« February 2006 | Main | April 2006 »

Wednesday, March 29, 2006

ウルトラマンマックス<第39話>「つかみとれ!未来」◎感想

実質最終回です。

登場する敵陣は機械人形オートマトン、機械獣サテライトバーサーク、機械獣ギガバーサーク。アクターさんは岩田氏、寺井氏、がマックスでしょう。あと、ケフィ・アプリック氏がゼノン(←だから、ゼノンがでるのはオープニングでわかったよ♪)あと、横尾和則氏、福智幸太氏。

なかなか濃い内容でした。2回分の内容を1回にまとめたような展開です。やっぱ、先週のチョットゆったり目の時間(確率描写に時間かけ過ぎ)が惜しい。(←これ書いている内にTFC・bbsで同じようなことを言われちゃった、他でもそう?う~ん、最近ホンマネットチェックできてないよ+_+)

しかし時間が少ない中での割り振りはなかなかええです。でも、最終話でこんなに超特急の展開はやっぱり「最速」のマックスならではか?^^;)あるいは、ネクサスの最終回の緊張度の再現か?とか思ったり。
カイト分離のあたりはマックスの気持ちを思うと少し、ウルウルですね、でも、カイトまでウルウルではないところにカイトのしっかりさ加減が見える。

光を失ったマックス、今度のエネルギー調達アイテムにビックリ、感動でしたね!!
いや、すばらしい♪これをここで使うか!!って思いましたもん。ダッシュバードに並んで置かれているギャラクシー、違和感ない、というか、ある、というか、、、笑)

ダッシュチームのこんなに熱い戦い久々かもね、マックス以上に燃える燃える!!
あ、いや、カイトも燃えてた!!!ミズキちゃんの為か?

ほんで、再合体?というか光を運んでマックスの中に!という場面はなんか好きです。
う~んと、カイトのマックスに対する愛情というか、仲間意識とかがうかがえるので。

そして、エンディング。「最速」の時計はなんと、未来へまで飛んじゃいました(爆)え~~?“孫?”う~ん、ヘアスタイルがウルトラマンっぽいかも?エリーちゃん、さすがに歳とって白髪になったか??←あ、へんな突っ込みが多すぎるかもね(汗)

なんだかんだ言いましたが、ま、よかったです♪ハイテンションの最終回でした!

ほんでぇ、以下はマジで読まないで欲しい。
当然10年くらいウルトラマンと付き合っていると「このシーンはあの時のシーンに似てる」とかいうのが多々。他にも妄想がでたり^^;)

まず最初。カイトの救命行為。「へ?そうくるか^^;)」と。少ししつこ過ぎやしないか?と思ったのはミズキ隊員を救おうとしているものの、実際の行為へのやっかみだったかも?
んで、何より「ぷっ^^;)」と吹いたのはギャラリーが多数参加?しかもさ、あのオートマトン?だっけ、表情が違うんやね。う~ん、鼻の下長くしていたやつもいたかも??

んで、カイトの変身。このシーンねぇ、、、東京ウルフェスで見た、ティガがカミーラを膝に置いて変身したシーンを思い出したよ、、、でも、こっちの映像もきれいだったねぇ♪

他にも同様の、「あぁ、あのシーン」という懐かしさはあちこちであったけど、それは決して落胆ではなく、よりよい昇華の助けになったということをお伝えして感想を終えておきます、いつもより長文になっているようにも思うし、、、(汗)

さて、マックス総括は次回、総集編を見てからにしようかな?書けるかどうか分からんですけど。
余談。ここ数日、短い時間を利用して自家製マックスバトルセレクション(マックスのバトルだけをよりだして編集しなおしたもの)を見ているんですけど、いろいろ発見がありますね。たぶん本編もあわせてみれば、より多くの何かが見つかるかも。どなたかフラッシュバックマックスなんて、なさいませんか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 26, 2006

円谷ジャングル、ウルトラマンメビウスお披露目イベント「無限の未来へ!」

IMGA0801mb1

★無限の未来へ!~ウルトラマンメビウス登場~★

円谷ジャングルで行われたメビウスお披露目イベントに和歌山マリーナシティの帰りに立ち寄ってきました。ジャングルのHPで案内されているとおり、お披露目プラス写真撮影会なのでショー自体は10分くらいしかありません、あとはみんなで握手会&記念撮影会。

