« August 2006 | Main | October 2006 »

Saturday, September 30, 2006

円谷ジャングルプレファイナル♪

*10/1 7:00更新

10月1日で閉店する円谷ジャングルのファイナルイベントに行って来ました。ちなみにファイナルイベントは9月30日と10月1日に行われ、行ってきたのは30日。もちろん、明日の閉店時にはいるつもりですが、とりあえず今日の報告。

さて、ジャングルの予定を見ていると静かな気配だったのですが、やっぱりネット上にはアップされていないサプライズがありまして、10時5分位にコスタモールの2階へ上がるとなんか店内はすでにそこそこの混みようでした。それもあたりまえのことで、登場予定のナイスだけでなく、ウルトラマンコスモススペースコロナ、ウルトラマンネクストジュネッス、ウルトラマンメビウスブレイブ、そしてナイスが登場しアチコチで写真撮影の列が作られていたのでした!!しっかし、この珍しいウルトラマン達の登場には燃えます、しっかり写真は撮ったつもり、ですが、、、(まだ整理していないので、、、^^;)

写真撮影の合間でもすでにステージの前には11時からのショーの場所取りがされていたりして、来られている方の熱の高さが伝わります、笑)

このファイナルイベント、じつはショー三昧スケジュールでして、毎時ごとに計10回あるヒーロー登場orショーのうち、なんと半分以上の6回がショーに当てられています。
んで、通常の土日ショーが4回、ファイナルイベントのショー再演が2回。30日は1位の「心の扉」と3位の「宇宙に平和を」です。

11時は通常土日ショー。今日のメビウスはジャングルのお気に入りアクターさんのうちの一人です、わぁい♪ティガダークもカッコよく、アクションもいままでになかったものを取り入れなかなか見ごたえあり。さすがファイナル♪などと喜んでいたら、チョットアクシデントが起きてしまった模様。しっかしね、侮れませんね「みんなの光」は、、、(ごめんね、ホントはネット上では書くことじゃないと思うのだけど、ジャングル最後だからこそ、書きたいんだよ)アクシデントというのは、メビウスが終盤のキックの際に足を痛めてしまったのだ。何時痛めたのかはその時はわからなかったのだけど、たぶん、アクターさんも「しまった~(>_<)」と思っていたんだろう、まぁ、終盤でよかったです、何とかエンディングまでいけたから。いや、しっかし様子を見ていたら握手会は中止になっていたけど10秒間のカッコイイポーズにも出て来れないかも?と心配してた&後を氷を持ったスタッフさんがあわただしく走っていたし、、、それを見てあわてて様子を見に入って行くアクターさん?もいたり。そうこうしていると、握手会の代わりにポーズを披露しにメビウス&ティガが出てきて、絶対他のアクターさんに変わっていると思っていたら、なんと、ショーに出ていたメビウスでした(@_@)足元やや不安げながら、MCのお姉さんに絡んで笑いを取っていたりして意外と元気♪に見せながら痛めた足をかばう姿は少し痛々しかったですわ~あぁ~2回目からは彼のメビウスが見れないのかとチョット残念に思ったり、代役を誰がするのかなぁ~と思いめぐらしたり、、、はたまたジャングルファイナルの時期のアクシデントにアクターさんの悔しい部分も想像できたり、、)

で、すぐに時間が経ち、12時は1位のショーが再演されました。
こちらは確かに1位も納得できるいい内容のステージで、一日しか見たことがなかったのでもう一度見れてウレシイ。アクターさんもめっちゃでっかく見ごたえありました。物語の構成もよく、前半、後半ともに盛り上がります。燃えるぜっ♪ただね~、なんか印象は初見の時のほうがよかったかな、、、

んで、13時はまたまた、通常土日ショー。ヒョットしたら先ほどのアクシデントのアクターさんは出て来れないかと注意してみたいたら、出てきました!!えぇ~大丈夫かいな??
それでもなんとかショーをこなすメビウスはガッツが感じられてよかったですわ、ただ、悪化させなければいいなぁ、と。負い目があるだけに終盤のみんなからの光を受けて復活の「自分はウルトラマンだ」という台詞につい涙、ん、よく頑張っているよ!!それでも見ていて痛そうでした(;_;)

14時がパトロールにウルトラマンヒカリ登場!!
これがまた、豪華な登場ウルトラマンでして、80、ユリアン、ヒカリといえば、当然メビウス、それ以外になんと!!ウルトラマンノア!!!そして、ウルトラマンレジェンド!!!
と並ぶと壮大な印象です。グループ撮影会なのに30分目いっぱいかかるなんて、一体どれだけお客さんがきていたのか、、、(@_@)

