« ウルトラマンマックス<第37話>「星座泥棒」♪感想 | Main | ウルトラマンスタジアム「最強最速の証」 »

Tuesday, March 14, 2006

ウルトラマンランド10周年イベントに「ウルトラマンメビウス」登場!!

ph060312hm11mten

4月から放送の新ヒーロー「ウルトラマンメビウス」がウルトラマンランド10周年記念セレモニーに登場しました!!

ph060312hm77mten

この記念セレモニーはウルトラマンランド10周年イベントとしては公表していませんでしたが、当日ウルトラマンランドへ行かれたハーフムーンさんからレポと写真を頂戴いたしましたので、ご紹介します。

まずは、みなさんの関心事のひとつ、ニューヒーロー「ウルトラマンメビウス」の生の姿を写真でどうぞ♪以下4点の写真はランド屋外で朝一番に行われた記念セレモニーのものではなく、ランドのステージで紹介されたときのものです。

☆=☆=☆

ph060312hm11mebius

☆=☆=☆

ph060312hm22mebius

☆=☆=☆

ph060312hm44mebius

☆=☆=☆

ph060312hm55mebius

以下、コメント部分にハーフムーンさんからカフェ(bbs)に投稿いただいたセレモニーの様子を転載しておきます。
また、コメント部分に写真が入れられないと思うのでここで先に紹介。

では、どうぞ~♪

ph060312hm44mten

☆=☆=☆

ph060312hm55mten

☆=☆=☆

ph060312hm66mten

☆=☆=☆

ph060312hm22mten

以上の写真の転載をお断りします(写真撮影:ハーフムーンさん)
(C)2004.2005.2006円谷プロ・CBC (C)円谷プロ

>ウルトラマンランド「スタッフルーム」管理者さま
せっかくのお祝いのセレモニーでしたので、頂いたレポをここで紹介しております。
トラックバックがまずいようでしたらお手数ですが、トラックバックの削除をお願いしますm(__)m

コメント部分にセレモニーの様子を紹介しています♪(↓)

|

« ウルトラマンマックス<第37話>「星座泥棒」♪感想 | Main | ウルトラマンスタジアム「最強最速の証」 »

Comments

*以下の文章はカフェ(bbs)からの転載です。

【祝・ウルトラマンランド10周年】 投稿者:ハーフムーン 投稿日: 3月13日(月)07時12分31秒
ウルトラマンランドの開館時間は3月より9:30~18:00となっております。
しかし10周年を迎えた3月11日は、9:15から記念オープニングセレモニーの開催。短い時間でしたが、とても印象深いものでした。宣伝を打っていたらもっとお客も多かったのでしょうに・・この場に行き合わせた幸運に感謝。

セレモニーは開館前に、エントランス広場で開催されました。広場にはゲートの様なものが組み立てられ(ランドHP3/11の項参照願います)ゲート前にブルーシートを広げお客を座らせています。その他にも着々と進む準備・・
10周年を記念して登場した九州産業交通のウルトラマンラッピングバス&ダッシュアルファを広場にて展示。あの狭いエントランスに大型バスですよ・・誘導中の危うい場面もしっかり目撃してまいりました。ダッシュアルファは記念撮影自由なんですが手は触れられない!常時スタッフさんが監視していました。ウルトラマンバスの方は、もとより路線バスですから乗降自由です。外装だけでなく、ダッシュボードに指人形やソフビ人形がディスプレイされていたりと楽しいバスでした。

さてさて。開館時間前に駆けつけた熱心なお客(一部、招待客もありました)が見守る中、始まりました記念セレモニー。司会進行はやっぱりこの人、大内チエさん!赤・銀・黒配色の素敵な衣装でした、これは初お披露目でしょうか?
最初に、円谷プロダクション代表取締役会長・円谷一夫氏の挨拶。簡潔ながら要点を押えたお話でした。この10年間で少しずつ施設を増やしてゆき今の姿がある事や(あぁそうだったな~と感慨に耽ってしまった)展示されているダッシュアルファをさして「今日、カイト隊員とミズキ隊員はコレに乗ってやってきました!」と実に微笑ましいお話(^^;)
続けて、来賓代表三井グリーンランド株式会社(以下、三井GL)代表取締役社長・江里口俊文氏より祝辞。
最後に挨拶に立ったのが、ウルトラマンランド名誉館長・満田かずほ氏。監督の血が騒ぐのか、セレモニーを見守るお客に演技指導を始めました
「皆さん、ウルトラマンになって下さい!」
監督の指示とあらば従わねばなりません。子供も大人も上空目掛けて拳を突き上げ声を合わせて「シュワッチ!」
これを合図に『新世紀ウルトラマン伝説』のテーマが流れ、セレモニーの目玉、10年間のランドを振り返る『ウルトラマンランド栄光のヒストリー!』開始。MCチエさんの紹介によるランドの沿革に絡めて、ウルトラ戦士達が登場します。

「1995年夏、三井GLで行われた『ウルトラマン伝説』で誕生したヒーロー、ウルトラマンネオス&ウルトラセブン21!」
両者が館内から駆け出てきて、ゲート中央で格好良くポーズ!観客拍手!
「彼等の登場が、ウルトラマンランド誕生のきっかけとなったのです」
ウルトラの歴史に新章を加えた二人・・手を組み頷くネオス&21、名コンビは健在です。
ゲート中央からサイドへ歩み、次に登場する戦士の為に場所を譲ります。
「96年3月ウルトラマンランドのオープン、同年9月に登場したのがウルトラマンティガ!」
所謂平成ウルトラシリーズTV放送開始と、三井GLをはじめ熊本各地でロケが行われた事も紹介。
97年にダイナ!98年ガイア!2001年コスモス!と駆け足で紹介。2004年、再び受け継がれた光の絆・ネクサス!まで順序正しく登場。
ココでちょっと寄り道!?満田監督縁の赤き伝説のファイター・ウルトラセブン!登場。
続けて紹介(なに繋がりだ!?^^;)ただ今TVで大活躍中、ウルトラマンマックス!
そして、今年で誕生40周年・シュワッチ2万40才!永遠のヒーロー、ウルトラマン!
いよいよお披露目、今春誕生ニューヒーロー・宇宙警備隊のルーキー、ウルトラマンメビウス!
おおっ初生メビウス!と驚いたものの、この豪華な顔触れに何処を見ていれば良いやらで・・正直な所、ココでのメビウスに特別な感想はありませんでした。立ち位置中央をマックス・ウルトラマンに譲ったので、謙虚な子なのかなぁ~と見当違いな事を考えた程度です(^^;)

司会進行のチエさんから視聴者・観客への感謝が述べられ、戦士紹介は締めくくられます。
が、セレモニーはまだまだ続きます。
「10周年のお祝いに駆けつけたスペシャルゲスト、カイト隊員&ミズキ隊員!」と紹介され、観客の拍手に迎えられて両隊員が登場。マックスとウルトラマンの間に立ち、そこに円谷会長、江里口・三井GL社長、満田名誉館長も共に並び・・
「10周年のランドオープン(=入館開始)をカウントダウンで祝いましょう!」
来賓や両隊員は声と共に指折りながら「10・9・8・7・・」観客も一緒に声を上げて10カウント、このカウントにあわせてウルトラ戦士達が順々に得意のポーズを決めていきます。「10!」がネオス、その後は先の紹介順にです「・・1!」でウルトラマンが、最後にメビウスが決めて「0!」
音楽と花火とスモークの演出の中、11年目のウルトラマンランドがオープンしました。
ウルトラ戦士達数名がそのままグリーティング、他数名は早々と引上げ(素早い捌けがこれまた印象的だった^^;)両隊員はダッシュアルファ前でプレス用撮影会。多数の観客の見守る前でです、中には運よく握手してもらえるお子さんもいましたよ。

10周年!と銘打って宣伝していたのはゲストイベントだけでしたよね。なのに、朝早くっからこんな事を企画していたとは・・まったく不意打ちでしたよ!事前にリハーサルがあったそうです、私はそれを目撃できなかったので本番一発勝負!でした。思わぬ展開にアタフタしてしまい撮影どころではなくて。記録は満足に残す事は出来なかったけれど、この時の印象は記憶に鮮明に残っています。この場に立ち会えた事は幸福な事でした。
さて次は11周年!欲張らず一年々々を積み重ねていきましょう。そうして気づけば20年・30年・40年・・その頃も通っているのかなぁ~σ(^^;)
え~10周年のウルトラマンランド、上記オープニングセレモニーに続けて他にも楽しい出来事がありました。その報告はまたいずれ・・多分・・他所で見かけたら、しなくなると思うので、早めにやんなきゃですね(-_-;)

Posted by: 転載作業:千早村 | Tuesday, March 14, 2006 at 02:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35809/9081321

Listed below are links to weblogs that reference ウルトラマンランド10周年イベントに「ウルトラマンメビウス」登場!!:

« ウルトラマンマックス<第37話>「星座泥棒」♪感想 | Main | ウルトラマンスタジアム「最強最速の証」 »