« January 2006 | Main | March 2006 »

Tuesday, February 28, 2006

ウルトラマンマックス<第35話>「M32星雲のアダムとイブ」♪感想

え~今回登場の怪獣は星雲守護獣ホップホップと星雲小獣アダムとイブ。
マックスを演じるスーツアクターさんは寺井氏、ホップホップは横尾氏。

さて、アダムとイブというからには、当然種の起源であります。遠く離れた消滅した惑星から新しい命の源(みなもと)となるべく守護獣ホップホップに守られてアダムとイブがやってきます、しっかし、彼らの生体に相応しい惑星は金星の方がよろしいようで。
地球に落ちてきた時拾われた仲のよい姉弟によってマックスを経由して金星へと向かうと言うお話。

うん、なんか、あまりにお行儀よく作られ過ぎた感じがしましたね。姉弟が仲よすぎるし。
ホップホップが暴れたのはアダムとイブが覚醒したからか?上品すぎてイマイチインパクトに欠けるような気がします。カイトとの電話のやり取りに時間を費やすのなら、この場面をはしょって覚醒後震えるアダムとイブを風呂に入れてみるとか、アダムとイブを養育すべく、ミルクをやってみるとかの奮闘ぶりが見たかったな、布団代わりにタオルを被って寝るアダムとイブとか?(←って、着せ替え人形じゃあるまいに、、、^^;)でもさ、あんなにそおっと置いておかないと思うんだよ、子供なら。そのハチャメチャぶりにハラハラするホップホップとかを見せてもよかったんでは?ま、チビッコと約束をするカイトも最近は「お、またやってるな!」って感じだったし、マックスの戦いぶりも楽しかったし、約束を守ろうとするマックスもよかったし、「チョット金星まで」という半分冗談なカイトもそれなりに視聴者プレゼントのような台詞だったし、、、フツーに楽しめる一編でした。

さて、来週。あのキライなシャマー星人が帰って来る!!(>_<)
よおっし、このチャンスに録画をDVDにまかせて生マックスを見に行こう!!←って、何処ぉ~?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Tuesday, February 21, 2006

ウルトラマンマックス<第34話>「ようこそ!地球へ」後編~さらば!バルタン星人~〇感想

さぁ、前回の続き、バルタン星人登場の後編です。

いつも紹介しているスーツアクターさんなどは前編と同じなので省略^^;)

一言で感想を言えば、バルタン星人の科学って、そんなもんだったの?というのが正直なところです。クローンを作り出す技術?とか、重力を利用した空間移動?などにはめっぽう強いものの、実際自らの「生物」としての研究にはそれ程熱心ではなかったのでしょうか?
タイニーバルタンが銅鐸をバルタンの科学をもってしても判らなかった、と言ってましたが、あの銅鐸が奏でる清め?&なごみの音がどのように脳に影響するかは研究してなかったのでしょうか??実際、確か現在でも脳の働きについてはかなり研究が進んでおり、感情などをつかさどる脳の位置がわかってきているはずです。

さて、一方バルタン星人に“バカにされた”?地球人の科学。しかし、エリーに埋めこまれた感情を新たに積み重ねる?プログラムは確実にエリーに根付いていたわけですね。隊長が命ずるコバ隊員のエリーに向けた感情表現はきちんとエリーに伝わり結果としてダッシュを助けたわけですから、その当りの研究は地球人の方が進んでいたのかな?それにしても、隊長の的確な指示に脱帽&爆笑、ひょっとして、隊長は平均的な女性の扱いには慣れているとか??またまた、ショーンのこの当りの楽しげな表現もグッド♪です。

ほんでもって、タイニーバルタンの力添えもあって「復活の」マックス!!いやぁ~暴れてましたね。しっかし、バルタンは分身の術は使うと思ってましたがマックスも!!とは!!!でもあの画像処理に3年ほど前の龍騎終盤の“龍騎vsナイト”を思い出す!ま、アクターさま、お疲れさま~~m(__)m

エリー&コバに時間を費やしたのと、バルタンへの平和解決を目指したのが影響してかチョット終盤の盛り上がりが少なかったような気も。せっかく前編であれだけネタフリしたのだから、そこからの展開がもう少しほしかったように思うんですけど、、、?

来週はアダムとイブ?種の起源にでも迫りますか~汗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 19, 2006

ミラーマンREFLEX<円谷ジャングル

円谷ジャングルで特別にお披露目&月間パトロールについている新作ミラーマン、REFLEXに会いに行って来ました♪

やや、知名度がない分、特にオカーサンからは「あれ、だれ~?」って言われてましたが(^^;)さすがにオトーサン方には人気のようで、握手会もチビッコよりオトーサンの方が熱かったような、、、(笑)

以下上手く撮れていない写真につづいて、当HPのカフェ(bbs)にてカキコしておいた新ミラーマンの感想をコメント欄に追記しておきます。

ph060211jgl1mi

---☆---

ph060211jgl2mi

---☆---

ph060211jgl3

---☆---

ph060211jgl5mibk

---☆---

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, February 13, 2006

ウルトラマンマックス<第33話>「ようこそ!地球へ」前編~バルタン星の科学~◎感想

今回登場の異星人は、子供の超科学星人タイニーバルタンと、超科学星人ダークバルタン。スーツアクターさんは寺井氏、岩田氏がマックスのもよう。次にクレジットされていたのは下川真矢氏。彼がダークバルタンかな?んで「ウルトラマンボーイ」でボーイを演じた高津房代氏がタイニーバルタンを演じていると思われます。

さてさて、感想です。いや~さすが、バルタンが登場するだけのことはあります!力入れてるなぁ~と思うところ多々あり、の作品でした。視覚的にはアチコチで大変な事が起こりまくり映像化が大変だったのでは?
一見「オオカミが来た~」を何回かやってるように見えますが、バルタンの科学?を見せ付けるにはええかもしれません。この当りに登場のゲスト(ウルトラマンレオで主役だった警察官とか、われらがフルハシ隊員とか)がええ味だしてます。派出所の中に、“見ざる・言わざる・聞かざる”の木彫り人形?が置いてあったのに気が付きましたか?あは、一体何のための派出所なんだか、、、?