ここでひと一服して、再びショー連荘に。
*以下、追記

さすがに寝ちゃったので完成できませんでしたね。後で追記しますが、何を書きたいのかというと、ハラハラしてステージ見てた訳です、特に3回目からは違う(アクターさんの)メビウスが出てくるんじゃないかと。でもね、3回目は2回目より回復、1回目を知らない方にはあんまり分らなかったのではないかと。結局4回ともメビウスは頑張っちゃってくれました♪そのガッツと回復をもたらしたかもしれない客席の光の力に驚いたのです。残念なのは一回目の好アクションが2回目以降は少し見られなくって残念でしたが、4回目のステージではアクシデントをほぼ回復したステージとなっていまして、プレ最終日を満足させたステージが見られました!さらにそれ以上にうれしかったのは、その後の6時のパトロールにも登場♪カッコイイゼノンを見せてくれてよかったです♪「今日のゼノンめっちゃカッコええなぁ~!!」と言う声にそうやなぁ~と振り返ると、声の主はショップのいつもの販売員さんでした(^^;)
ありがとう、メビウス♪やっぱりジャングルは客席とともに勇気と感動を作り上げるステージでしたね!!

お、そうそう、ナイス劇場の紹介もしておかねばなりません。
第一話、颯爽と登場のナイス、ナイステーマ曲と共に踊りだした?ものの、元気な振りとは裏腹に突如ぎっくり腰に見舞われ、退場となりました。

第二話、ジャングルスタッフルームにアップしてあるとおり。いまいちウケがなかったネタでやんした、観客多くて何をやったか覚えてない。

第三話、土日4ステ目のあとのポーズ披露の際に登場。一番受けました(^o^)
メビウスに光線技教授を願うも、メビウスブレスがない、と言われ退散、これで終わりかと思えばすぐに出てきて今度はアグルに技を聞く。アグルのカッコええ光線技を見ながらまねっこしていたものの、「覚えられない」と諦める(爆)いやぁ、がんばれよ、ナイス、チビッコだって出来るぞ!!

お姉さんが4話はあるのでしょうか?なんていいながら明日に続くとおっしゃってました、楽しみですね~!!

えっと、円谷ジャングルのスタッフルームには時間を追って様子が写真入でアップされていまして、どうぞそちらもご覧下さい♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, September 19, 2006

ウルトラマンスタジアム平日ショー「光を取り戻せ!」

ウルトラマンスタジアムの9月からの平日ショー「光を取り戻せ!」を見てきました♪敵に捕まったウルトラマンヒカリの救出作戦、ではありません、、、(いやさ、ひかりを変換したらヒカリが先に出るんだもん^^;)などと、おバカなことは、置いといて、一回しか見なかったのにこちらのレポを書きたくなりました!!いやぁ~久々に「ショーを生で見ていてよかった!!」とマジ感じたステージでした!カフェ(bbs)にも書きましたが、ヒーローショーはヒーローと観客とで作るステージですっ!!

*さて、以下ネタバレしてますんで、&公演は11月5日までありますんで、ご了承の上ご覧下さい。

では、始めます。実はビデオ見返さずに書いちゃいますんでチョットいい加減です・汗)

お話は簡単&よくあるストーリー。
ショー冒頭、メビウスごっこをして遊ぶお姉さんとモックンことモットクレロン。二人ともメビウス大好きです。一旦引けた後、続いて登場のメビウスvsフォーガス。宇宙警備隊のルーキーウルトラマンメビウスはさすが、警備隊と敵をうならせる戦いを繰り広げるもフォーガスから怪しげな光線を受ける。そこへ登場のお姉さん。メビウスは自分がウルトラ戦士だということも、怪獣星人と戦っていた、ということも認識しているのだが、なにやら不安げ?モックンを探すというお姉さんに協力するのだが、メビウス大好きでメビウスと友達になりたいモックンがステージに戻ってくると、急に腰が引け逃げてしまう(爆)

どうしたのだろう?と首をかしげるお姉さん、と、逃げたメビウスと、メビウスを追っかけたモックンとがステージに戻ってくる。ステージ中央で「わぁ~っ(>_<)」と怖そうに声をあげ飛び上がって逃げるメビウス、同じ動作で続くモックン、と、さらに同じ動作で彼らを追う見慣れぬ怪獣が!!「あれっ!?」とお姉さん、がすぐに怪獣(スノーゴンやったかな?)が戻ってきて、メビウスが続く、で、怪獣を見て固まるメビウス(おぃ^^;)すぐ後ろにはモックンも。このときのメビウスの間合いがおかしくって、、、戦おうにも怖くて体が動かん、というのがよく分る。「うわぁ~!」とステージ下に逃げるメビウス。そこへセブン登場!!