会場でざっと見ていた時は気が付かなかったのですが、なかなかメビウスの特徴をよく言いえていたようにも思います。ショーの流れは大体次のような感じです。

ショー冒頭、“とっても恐ろしい”宇宙人なるゼネキンダール人(日曜日はマグマ星人)によって光を奪われるマックス。お姉さんの挨拶の最中、マックスは倒したとゼネキン登場、客席を襲おうとする。そこへメビウスが出てきて互角のバトル。怪獣モンスアーガーも召喚され、ゼネキンは退場。モンスアーガーを倒した後お姉さんがマックスもやられたようだからとメビウスに探すよう頼む。しかし、メビウスはゼネキンに倒されてしまい、、、客席のガンバレーと共にマックスの鼓動が客席のファンを通じてメビウスに届く!!んで、マックスも再登場。会場内のガンバレーの声と共にメビウスもパワー回復。無事ゼネキンを倒すというもの。

IMGA0790mb2

しかしですね、メビウスのアクターさん、細かい演出しすぎかも。最初見たときのメビウスはそれほど強くなくって。が、声援もらってからのメビウス、パワーアップこれがめちゃ凄かった。あぁ、そこまでせんでも最初から強くいて。なんて希望も。
あと、最強宇宙人にゼネキンはちょっと見た目弱め。ワロガとか、サタンビゾーとかがよかったかな。

IMGA0793mb3

IMGA0795mb4

あ、そうそう、円谷ジャングルのHPスタッフルームに当日の様子がアップされています。

以下にりーままさまから頂いた写真を2点アップしておきます。なお、この文中の写真の転載をお断りします、どうぞヨロシク!!(C)2005/2006円谷プロ・CBC

rima

rima

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, March 22, 2006

ウルトラマンマックス<第38話>「地上壊滅への序曲」○感想

今回登場の敵陣は幻機械人形オートマトン、機械獣サテライトバーサーク、機械獣スカウトバサーク。スーツアクターは岩田氏、寺井氏がマックスでしょうね。あと、丸山氏、横尾氏、福留?幸太氏←名前間違っていたらゴメン。

最終2話の前後編なので、最初にマックスのバトルを持ってきました。お話始まるやいなやの壊滅状態を説明しようと2週間前にさかのぼります。サテライトバーサークと戦うマックス、しかし、なにやらデータを取られていたような?
にしても、ピンチに変身!!という時に“退去通知”ですか?マックス??などと突っ込み。
対するカイト隊員も比較的冷静に受け止めてる??覚悟は出来てたのかもね。

そして、ミズキ隊員の死亡予測。う~んとね、これあんまりいただけないね。
余談ですが、今医学とかも発達してよく脳内の危険度を検査できるようになっているでしょ?でも、危ない要因があってもあえてそれは知らせないでおくことも多いとか。
まぁ、当方ももうええ歳ですから少しは健康や自分の未来も気になりますよ。でも、わかったからといってどうしようもないことなら、それは知らなくてもいい。少なくとも自分自身は悔いのないようには生活しているつもりだし。う~ん、今死んじゃって悔いるとすると、せっかくの感動ステージレポをまだアップしてないことかなぁ~なんて←おぃ^^;)
コホン、え~話を戻しましょう。
今回のウルトラシリーズ、最終の敵は地底にいました。
地底、と聞けばあの、初代ウルトラマンのお話が脳裏に浮かびます。子供心にあの地底人はなにやら怖かった。
で、今回の地底人。人類の環境破壊で地底人まで危険にさらされている。で、とりあえず、環境を強制的に変えようと、そういうわけですよね。

こりゃぁ、チョット辛い。どちらか言えば正論は地底人でして。
おまけにマックスにまで「干渉しない」と言われるなんて!!

さぁ~どうなるんでしょうね??

