« ミラーマンREFLEX<円谷ジャングル | Main | ウルトラマンマックス<第35話>「M32星雲のアダムとイブ」♪感想 »

Tuesday, February 21, 2006

ウルトラマンマックス<第34話>「ようこそ!地球へ」後編~さらば!バルタン星人~〇感想

さぁ、前回の続き、バルタン星人登場の後編です。

いつも紹介しているスーツアクターさんなどは前編と同じなので省略^^;)

一言で感想を言えば、バルタン星人の科学って、そんなもんだったの?というのが正直なところです。クローンを作り出す技術?とか、重力を利用した空間移動?などにはめっぽう強いものの、実際自らの「生物」としての研究にはそれ程熱心ではなかったのでしょうか?
タイニーバルタンが銅鐸をバルタンの科学をもってしても判らなかった、と言ってましたが、あの銅鐸が奏でる清め?&なごみの音がどのように脳に影響するかは研究してなかったのでしょうか??実際、確か現在でも脳の働きについてはかなり研究が進んでおり、感情などをつかさどる脳の位置がわかってきているはずです。

さて、一方バルタン星人に“バカにされた”?地球人の科学。しかし、エリーに埋めこまれた感情を新たに積み重ねる?プログラムは確実にエリーに根付いていたわけですね。隊長が命ずるコバ隊員のエリーに向けた感情表現はきちんとエリーに伝わり結果としてダッシュを助けたわけですから、その当りの研究は地球人の方が進んでいたのかな?それにしても、隊長の的確な指示に脱帽&爆笑、ひょっとして、隊長は平均的な女性の扱いには慣れているとか??またまた、ショーンのこの当りの楽しげな表現もグッド♪です。

ほんでもって、タイニーバルタンの力添えもあって「復活の」マックス!!いやぁ~暴れてましたね。しっかし、バルタンは分身の術は使うと思ってましたがマックスも!!とは!!!でもあの画像処理に3年ほど前の龍騎終盤の“龍騎vsナイト”を思い出す!ま、アクターさま、お疲れさま~~m(__)m

エリー&コバに時間を費やしたのと、バルタンへの平和解決を目指したのが影響してかチョット終盤の盛り上がりが少なかったような気も。せっかく前編であれだけネタフリしたのだから、そこからの展開がもう少しほしかったように思うんですけど、、、?

来週はアダムとイブ?種の起源にでも迫りますか~汗

|

« ミラーマンREFLEX<円谷ジャングル | Main | ウルトラマンマックス<第35話>「M32星雲のアダムとイブ」♪感想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35809/8764827

Listed below are links to weblogs that reference ウルトラマンマックス<第34話>「ようこそ!地球へ」後編~さらば!バルタン星人~〇感想:

« ミラーマンREFLEX<円谷ジャングル | Main | ウルトラマンマックス<第35話>「M32星雲のアダムとイブ」♪感想 »