モックンを逃がし、対怪獣戦。見事倒すも、おずおずと出てきたメビウスは怪獣が怖いと打ち明ける。なので、ウルトラマンを止める、と。(←短絡的なのもチビッコに似てる?笑)セブンにゴメンナサイと頭を下げるメビウスがいじらしい。それを見て何も言わずに立ち去るセブン、何か原因があるんだろうと察知しているのか?

メビウスが戦えなくなって、いよいよ地球征服へと登場のフォーガスをセブンが登場して止める、フォーガスはメビウスが戦えなくなっているのは自分がメビウスから勇気と希望の光を消した、と謎の光線の謎解き。で、セブンにも同じ光線を放つ。客席には、戦うのをやめるというセブンの姿を期待する、あ、いや、違った^^;)セブンの今後を気に掛けるファンの心配げな顔が浮かぶ。しっかし、セブンは勇気と希望の光を失ったのもつかの間、自らの地球を守るんだという決意を信じて光を自らに呼び込む。僅かな光を何とかパワーアップして戦うセブン、そんな力で何が出来るというフォーガスはコスモスに登場のヘルズキング?を召喚、しかしセブンは動じず敵を撃破。しかも客席に向かって「必ずメビウスは戦う気持ちを取り戻すから、そのときはメビウスを信じる気持ちを光に変えて力になって欲しい」と残り少ない自らのパワーも客席のみんなに分け与えて立ち去る。

このあたりのセブンがメッチャ、カッコよくってねぇ~♪まずは、メビウスと同じ光線にやられるものの、僅かな光を「うぅ~ん」と力を込めてパワーアップ!精神力が全然違う?さすが先輩、いろんなノウハウを蓄積してるんすね!しかもですね、相変わらずぎりぎりの戦いをする。ヘルズキングを倒して膝をつくセブン、でも残る力をメビウスのために客席に与え、多少の自己犠牲にはものともせず、それでも、パワーを使い果たしてフラフラしながらも立ち去るあたり、セブンファンには涙が出るぜっ(>_<)

そして、場面変わって、メビウス、ウルトラマンを止めたものの、光の国へも帰れず、かといって他の星へ行こうにもまた、怪獣が出てきたら戦えない、とトボトボとステージを歩く。

そこへ、お姉さん。
しっかし、お姉さんを見ても「また、あの怪獣さんも一緒?」とステージの袖に隠れるメビウス。「大丈夫だから、モックンは仲間だから、、、」とステージ袖に顔だけ出して隠れるメビウスを腕を取って引き出そうとするのだが、怖くて出れない←おぃ^^;)

そんなメビウスにも、モックンはお友達になりたいと近づく。せめて握手でも、とメビウスを押し出すお姉さん。この場面、どっかで見たことあるでしょ?笑)
ほら、小さなチビッコが怪獣さんが怖くてオカーサンが押し出しても背中に隠れたりするでしょ?んで、目を逸らせて手だけ出して、怪獣さんと握手した記憶があるお友達って多いんじゃないの?それと全く同じ事をステージ上のメビウスがやってるわけです、もう、気持ち入りまくりでしょうね、子供達は、、、(^_^)
握手が出来たモックンは今度はメビウスを抱かまえてピョンピョンと喜びまくり♪そのうれしさの振動がメビウスにも伝わり、怪獣=敵と見て怖がっていたことをモックンに詫びる。
ようやく、コワイ気持ちから脱却したメビウス、突如登場したゼットンにも最初は怖がっているがゼットンに戦いを挑むモックンを見て、ようやくバトルモード全開へ!!

メビウスシュートでゼットンを倒し、ガッツポーズのメビウスに客席から拍手が起こる!
いやぁ~もう、思わず涙落ちましたね、えっ、ここでこんなに拍手?!
でもね~まぁ、チビッコだけでなくオカーサンにとってもこの姿のメビウスは自分の子供とだぶる。怖さに打ち勝つ勇気を発揮した子供には賞賛の拍手を!!ってことでしょう、それにしても、ステージと客席の一体感により盛り上がりましたよ。ええですねぇ、生のステージは!!

さぁ、後はフォーガスを倒さなければいけません、次に召喚されたパンドンとフォーガスをメビウスはバージョンアップのメビウスブレイブとなって倒します。ま、途中にエネルギーがなくなって、もうだめだ、と弱気になったりするのですが、それはまぁ、セブンが残しておいたパワーを客席のみんなが持っているわけですから、負けませんて(^o^)v
ショー前半でチョット情けない姿を見せちゃったもんですから、後半のメビウスは強いです!いくら敵の術にかかったからと言っても、しっかり復活するメビウス、きっとチビッコ達も、あの可愛いメビウスに応援せざるおえなかったオトーサンオカーサンも十分メビウスの魅力を味わえたステージだったと思います。

よくあるパターンとはいえ、メビウスアクターさんの上手さや、セブンの見せ場などをキチンと描いた好作品となっています、ぜひ、生のステージでこの楽しさを味わってくださいまっせ~♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, September 10, 2006

劇場版映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」

今日、9月10日に大阪で行われました「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の映画試写会に行って来ました♪

正直言って、今までの映画で初見の時に「こりゃぁ、ええっ!(^o^)v」と思ったことはあまりなく、満足はしながらもなにかしら物足りなさを感じていたのが大半だったのですが、今回の映画は、ここ10年でいっちゃんええ!(かな?^^;)と言える作品でした!!

なんせ、まだ公開していないので、ネタバレを避けていえば、全編を通していえるスピード感、それに、サクサクと進むお話、わかりやすい内容。さらには歴代ヒーローの登場や描かれ方が適度、なにより、「熱いウルトラマンワールド♪」。また、随所に楽しい演出やファンがニタッとするシーンとか、全編がよく練られた構成になっていたと思います。

客席の反応もよく、チビッコにしてはよく知っているなぁ~という突っ込みや賞賛の声も上映中にアチコチから聞こえ、特にエンドロールでの盛り上がりはチョットびっくりの歓声でした(^o^)しかも、そのエンドロールが終わった後にちゃんと客席から拍手が!!近くではオカーサンの「よかったなぁ~♪」という感想も聞こえ、主催者さんには手応えを感じられるウレシイ試写会になったのではと思いました。

見ていて思ったのですけど、この映画、実はウルトラヒーローショー好きの当方には、まったく、ショーを映画で見ているような展開で、それがまた満足度を上げていました。
子供の使い方も今のウルトラマンメビウスを見ている子供達と等身大の描き方をしていて、ショーでは客席からもらう「ガンバレー」を映画の中ではこの子供から貰っていました♪

しっかしですね、ヒーローショー好きだからこそ、苦言も。
前の映画でもその前のレジェンドが出た映画でも言ってますが、映画の制作者さんは、ウルトラマンの見た目のカッコよさは度外視のようです。
まったくもって、普段TVとかショーステージとかで見ているウルトラマンのカッコよさはありません(+_+)たぶんそうだろうと思っていましたが、メビウスを演じているのはゼアスの映画からずぅ~とウルトラマンで出演を続けている彼だったはず。エンドロールで確認のつもり^^;)で、主役のメビウスを引き立てるためにか、他のウルトラ兄弟もスタイルはカッコよくない。ただですね~そのあたりの突っ込みどころがスーツアクターさんの上手さとか、CG画像とかによって、随分と目立たなくなっていて、すんなりバトルシーンを楽しむことができちゃったのです(←おぃ^^;)

つーことで、以下ネタバレをコメント欄に別記します。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Tuesday, September 05, 2006

和歌山マリーナシティ「轟轟戦隊ボウケンジャーバトルステージ2」

今年の夏休みイベントで一番悩んでいたのがこのステージ。見たいけど、ウルトラマンを優先したら行けない、ってんで諦めていたのですが、ウルトラマンスタジアムのショーが、内容を一部変更程度で延長されることになり、それじゃぁ、9月中旬の連休に行けるね♪ってんで、楽日の和歌山マリーナシティへボウケンジャーバトルステージ2を見に行ってきました!!

ショータイトルは~スタートアップ!ボウケンシルバー!!~と言っても、内容は全編シルバー活躍編というわけではありません^^;)

物語は一言で言えば和歌山の商いの偉人?津田なんとかさんが残した超兵器が埋めてある地図をめぐり、ネガティブとボウケンジャーとのいつものバトル。

しっかし、ネガティブは相変わらず仲間なんだか敵なんだか?なんですけど、おかげでステージはアチコチバトルで楽しい展開♪

簡単に感想かたがた紹介すると、(以下まだ荒書きで、完成文章ではありません

ココのステージでの楽しみはショー開始早々のいわゆる「掴み」が魅力的。すぐにギュッと掴まれちゃうんです♪
今回ももう、早々に口について出た言葉が、「何すんねん!!!」(@_@)
ゴッドファーザーのテーマ曲にのって共闘の密談中の大神官ガシャとリューオーン(やったよね^^;)そこへ突入?のボウケンジャー達!!ステージにあったテーブルが、椅子がステージ奥へと飛び跳ねる!!(ようするに吊ってあるんです)そこへ登場のボウケンジャー達はステージ後から5人全員客席中段の通路に集結!おぉ~メッチャかっこええ!!
ってんで、今回もすっかり“掴まれちゃいました”よ!!

今回目的地への地図は3枚。2枚はすでにガシャにあり、このガシャの地図を風のシズカがワイヤー吊り登場して入手。その入手方法が後のシーンへのネタフリも兼ねているのか?なんと、ガシャに自分に好意を示す暗示をかけてすんなり地図を差し出させる。このシズカくんやガシャはなんとアクターさんが顔出し出演、しかもTVと雰囲気がかなり似ていて好感。シズカはTV以上にアクションできて、さらに可愛いし、見ていて楽しかったですよ~♪

さてさて、敵に渡ったままの2枚の地図は、なんと!!シルバーが活躍してシズカから入手。ネガティブたちはこれで地図の所有がなくなったのでみんなで手を組むことに。

で、ここまでに残りの1枚の地図のありかをバックに映像をかけて紹介。それが、上記で言った和歌山の商人、津田なんとかさんの話なのだけど、これはヒョットして史実?紹介にかかる番組名は「その時、プレシャスは動いた!」←モチ、某番組のアレンジ版ですかね~番組終了のクレジットタイトルに「ナンヤラ大阪」とか入っていて細かいコダワリ&スタッフさんの遊び心が感じられてOKでやんす!
お、そうそう、ほんでもって、その残る一枚は、かなりローカルネタになるのですが、和歌山マリーナシティの近くには紀三井寺がありまして、そこの井戸に地図が眠るらしい?

ということで、その場所へやってきたピンクとイエロー。残る一枚の地図も手に入れるが、同目的のためにやってきていたガシャにピンクが人質にとらわれる!!交換条件は3枚の地図。場所はマリーナシティ内。

そこではシルバーとも合流し、ボウケンジャーの手元には3枚の地図が揃ったのだか、ピンク救出のためにガシャにそれらを差し出す。で、ピンクが帰ってくるかと思いきや、なかなかそうは行かず。
な、な、なんと!!突然ガシャがピンクと「結婚」するんだと言う!!!え、えぇ~~!!!
ショー会場センター最上段に登場のピンクはブーケまで持って、しっかりウエディング姿(爆)ほんでもって、いきなり結婚式を始める。
登場の牧師がいつもの誓いの言葉で確認。
牧師「誓いますか?」
ガシャ「誓います!」←みていて、面白い♪
対して、ピンクにも同様に
牧師「誓いますか?」
ピンク「誓います」←「えぇ~~~!」(というのは、わしらだけでなく、ステージ上のボウケンジャー達も声をそろえて一斉に言ってた^^;)
さらに牧師がガシャに聞く
牧師「なんやら、かんやら(略してゴメン)で平和を守ることを誓いますか?」
ガシャ「誓い、、、ません!!」何をいっとる?というリアクション。
再度聞く牧師「平和を守ることを誓いますか?」
ガシャ以下、繰り返し、「誓いません!!」
牧師、バイブルを閉じて、「そうですか、それではこの結婚は認めません!」
と言うが早いか、ピンクの手を取り、メンバーの元へ押し出す。催眠術から解けたピンクは「キャァ~、何ですか、この格好は!!」と驚きの声。
そう、見ている観客は分っていたのですが、牧師はなんと!!あの赤レンジャーが牧師の衣装をまとっていたのでした!!!

さぁ、これからがまた、ラストバトル!!もう、メッチャ凄い。単に1対1とかで勝負をつけるのではなく、相手が変わってまたバトル。もうアチコチで繰り広げられる戦いが一瞬たりともよどむ暇もなく、次々とアクションが続く♪なんという、高揚感(ウレシィ~)

そして、エンディング。
みんなが求めた超兵器が入っていると思われる宝箱に遭遇。しかし、中から出てきたのは絵本。「え?」なメンバー。しかし、レッドは、何も形あるものが宝ではない、優しい心を持つことも、大切な宝なんだ、と(←台詞、いいかげんです、ゴメン。あとで書き直すから)
その言葉に赤レンジャーも感動。戦隊第一シリーズから受け継がれている心を確認してショーは終了。落としどころも良くって、満足でした。

また、あとで、手をいれますが、ざっと流れはこんなだったということで。
もちろん、話の進行の合間に盛りだくさんなバトルが用意されています。
ボウケンレッドがそれはそれはカッコよくって!!アクションの流れもホンマよかったです!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »