« December 2005 | Main | February 2006 »

Thursday, January 26, 2006

ウルトラマンマックス<第30話>「勇気を胸に」♪感想

今回登場の怪獣は進化怪獣ラゴラスエヴォ。スーツアクターさんは岩田氏、寺井氏、がマックスか。んで丸山貴治?氏が怪獣役か?初めての名前かな、彼は??

今回は「熱い」感想はありませんm(__)m
さすがに10年近く、放送の無かった時もあるとはいえウルトラマンを見続けると、この場面はあの作品のこれこれと似てる、とか純粋に観賞するには余計な記憶が邪魔をしてね(+_+)

正直小中千昭氏脚本のお話は好きです。ただね、今回は上記に書いた「あれこれ」がたくさんありすぎた、というか、、、
・腐る怪獣→ティガの5話(小中氏脚本)を思い出した。
・発明担当を励ます→これもティガでダイゴがホリイさんをよく励ましていた。
・カイト隊員の過去話→ティガ34話「南の果てまで」(小中氏脚本)を思い出した。
ま、他にもいろいろ。しかし、だから嫌だったと言うのではありません。当方ティガ好きだしね、どうしても結びつけたくなるのですよ。自分がウルトラマンになっていることに対する疑問。それらは最終回へ向けていつかはネタフリをしておかねばならない。そういう点でこの回でもろもろに触れながらもちゃんとしたドラマとして見せていたところはよかったと思う。そういえば、ミズキ隊員との関係にも少し振っていたしね^^;)

今回の様子からするに、最終回当りでは何時か、マックスとカイトとの別離のシーンがあるはず。願わくば、ウルトラマンコスモスの時の最終回のように、傷つき瀕死状態にあるウルトラマンに合体して?一緒に戦って~などと言わないで欲しい。そうでなくてもマックスのデザインはセブンにチト似ていて、セブンファンの当方としてはセブンの最終話の壮絶さももう見たくない。←とかくと、盛り上がりもしないしおもしろくも無いのはわかっているのだけれど、それでもいまだにウルトラマンに感情移入してしまう当方としては(もう、歳なので^^;)辛い戦いはさせたくないかな、、、(←ん?言ってることが甘いかな・汗)

ちょっと思い出したので、書いておくとマックスと怪獣とのバトルシーン、始めに対峙するシーンのカメラアングルは好きです。よっしゃぁ、応援するで!!と気合が入る。
ん、これで感想をしめておこう(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 21, 2006

お出かけ記録’04年(←お遅っ^^;)

いまさらですが、'04年のお出かけリストを。というのは、’05年のを作ろうとすると、’04年が後回しになっちゃうでしょ、だから。

ちなみにお出かけ日近辺のカフェ(bbs)や駅舎には何か書いてある事が多いので「ヒマ」だったらご覧下さい。では~~

2004年お出かけ記録

1月4日(土)大阪ドーム

<’03年の12月も押し迫った年末年始の仕事休みに引越しをしたため、1月のお出かけはこれだけ^^;)>

2月11日(水・建国記念日)円谷ジャングル

3月7日(日)円谷ジャングル

(3月27日・土 円谷ジャングルへ分身の術)

4月4日(日)円谷ジャングル

4月25日(日)岐阜ライブ

4月29日(日)コスタモール二色浜

5月1日 あやめ池遊園地(たぶん、セーラームーンショー)

5月2日 円谷ジャングル

5月4日 六甲アイランド(ウルトラマンコスモス&ノアショー)

5月5日 堺中央市場(ウルトラマンコスモスショー)と大阪市住之江区のオスカードリーム(ウルトラマン&ウルトラマンノアショー)をハシゴ

5月9日 和歌山マリーナシティでショーを2回見て、帰りに円谷ジャングル

5月29日 あやめ池遊園地(仮面ライダーブレイド)

6月6日 あやめ池遊園地、閉園日(デカレンジャーを少し)

6月13日 みさき公園(デカレンジャーショー)と、帰りに円谷ジャングル

7月10日(日) ウルトラマンスタジアム

7月18日(日) イトーヨーカドー奈良店(仮面ライダーブレイドショー)

7月25日(日) 円谷ジャングル&イベントレポ

7月31日(土) 泉の森ホール(仮面ライダースーパーステージ)