これらの不思議な現象にヨシナガ教授がなにかと現実的に割りきろうとしてしまう姿がいつもと違って「疲れているのか?」とか他の可能性を探れなかったのか?とかチト不満。

それにしても、当方が楽しみにしているバトルシーンは、マックスがかなりやられていてよかったですね←おぃ^^;)、地球の危機がひしひしと感じられましたよ。悲壮感漂うエンディングだっただけに、次回予告での子供達の活躍振りにホッと、胸をなでおろしました、でもマックスを助けていたマックスは一体誰??

ということで、次回の後編も楽しみ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 08, 2006

ウルトラマンオーシャン(名古屋港水族館)

ph060205nqua3iruka1

おって、ショーの様子も少し案内します。

トッページにあった写真も含めて写真をば。

↓ショー会場。=この写真を撮っている後ろと、左手側が海でした。

ph060205nqua5siokaze

--☆--

ph060205nqua1mbu

--☆--

ph060205nqua2ma

--☆--

ph060205nqua7mu

--☆--

ph060205nqua8mu2

--☆--

エレキングと戦うマックス

ph060205nqua6me

--☆--

ph060205nqua9front

--☆--

ph060205nqua4iruka2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 07, 2006

ウルトラマンマックス<第32話>「エリー破壊指令」(-_-;)感想

今回登場する敵は宇宙工作員ケルス。スーツアクターさんは順番からいくとマックスが岩田氏、ケルスが寺井氏。普段ウルトラマンを演じている方二人の名前だけだったので、思わず「あれ?今日の敵はCGか?」などと思ってしまった^^;)

さて、感想です。なにやらイマイチまとまりのない印象を受けました。唯一、コバ隊員の活躍と、エリーの賢さが見えた、というか?
一体何のお話にしたかったのでしょうね。どちらか言えば、コバ隊員の活躍を描きたかったんでしょうね。敵のケルスの特徴が捕らえられることなく、マックスとのバトルに突入しちゃいました。当然、イマイチもえないバトル。人間体ケルスを演じていたのは、ケルスの仲間で以前に登場していたケサムを演じたナントカさんとライダーの龍騎仲間。同じようなキャラクター設定になっていると思われるのに、あの時のゾルダのキザさかげんと比較すると、なにやらよくわからんキャラになっていた、ケサムとの関係は何だったのか?
カッコいいコバ隊員を描くのに時間をとられたからかケルスの描写がイマイチ。予算の関係?でのリニューアルデザインのケサムにするのなら、それなりの描き方をして欲しい。
ケサムとミズキ隊員とのやりとりの回顧も??んで、今回にもっと絡むのかとおもえば、そうでもない。龍騎はシリーズもので多数の放送回があったとはいえ、如何に上手くキャラクターを動かしていたか、よくわかるわ。

あ、もう、不満点をならべるのはやめよう。コバとエリーの活躍の回だったと思えば、まぁ、それでええです。

次回はまたまたまた、バルタン。熱い感想が書けるかなぁ~??

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, February 02, 2006

ウルトラマンマックス<第31話>「燃えつきろ!地球!!」♪感想

登場怪獣は挑発星人モエタランガ。スーツアクターさんはマックスが山本さん、モエタランガを丸山貢治さんが演じているもよう。山本さんのマックスは久々かも?

最近タイトルの感想の前につけている個人的な評価記号が♪になっていることが多いですが、これは「まぁまぁ」といったところの評価です。◎や〇でもいいのですが、そうすると若干の差をつけられない。あるいは、おもうところもあるのだけど、まぁまぁでもいいや、という気持ちの時もあります。

さて、今回。予告編から想像していたお笑い系の作品かと思って見ていたら、なにやら60年代~(だったかな?)の熱血根性マンガなどなどを連想する展開でした、最近はドラマでも目から炎が出るのね(笑)

多かれ少なかれ「燃え尽き症候群」は誰でも経験しているのではないかと思いますが、そんなウィルスにやられちゃうとはね。今年流行りのインフルエンザウィルスも「熱」が出るという点ではモエタランガがどこかで活躍?しているのかも。
あ、いや、なんか本題の感想を書きたがっていないような、、、?(^^;)

ん、カイト隊員の燃え尽きた後のお芝居はよかったですね。長官とダテ隊員とのダブル攻撃もオールドファンには嬉しかった。
マックスのバトルも楽しくってグッド♪なんでも10倍のスピードで消耗するとか(←アヤフヤ^^;)言ってたから普通3分戦えるマックスも18秒しか戦えなかったんだよね?

長官の燃え尽きた後にもチロチロ燃えるものがある、とか言ってた台詞には共感できるけど、最近のハードな職場で働く人には燃え滓(もえかす)さえも残らないほど労力を搾り取られている方もいるかも?せめて復活できるくらいの燃え残りは保持してほしいものです、頑張れ、労働者!!

次回登場は過去に登場のケサムの仲間、ケルスが登場。いやぁ~「仮面ライダー龍騎」ファンにはたまらんキャスティングですね。龍騎のドラマの中では決して仲間という関係ではなかった二人。さて、マックスのお話の中ではどんな関係として描かれているのやら~??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »