶん、「うれしい」という感情がどこからくるのかのケーススタディがまだ十分行なわれていなかったからか?それが、コリー博士との対話を経てそれらが蓄積されていく。結果「だれもが誰かを喜ばせたい日」がクリスマスのプレゼントだと理解し、「あなたがうれしければ、私もうれしい」(←ちょっとアヤフヤ)という感情をインプットしてゆく。エリーが人間になれる日も近いかも?

にしても、幻獣といいながらもこのユニジンに初めて出会うコリー博士の子供の頃のエピソードも、妹を喜ばせたいという心温まるお話だし、幻獣を追い求めて研究するというのも、元は綺麗なユニジンを多くの人に見せたいという喜びを与える目的があったりしてコリー博士の純粋な心が伝わりますよね。

しかし、ユニジンを捕まえるにはそれなりの危険も伴って、、、ユニジンの動きはまさに鳥が網に引っ掛かったようで苦しそうだったし、それでも直接手を貸してユニジンを放つのではなく、コリー博士にユニジンを捕まえる事が最善策ではないことをわからせるために(←と、思う)マックスが頑張っているのも好かったですよ!

コリー博士の自宅の表札が古狸になっているのも楽しかったです♪

さて、来週はなんと!「盗まれたマックススパーク」
ウルトラセブンファンにはすぐに「盗まれたウルトラアイ」を連想させますが、今回マックススパークを盗むのはピット星人。それじゃぁ、「“女性の部屋”のひみつ」じゃないですか??え?なんやらビデオじゃないってですか??あははぁ^^;)

|

« ウルトラマンマックス<第25話>「遥かなる友人」〇感想 | Main | 円谷ジャングル「ウルトラマンゼアス&マックスのドタバタ大掃除」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35809/7815431

Listed below are links to weblogs that reference ウルトラマンマックス<第26話>「クリスマスのエリー」◎感想:

» ウルトラマンマックス 第26話 [ガラクタに囲まれて(ログ版)]
クリスマスのエリー 登場:ユニジン 世の中はクリスマス。 という訳で、アバンもク [Read More]

Tracked on Sunday, December 25, 2005 at 11:17 AM

« ウルトラマンマックス<第25話>「遥かなる友人」〇感想 | Main | 円谷ジャングル「ウルトラマンゼアス&マックスのドタバタ大掃除」 »