8月1日(日) コスタモール二色浜(ウルトラマンショー)もちろん、円谷ジャングルも。

8月7日(土) ウルトラマンスタジアム

8月14日(土) 円谷ジャングル

8月15日(日)イトーヨーカドー津久野店

8月18日(水)休暇を取ってウルトラマンスタジアム

8月25日(水)東京ウルトラマンフェスティバル

9月5日(日) 和歌山マリーナシティ

9月20日(月・祝)イトーヨーカドー→映画仮面ライダーブレイド

9月26日(日)円谷ジャングル

10月10日(日)円谷ジャングル

10月17日(日)髙島屋京都店(ウルトラマンネクサスショー)

11月3日(水・祝)円谷ジャングル

11月6日(土)ウルトラマンスタジアム

11月14日(日)エキスポランド(仮面ライダーブレイドショー)

11月20日(土)ひらパー(午後から・デカレンジャーショーの2回目公演を見る)→
         ナムコにてウルトラマンネクサスショーの2回目を見る)

11月23日(祝)円谷ジャングル

12月5日(日)名古屋オアシスにて(ウルトラマンネクサス&クリスマスバージョンショー)

12月11日(土)ウルトラマンスタジアム

12月12日(日)円谷ジャングル

12月18日(土)劇場版「ULTRAMAN」見に行く

12月31日(金)同、2回目

分かるところからリンクを貼って、そのうちちゃんとしたページに仕上げたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 18, 2006

円谷ジャングル「クリスマスの約束」ショーレポ♪

11月3日から12月の25日までの土日祝日に行われた“円谷ジャングルヒーローステージ”の紹介を簡単にしておきたいと思います。

ph051113jgl1ma

テレスドンに襲われるブースカをマックスが助ける。お礼がしたいブースカはお姉さんに相談し、マックスをパーティに招待することに。準備をしようと一旦退場。
そこへ、パーティなんかキライとケットル星人、クリスマスパーティをメチャクチャにしてやると言ってステージから消える。
お姉さんとブースカはパーティ用にクリスマスツリーの植木鉢や、壁を飾るお星様などを持って登場。会場のお友達にもリースの飾り付けを頼み、すっかりパーティ会場が出来上がる。マックスを呼びに一旦退けるブースカ。そこへケットル星人が現れ、飾り付けた物をはがしたり、投げつけたり。で、マックスが出てきてくれて一戦。しかし、ケットル星人は大きな注射器ようの物を持ち、マックスを不思議な術で動けなくしてブスッとマックスの胸を刺しマックスの「やる気」を吸い取ってしまう。
体は動かせるもののすっかり戦う気力を失ったマックス。ケットル星人を倒す事も追う事もできずに力なく退場。
そこへブースカが帰ってきてお姉さんから様子を聞く。そして会場のお友達とどうすればマックスがやる気をだせるか、考える事に。結局、マックスに応援の声を届けよう、とガンバレーの練習。

そんななか、ステージにはやや気の弱そうな?テレスドンが登場、追って出てきたケットル星人は例の注射器に入っているマックスのやる気をテレスドンに注入する。
とたんに元気モリモリのテレスドン、このケットル星人もやっつけてしまう!!
暴れるテレスドンに手を焼くブースカ、そこへマックス。しかし、みんなのガンバレーの声にも「やる気」は戻らずテレスドンとともに場外へ。
そんな様子をみて、「マックスを助けて!!」と祈るブースカとお姉さん。「キラリン~」と願いを聞いたような効果音。
そこへ、マックスとテレスドンのバトルが戻ってくる。テレスドンはお友達が飾ってくれたリースまで噛み潰そうとする。それは、お友達が飾ってくれた大切なものなのに!とブースカが懸命に取り返そうと頑張るのだが、、、力の差は歴然、、、

ph051113jgl2ma

ピンチのブースカに突然現れるウルトラの父。テレスドンに一撃を与え、取り返したリースをマックスに渡し「このリースは子供達の笑顔の象徴だ。みんなの思いを守るために戦うのだ!」(←だったかな?ちょっといいがげんでゴメン^^;)と励ます。その言葉にやっと「やる気」を取り戻すマックス、あっという間にテレスドンを倒し、応援を送ってくれたみんなにお礼を言って、またパーティをやろうね、と約束してショーは終了です。

ph051113jgl3mab

え~、感想は追って記入します。

↓おまけ(メッチャ、カッコよかったので♪)

ph051113jgl4ta

ph051113jgl4ta2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, January 15, 2006