いままでのどちらか言えばのんびりムードを払拭するハード展開です。
しかし、時間と予算?の関係からか画面からはあまり世界の緊迫感は伝わってきませんでしたね。最終話でどんなところに結末を落とすのか、楽しみにしていましょう。
それにしても、ひょっとしてミズキ隊員の命を「私の命をひとつあげよう」などと救うのは、ゾフィーでしょうか??なんて^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 19, 2006

ウルトラマンランド「闇の胎動」>ダークザギの真の力ここに見たり!!

ph060318uld1nz1

ph060318uld2nz2

【ダークザギの真の力ここに見たり!!】

ウルトラマンランドへ行ってきました♪

以下ネタバレですので、ご了承ください。

「闇の胎動」でのウルトラマンノアとダークザギの戦い。
↑タイトルにダークザギの力と書きましたが、もちろん、同じ力を持つというウルトラマンノアの力もまた、強力な力でした、それがダークザギに主役を奪われる?というこの展開にこそ、光の翼を持つウルトラマンノアの真の心がまたあるのです。←これは、後述するとして^^;)

さて、ショー冒頭ノアとザギの戦い。'04年夏以来見てきた二人の戦いはいつものように、ザギの闇が扉の中にノアと共に封じ込められて始まります。時は過ぎ?ダークザギの闇は煙のごとくノアが守る封印の扉をすり抜け少しづつ復活への力をためていた。それは、我々の目に見えないところではひょっとしたら空中に漂う細菌のエネルギーをも蓄えていたのかもしれないし(←これは妄想^^;)、そしてノアのわずかな休息の隙をついて中からしか開かないよう封印した扉を開き(←同妄想)、怪獣(サタンビゾート)を招きいれ、さらに次なるエネルギーを求め人間体の暗黒人として姿をなした。その姿にウルトラマンジャックが光を奪われ、さらにはジャックを助けようとしたガイアのエネルギーさえも利用する。しかし暗黒人の姿ではガイアとの戦いに不利を招きパワー不足のまま目に闇の灯火なきザギの姿へと。いったんガイアと共に扉に消えた暗黒人がジャックとガイアを餌を食い終わったライオンが屍の骨を吐出すがごとく扉の外へ放り出すさまに、ウルトラマン達がシマウマや野うさぎのように見えたりして。食らい尽くし損ねたガイアのエネルギーを再びしゃぶるザギを残り少ないエネルギーのノアが封印の扉から姿をあらわしてザギを羽交い絞めしにて助ける。そして、ノア自らのエネルギーが尽きた後は頼むと言い残して。いったんはまた、封印の扉の奥に消えたノアザギ。しかしこれまでにパワーを蓄えつつあったザギをそのまま封印することは出来なかった!
お姉さんの中継ぎのあと、復活へのエネルギー不足から再び暗黒人の姿に戻って現れたザギ。パワー溢れるウルトラマンの力を奪うには、それ相応のダメージも負っていたので、今度は人々の僅かなエネルギーさえも得ようと客席を襲う。そこへ登場のウルトラマンジャック、ガイア、そして、ウルトラマンマックス。当初また現れたか、のようにウルトラマン達を見ていた暗黒人はマックスの姿に視線が止まる。最強最速のパワーを持つマックスの力。それはダークザギ復活への特上の餌のように見えたか?
一発逆転を手中にしたがごとくマックスとの出会いを喜ぶ暗黒人。ガルベロスを呼び出し、ガイアとジャックの相手をさせ、自分は目的のマックスのエネルギー奪取へと動く。目の前で“最強最速”を誇るマックスが暗黒人の手によってエネルギーを奪われていく。そしてついには、封印の扉の中へと。扉に引きずり込んだ暗黒人はついに、マックスのエネルギーを得て、目に闇の光灯もるダークザギの姿へと完全復活を果たす。
ダークザギの強さ。それは復活へのパワーがこれほどまでに必要とは!!そして当然、復活後のザギの強さも只事ではない!!我々のヒーローであるはずのウルトラマンジャックやガイアのこのやられっぷりは如何に?さらに最後の力を振り絞らんとするマックスさえも、簡単に足蹴にしてステージから突き落とすこの力とは!!ウルトラマンノアがウルトラマン世界のすべてを見守る?という力量に匹敵するダークザギの力をもまざまざと見せつけられるとは!!いやはや、さすがノアザギの設定に相応しい?(^^;)展開です(喜)
その上にもまだエネルギーを得ようとしてか客席を襲うザギに、ノアの最後の力が一瞬時を止めさせたのか、マックスに届くノアの声。その声に、なんとか起き上がり客席真ん中でみんなのパワーを願うマックスが高々とマックススパークの腕を抱え上げる。いやぁ~ええシーンです!!
ダークザギの奪うことでしか得られないパワーと、心に光持つウルトラ戦士に集まる客席の光のパワーの対比。このマックススパークの光が、ステージでやられて伏すジャックやガイアや、そして闇の扉の奥に光失い留まるウルトラマンノアに放たれるのです!!扉奥に光満ち溢れ復活するウルトラマンノアのカッコええこと♪
そしてメインのラストバトルはガルベロスvsジャック・ガイア・マックス!
当然、ノアvsザギへと。しかしいくら復活したてのパワー溢れるノアでさえ、あの、ノリノリのザギにはかないません(^^;)でも忘れてはいけない、ザギ復活のエネルギーは主に怪獣、ジャック、ガイア、マックスであったはず。ここでノアを加えたパワーは絶対的にザギを上回るはず!!ガルベロスを倒した後二人の戦いに駆けつけたジャック、ガイア、マックスの光線技を加えてついに、力尽きるザギ。
自らはまた、封印の扉の奥に留められようと最後の切り札?は使っておきたいのか!最後にザギに召喚?された怪獣はゴルメデ(やったかな?)。しかし、客席のパワーをも得ているウルトラマン達にザギ以上の敵は存在しない、光線技の集中攻撃で撃破、戦いは終わる。
再び、ザギが閉じ込められている封印の扉が開き、この封印を守るためザギの元で監視を続けるというノア。
マックスたちに後を託し、再びザギの姿貼りつく扉の奥へと身を潜める。ザギに歩み寄るノアの手は今静かに留まるザギの体にそっと触れる、それはザギのこのままの平穏を願ってか、自らと同じパワーを持つザギの闇の心を癒そうとしてか?その慈意溢れる心が再びザギの復活の軋みになろうと、光の戦士であるノアがこの手をザギに触れなくなるときは絶対に来ない、なぜならノアは永遠に光を信じる戦士であることからして。