ウルトラマンマックス<第29話>「怪獣は何故現れるのか」◎感想

登場怪獣は牛鬼怪獣ゲロンガ。演じるスーツアクターさんはマックスが久々に岩田氏、ゲロンガは横尾氏。

当方の年代には懐かしい「ウルトラQ」の出だし。
出演者も「同窓会」風に40年前のウルトラQの出演者。
さらには、話の中でさかのぼる40年まえの撮影現場のスタッフに、監督役に満田氏、カメラマン役にも10年前のティガから平成ウルトラシリーズを数多く撮ってきている倉持氏、んで撮影現場に怪しげに登場する村人役を村石監督自身が演じていましたね♪
そして、佐橋役の若い頃を演じていたのはグランセイザーで水のドライブの中心役を演じていた岡田秀樹氏と懐かしい?顔ぶれが揃うお話となりました。

チビッコ達にはどう受け取れたか分かりませんが、現在と過去を行き来する映像も分かりやすく、40年前にゲロンガと戦うシーンは合成画面も懐かしく?手に汗にぎりましたよ。
今回のバトルの見所はマックスvsゲロンガ戦だけでなく、この40年前のシーンも見事でした、そういえばウルトラマン登場の前のこの番組では「人」が戦っていたんだなぁ~と再確認。一昨年の新作~Qでは味わえなかった人による戦いを見せてくれたのはやっぱりあの時代からの監督さんの力によるものかも?

それにしても、冒頭からゲロンガが可愛かったです、愛嬌あるというか、、、
なもんで、マックスと戦っていても今回はゲロンガを応援したかったりして^^;)

お話中に現佐橋氏の語る怪獣出現理由が、もう少しゆっくりと聞けてもよかったかも?結論に至ってなかったようにも思うし。でも、まぁ出演者にとっても、当時のファンだったわっしらの年代にも「幸せ」な作品でした。ふつう、40年もたって、同じシリーズ(一括りにしてゴメン)に再度出演できるというのも、円谷のウルトラシリーズだからこそ、ですよね~♪

さてさて、次回はショーン主演?
ウルトラマンのイデ隊員のような活躍がみれるか??あ、いや、最近でいえば、ティガのホリイ隊員のような熱い戦いがみれるかな??楽しみですね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 12, 2006

あらためて、円谷ジャングル「★星人の日スペシャルイベント★」

一応、メモ代わりにでも1月8日に行われたイベントの様子などを残しておきたいと思います。

手元にある、当日のチラシには8つのクイズラリーの問題と、裏面にはこの日地球にやって来ている20人の宇宙人さんのリストが書かれています。
そして説明によると、宇宙のどこかにあるという侵略学校から怪盗ヒマラの先生のもと、星人さん達が課外授業でコスタモールに来ているとの事、侵略学校は地球侵略をお勉強するところで、このままでは大変だからたくさんの宇宙人を見つけてウルトラ戦士に教えよう!とあります。

んで、指名手配されているのは、
侵略学校のヒマラ先生。
生徒会長のダダ、
フック星人、
バルタン星人(ベーシカルバージョン)、
メトロン星人、
プレッシャー(星人)、
マグマ星人、
メフィラス星人、
ケットル星人、
キュラソ星人、
ゴルゴン星人、
レイビーク星人、
バルタン星人(初代)、
マノン星人、
ザム星人、
バルタン星人(5代目)、
ピッポリト星人、
ガッツ星人、
ゼネキンダール人(特別参加!地球生まれ)、
ゴース星人、
の20人。しかし、この内の3人(メトロン、ガッツ、キュラソ)が腹痛でお休みでこれがコスタモールの館内放送でアナウンスされていたり、5時からのショーの中でダダがヒマラ先生に報告していたりしたのでした。それ以外の星人達はコスタモールのアチコチに出没し、記念撮影などで地球侵略もどこへやらの、のどかな?課外授業を過ごしておりました。

さて、このイベントのフィナーレにはジャングルステージで全員集合があると聞いていたのですが、実際は1回きりのショーが行われ、ウルトラマンも初代、マックス、ゼアス、ナイスの4人が登場、メッチャ狭苦しいステージで星人も含むみんなの活躍が見れる好ステージが上演されたのでした!

ショーの内容は、ここジャングルステージは侵略学校の教室。ヒマラ先生の元、生徒9星人がイスを並べて座り「1月9日は何の日?」とお勉強。『お姉さんの誕生日』とか、『一休さんの日』とかの迷答がいきかう中、なんでか、新入生を紹介することに。そこへ入ってくるのはゼアス。生徒たちはウルトラマンだというのにヒマラ先生は顔の赤いウルトラマンはいない、などと、頼りなさげ。そこへ背広の上着だけを着た「ナイス先生」もこれからは私が担任だ!などと乱入?さすがにヒマラ先生も生徒たちに『避難』を指令。イスを持ってあわただしく退場の星人達、しかし、逃げる途中でまたウルトラマンに出会ったり、勇敢なる星人は(←誰だと思う?)ウルトラマンに一撃を加えたりしてドタバタ極まる展開に。しかも、ヒマラ先生が笛を吹いて怪獣(カオスダークネス・ゴモラ)を呼び出したりしたものだから、ウルトラマンを襲うだけでなく星人達にも身の危険が及ぶ可能性が、、、初代ウルトラマンに捕まったヒマラ先生は侵略学校の目的がそれほど悪意のないことを話し、初代ウルトラマンに怪獣を納めるように言われるものの、すでにヒマラ先生はその呼び出した笛を紛失していたのでした(>_<)
結局、初代ウルトラマンの笛捜し命令に素直に従う星人達。笛は客席のお友達が吹いてみんなを助けるという展開を含めて、星人達やウルトラマンが怪獣を倒し、めでたしめでたしとなるのでした♪その後はあの狭いステージでみんな揃って「ウルトラマンボ」を楽しくダンス、ナイスやマグマ星人が「只者ではない」動きを披露してショーは終了したのでした!
(記憶だけで概略を紹介したので間違っているかもしれません、ビデオ見返したらまた、追記しておきます^^;)

ん♪楽しいステージでした!!&これだけの星人、怪獣、ウルトラマンと多い時には15人ほどがステージにいるにもかかわらず、星人さん達もそれぞれがきちっと自分の芝居をしていてウルトラマンや怪獣さんとのやりとり、バトルもお見事!、ええチームワークですね~「円谷ジャングル劇団」は!!
これだけ長い時間、ドタバタとステージに出入りして、その後まだ星人の日イベントにコスタモールの各所に散らばって行った星人さん達、ホント、お疲れさまでした!!充分楽しませていただきましたですよん、また、来年も楽しいイベントで再会しましょうね♪

それにしても、このイベントを告げるチラシには「史上最大の侵略2006」とあったのですが、一体何が“史上最大”だったのでしょうか??う~んと、「生徒星人さんたちのオトボケ具合?」とか、「ヒマラ先生の先生らしくないところ」とか?なんか、イベント名に名前負けしているようなほのぼの系の「星人の日」イベントでした(^o^)v

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 09, 2006

ウルトラマンマックス<第28話>「邪悪襲来」♪感想

今回登場の怪獣は凶獣ルガノーガー。ちなみにこの怪獣のデザインはコンテストで入賞した鈴木敦君の作品。スーツアクターさんはマックスは寺井大介氏。多分怪獣は末永博志氏かな?山本諭氏はマックスだったのかな?アクション見てるとそんな気が、、、^^;)

さて、今回は感想というほど感想がありません。風邪の寝こみ上がりだったから、ということにしておきましょう(爆)う~ん、懐かしい顔に見とれていた、というかどこで見たっけ?とか考えている内に話が進んでしまったとか。見覚えがあるうち、一人はえ~とコスモスでムサシの友人だった?んで、一人は映画作品に多く登場の斉藤麻衣ちゃん、一人はグランセイザーのナントカチャンだっけ?んで他に麻衣ちゃんのお父さん役も前に出てなかったっけ??

コホン、本題に戻りまして、カイト君ばれちゃいましたねマックス♪ま、異星人だしね。あと、カイト君も両親を失っていたんだ!だからこそみんなの幸せな家庭を守りたい、ん、よ~くわかる、でもさ、幸せな家庭は人と人とで築いている部分もあるから、マックスが戦う相手は「人間の心」だったりするかもよ?(←などと現実的なことを言ってしまった^^;)
お、そうそう、痛そうでしたねマックス(>_<)エネルギーを奪われている、ということであまり痛手にならなくてやれやれでした。あの傷ならふつうはかなりのダメージだろうに、、、
マックスの仕草で笑ったのはミサイルをナイスキャッチしたあと、地中に突き立てておいたところですかね~(^_^)
子供達の「目」を守らなくてはいけないのも大人達の仕事ですね、マジな話(^^;)

次回はあの「ゲロンガ」登場です。また懐かしがっている間にお話が終らなければいいのですが、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

円谷ジャングル「星人の日」イベント♪

アチコチで出没中の星人さん達のようすです。

まずは夕方5時からのフィナーレでジャングルステージで行われたオリジナルステージ、
「侵略学校へ行こう!」のエンディングでは“ウルトラマンマンボ”の曲にのってウルトラマンマックス、ナイス、ゼアスと、各星人さん達が楽しくダンス♪

ph060108jgl12all

ph060108jgl13all2

*

以下の写真はそれぞれの星人さん達ですが、もっと他でも出没していたようなんですけど、
こちらが捕らえられたのはこれくらいかな??

ph060108jgl5re

*

ph060108jgl6zam

*

ph060108jgl7dada

*

ph060108jgl8hima

*

ph060108jgl9manon

*

ph060108jgl10mefi

*

ph060108jgl11magu

☆☆円谷ジャングル初詣♪☆<2006.01.08>

以下はマックスショーや登場ウルトラマンの写真です。

ph060108jgl1all

*

ph060108jgl2max

*

ph060108jgl3max

*

ph060108jgl4noa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 04, 2006

神秘的?なウルトラマンノア♪

円谷ジャングルへ行った時に写真を撮ってこようと思っていたノア。いつもは、つい忘れてしまい(←道を隔てて向こう側の駐車場にあるので)あとで「シマッタァ~」(>_<)なのですが、今回は憶えてました。しかも夜のためライトが当っていて見栄えも違う?かも。

ってんで3点。

ph051231jglnoa3

↓反対側から

ph051231jglnoa

↓背面です^^;)

ph051231jglnoa2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

☆スーパーキャラドーム2006☆<1月3日>

トップページに置いてあった写真です。

ph060103dome1max

*

ph060103dome2nexus

*

ph060103dome3ultra

*

ph060103dome4man

*

ph060103dome5zanki

*

ph060103dome6sett

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 03, 2006

ウルトラマンマックス<第27話>「奪われたマックススパーク」◎感想

登場するのは変身怪人ピット星人と放電竜エレキング。マックスは寺井大介氏、エレキングは山本氏の模様。ちなみに寺井マックスを見ているとショーファンが出会うのを楽しみにしている関西のマックスアクターさん(←名前存じませんが)と体型がよく似ている、と思う。

さてさて、年末押し迫った大晦日にこんなに熱い作品を見れるとは思ってなかったです、超ウレシイ♪
エレキングを遣わすピット星人や“盗まれた『変身アイテム』”などと旧シリーズを思い起こさせるネタフリながら、それを越える描き方になっていた点に拍手!ま、厳密にいえば旧作を越えるというよりは違う視点で描いた、と言ったほうがいいのかも?“熱い作品”と言いましたが、盗まれた変身アイテムを取り返そうと、そちらに意識を持って行くのではなく、カイト自らも、そして地球を守るべく戦うダッシュのメンバー達の活躍が“熱さ”を感じさせる一編となっています。これは見ていて期待とは違った爽快感がありました。旧シリーズを見ている当方としてはひょっとして、カイトはピット星人にマックススパークを返してもらいに行くのか?と思っていたわけですよ。んで美人人間体ピット星人とのやりとりの物語りを見せる、と。二人いるから双方で意見の食い違いとかがでてきたら面白いな、とかの予想を裏切り、なぜか物語りの方向はカイトとミズキの間柄に踏みこんでいた?のかな??
実はこの作品での不満点は、ミズキが今回何を思っていたのかよく描けていないと思ったんですけど、こちらの理解不足でしょうか?ひょっとして、マックスってカイトなの?とかミズキは思っている??そのアタリは視聴者に伝わっていたのでしょうか?

映像から受け取れる印象はセブンやティガを思い起こすカット割でしたね。(←単に当方が一部の作品と重ねているだけかもしれませんが^^;)
「マックスになれなくったって、俺は俺だ!」のカイト隊員の台詞はカッコ好かったし、ピット星人と戦うカイトもよかったです♪
マックスの新しい技も見れたしね。
ん、あと個人的にウケたのは、予告編後のマックスボックスで「ごぉ~ん」と除夜の鐘風に効果音が入ったところでしょうか?「年末にええ作品に出会えて、ええ年を迎えられるわ♪」と思いましたよ!とりあえず、ここまでの05年のマックス作品に感謝m(__)m

さて、来週年明け7日のマックスには視聴者応募作品の怪獣が登場です。どんな物語りが肉付けされているのでしょうか?楽しみですね!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« December 2005 | Main | February 2006 »