再び閉じられた扉に平和を守る誓いを告げるマックス。次の戦いへと早々に去っていったジャックやガイアを追って、また平和に向かう戦いへと去っていく。

ショーはこれで終わりです。
しかし、「闇の胎動」はすでに始まっているかもしれません。なぜなら、今回は失敗に終わってしまったウルトラ戦士のパワーを使っての復活は、また新たな戦士の登場でその機会が現れたからです。
ショー終了後、今回の戦いに身を投じた3戦士が出てくれるまでに新たな戦士、メビウスの紹介が行われました。ノアのザギへの思いとは裏腹に、密かにニタリと次の「獲物」をとほくそ笑んでいるかもしれません。その復活は、1年後か、3年後か、あるいは3ヵ月後か、それはわかりませんが、、、^^;)

なかなか見ごたえのあるステージでした。
ザギ一人によって多くのウルトラマン達が結果として倒され、ザギ復活のエネルギーになったなんて!!いやぁ、すごいです、これほどエネルギーを集めても復活できないザギの元のパワーってどんなん??(笑)ま、今回ノアが弱いようにも見えますが、このザギパワーを封印するには自らの力+αがなくては!!でも、力はノアとザギは同じだし^^;)
何かにつけてこの世界で暴れたいザギをまた、(みんなの希望で)復活させてくださいね。しかしぃ、封印って、水戸黄門の印籠みたいなもんですかねぇ~(楽しいけど^^;)
う~んとね、不満はですね、ラストで怪獣だすんなら、その分ノアザギのラストバトルをもう少し見たかったです。
他にもあれこれと書きたい小ネタあるんですけど、また追って。
帰宅後、勢いで書いちゃったので違うところも多々あるかと思いますし、よく分からん部分もありそうだし、なにやらその辺はとりあえず、ご容赦m(__)m

ph060318uld3meb1

(C)2006、2004円谷プロ・CBC   写真の持ち出しを禁止します

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Thursday, March 16, 2006

ウルトラマンスタジアム「最強最速の証」

3月4日にウルトラマンスタジアムへ行ってきました。

ステージの内容等は何らかの形で紹介したいのですが、とりあえず「何か」は当日のカフェ(bbs)に書いております。

ph060304ust1noa

ph060304ust3max2

ph060304ust2max

ph060304ust4ze

ph060304ust5gt

ph060304ust6all

ph060304ust7all2

おって、追記しますm(__)m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 14, 2006

ウルトラマンランド10周年イベントに「ウルトラマンメビウス」登場!!

ph060312hm11mten

4月から放送の新ヒーロー「ウルトラマンメビウス」がウルトラマンランド10周年記念セレモニーに登場しました!!

ph060312hm77mten

この記念セレモニーはウルトラマンランド10周年イベントとしては公表していませんでしたが、当日ウルトラマンランドへ行かれたハーフムーンさんからレポと写真を頂戴いたしましたので、ご紹介します。

まずは、みなさんの関心事のひとつ、ニューヒーロー「ウルトラマンメビウス」の生の姿を写真でどうぞ♪以下4点の写真はランド屋外で朝一番に行われた記念セレモニーのものではなく、ランドのステージで紹介されたときのものです。

☆=☆=☆

ph060312hm11mebius

☆=☆=☆

ph060312hm22mebius

☆=☆=☆

ph060312hm44mebius

☆=☆=☆

ph060312hm55mebius

以下、コメント部分にハーフムーンさんからカフェ(bbs)に投稿いただいたセレモニーの様子を転載しておきます。
また、コメント部分に写真が入れられないと思うのでここで先に紹介。

では、どうぞ~♪

ph060312hm44mten

☆=☆=☆

ph060312hm55mten

☆=☆=☆

ph060312hm66mten

☆=☆=☆

ph060312hm22mten

以上の写真の転載をお断りします(写真撮影:ハーフムーンさん)
(C)2004.2005.2006円谷プロ・CBC (C)円谷プロ

>ウルトラマンランド「スタッフルーム」管理者さま
せっかくのお祝いのセレモニーでしたので、頂いたレポをここで紹介しております。
トラックバックがまずいようでしたらお手数ですが、トラックバックの削除をお願いしますm(__)m

コメント部分にセレモニーの様子を紹介しています♪(↓)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, March 13, 2006

ウルトラマンマックス<第37話>「星座泥棒」♪感想

今回登場の怪獣は星獣ケプルス。サトン星人も?(←きっちりしたデザイン画は見られなかったが)人間の姿を借りて登場、人間の姿を演じる萩原流行氏はゲスト出演かな。
んで、ウルトラマンマックスは岩田氏。ケプルスは丸山氏が演じているもよう。

一言でいえば、ファンタジックなつくりでした。テイストはガイアのウクバールに似ているような、、、。←あくまで「味」ですけどね^^;)
ケプルス、好きですね~こんな怪獣は。あの角部分がええです♪

と、ここまで書いてあとが続かない。つーか、せっかくのゲストなのに話多過ぎ。単にしゃべるだけでなく何かやって欲しいよ。絵本から復活させるとか←ベタ?
あるいは、星を自在に操るとか。それでもって磁気が狂ってダッシュバードが飛ばないとか。
せりふにはいいのがありました。
「未来で会いましょう」
「光は希望の証だ」とか。

ま、マックスもラスト話2話を残しているだけなのでこれくらいにしておいて、テンション高めようとか??

なので来週への突っ込み?へ?瀕死の重傷を負うのはカイトではなくミズキなのぉ~?
期待してますよ、小中さんの脚本だし♪しかし、今度は地底へと目を向けましたか、、、「光」への対策はとられているのだろうか?地底都市。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 10, 2006

ウルトラマンマックス<第36話>「イジゲンセカイ」○感想

え~、まず一言。感想アップが遅れたのはシャマー星人がキライだからというわけではありません。う~ん、以前に登場のシャマー星人人間体さんのテンションって、イヤなの。ちなみにあの「お笑い系」はどうも当方の肌に合いません、なのでつい冷たくなるので悪しからずm(__)m

とは言っても、今回は前の時ほどではありませんでした。ま、いろいろ出てくれたしね♪

なので、登場キャラ紹介へいきましょう!今回登場の敵陣&怪獣さんたちは、まずは幻影宇宙人シャマー星人。装甲怪獣レッドキング。電脳珍獣ピグモン。スーツアクターさんは、マックスが岩田氏、ピグモンは高津女氏でしょう、でたぶん、レッドキングが外島孝一氏、シャマー星人が横尾氏かな?外島氏はこのマックスのシリーズでは初登場でしょうか?しかし、以前から数多く円谷作品には出演されていて、当方の記憶にあるのは映画ティガ&ダイナ&ガイアでティガと戦ったスキューラ。それに平成オリジナルビデオウルトラセブンのキングジョーもそうだったような、、、?顔出しでは同セブンの大鉄塊に出ておられたと思います。
さらには、怪獣造型にも詳しかったような、、、(←このあたり、間違ったこと言ってるかもしれませんので、ご存知な方いらっしゃったらお知らせくださいませm(__)m)

シャマー星人が登場というので、またまた前回登場の時のようにかき回してくれるのかとおもっていましたが、呼び出した?レッドキングやピグモンにすっかり「キャラ」を持っていかれましたね^^;)
いやはやおかげで当方としては予想に反して結構楽しませていただきましたよ!
それにしてもマジ、シャマー星人って、かなり優秀な星人なのかな?ま、それゆえにこの地球で生きてこられているのかも?征服なんてことを考えないのならこのまま、地球に住んでもええよ。

さて、マックス作品中にも再登場のレッドキングとピグモン、レッドキングはマックスとの戦いで、ピグモンは人間との絡みでそれぞれ楽しませてくれましたね。
ピグモンが入ったエリーもそれなりに当方は「受け入れられた」し、シャマー星人も光線を上手く避けて喜ぶレッドキングにも拍手でしたわ♪その前後のバトルでのマックスの呆れっぷりも楽しかったし、、、
あと、この楽しさを演出しているのが、出演の皆さんの緻密な?小技でしょうか?
せりふの掛け合いといい、リアクションや隊長の小芝居などが上手くお話を盛り上げています、チームワークがええんですかね~♪
残すところあと3話しかないマックスですが、あちこちにカイト=マックスだと知れ渡っているようで内緒もそろそろ限界ですかね~??笑)

さっ~てと。
「ウルトラマンメビウス」のCMが入りましたね。
あちこちでいわれていると思いますが(←スンマセン、感想あんまり循環できてないのですよ・汗)なかなか好印象です!!初見の映像でウルトラマンの表情がこれだけよく出ているのも珍しい?アクターさん、誰なんでしょ??
マックスの場合、どうしても「楽しさ」を求めるあまり、マックスやカイトの内面をマックスが演じる中で表現したシーンというのがあまりなかったような、、、?
今回はメビウス=主役のお兄さんなので、意思がひとつですよね。さてさて、どんな戦いぶりを見せてくれるのでしょうか?楽しみですね~

おっとぉ、忘れてはいけません、明日に迫りましたがマックスにも萩原流行さんが登場!
CBCのサイトではなんと!!ミズキは宇宙人の末裔?とか(@_@)さて、どんなかな~~♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 05, 2006

円谷ジャングル(06/02/26)

円谷ジャングルへ2月26日に行って来ました!とりあえず、写真だけトップページからと、他もろもろ。

--☆--

ph060226jgl1mi

--☆--

ph060226jgl5mi

--☆--

ph060226jgl2mi

--☆--

ph060226jgl6jb

--☆--

ph060226jgl3noa

--☆--

ph060226jgl7all

--☆--

ph060226jgl8all

--☆--

ph060226jgl9max

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »