« December 2006 | Main | February 2007 »

Tuesday, January 23, 2007

アリオ八尾・円谷ジャングル「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」ショー

以下のショーレポは感想を追記してこちらにてレポをアップしております。(3/19up)

ショーレポもどきを追記中^^;)←07/01/31夜&写真追加←07/02/22

Ph070121ariocap023

ショー冒頭、ステージに次々と現れる怪獣達(スノーゴン、バキシム、ベロクロン)。
迎え撃つゾフィー、タロウにさらにメビウスが参戦!メビウムシュートでスノーゴンを倒した後、逃げた2怪獣を追う。その姿に成長の後を見る先輩ウルトラマンたち。
この場面、3対3のバトルは当然ステージにおさまらず、客席とステージの狭い間にも侵出。最前列の観客さんには凄い迫力だったことでしょう^^;)
それにしても、ラセスタ上手い!!台詞が聞こえなくても体でしゃべっているようでした。

Ph070121ariocap024

お姉さんの挨拶の後、ウルトラマンにじゃんじゃん光のエネルギーを送ることが出来る機械を発明した、とラセスタ。しかし、友達?のマグマ星人にそそのかされその機械の反転スイッチを教えてしまう。 >ラセスタ「(マグマに)遅かったじゃないか」マグマ「あ?、あぁ、、、」って、まさか、二人の○替えのことじゃないよね^^;) ←しょーもない突っ込みゴメン~いやさ、遅かったじゃないか、が何に対してかチトわからんかったんで“大人見”してしまったのだ、あは。

そこへ2怪獣を追っていたメビウスが怪獣達と登場。バトルを繰り広げるもマグマの発したエネルギー付加装置の反転によってパワーを失うメビウス、今度はエースとジャックが助っ人に登場し、エネルギーを失いながらもなんとかマグマたちを追っ払う。そしてウルトラ戦士の為に、と思って作った装置が悪用されショックを受け立ち去るラセスタ。

その装置はウルトラマンにとっては危機状況をつくる「アンチプラズマ発生装置」であるとジャックが説明。メビウスにはラセスタのフォローに向かわせる。この騒ぎに初代ウルトラマンやセブン、タロウも登場、エース、ジャックには地球を守るように言いつけて、アンチプラズマの仕組みを知る敵に心当たりある初マン、セブンの二人は敵を探しに宇宙へと分散。

Ph070121ariocap025

さて、追った先にはやはり黒幕のメフィラスがいた。
マグマ星人から装置を預かった後、マグマには地球での戦いを続けるように仕向けるがそこへ初マンとセブン。しかし、メフィラスの召喚したゼットン、ベロクロスと戦うもまたしてもエネルギーを無くされ苦戦しながら退場。このシーン、マグマがいかにも「仲間」としてメフィラスと接しているのに対し、肩に触られたのも不愉快気に手先で払う仕草がまたまたふてぶてしい敵役を感じさせてグッド♪

その合間に、メビウスはラセスタを励ましていた。
謝るラセスタに、困らせようとして先ほどの機械を作ったのではないだろう、簡単に夢を諦めるな、みんなを喜ばせたいと思う気持ちを大切に、と説得。そして、ラセスタを悲しませたマグマへの怒りを向ける!

場面変わって、地球上ではマグマ、バキシム、ベロクロンを相手にウルトラマン達との戦いが続いている。エース、ジャック、タロウが戦いに苦戦する中、メビウスも参戦。先輩ウルトラマン同様、苦戦が続き、先輩達に一旦引いて立て直そうという提案にも従わず「冷静さを取り戻せ」という忠告も耳に届かない、ただひたすらラセスタの悔しさを晴らすために頑張るメビウス!!
そしてついにはマグマを撃破、しかし、メビウスはエネルギーは完全に失い、光もなくして倒れる。

Ph070121arioc047

メビウスの戦いぶりにエースはメビウスを助け起こし「我々が臆病でした。体制を立て直すことだけを考えていた。不当な侵略を許さず立ち向かい、平和を願う。その信念があるとき、恐れるものは何もない!!」と反省?。タロウも続き「行きましょう!!この宇宙の平和のために」と。エースの肩に助けられメビウスも他の先輩諸氏と次の戦いへと向かう。

Ph070121ariocap030

お姉さんのウルトラマンの強さ、不可能を可能にする「諦めずに全力を尽くす」説明のあと、ステージに勝ち誇ったように登場するのはメフィラス。

背後にベロクロン、バキシム、ゼットン、スノーゴンを引き連れ「地球をあげます」と言えと迫る!

そこへエース、ジャック、タロウが登場。バトルを繰り広げるも苦戦。
さらにはメビウス、ゾフィー、初マン、セブンも登場、さぁ、ラストバトルだ!!

Ph070121ariocap032

*まずはセブン、タロウ、エースでスノーゴンを倒す。

Ph070121ariocap033

*

Ph070121ariocap034

*↑ポーズも決まってかっこええ♪

ほんで、ゾフィー&ジャックはvsバキシム。

Ph070121arioc095

さらには初マンvsメフィラス!!

Ph070121arioc097

Ph070121arioc057

そして↓メビウスvsゼットン!!!

Ph070121arioc062

Ph070121ariocap039

*最後のエンディングでステージに密度高く並ぶウルトラマン達。(余談ですが、ウルトラマンのショーを見始めてたぶん10年目だと思うけど、関西でこれだけ多くのウルトラマンがショーに絡んで登場したステージはなかったのではないでしょうか?)
ラセスタの新しい発明品にそれぞれのリアクションを見せる兄弟たちも見ものです♪特に反応の大きかったエースは見ていて楽しかったし、セブンはセブンらしい渋さで決めてましたね♪

せっかく6兄弟がそろったので、エンディングで言った台詞をここで紹介しておきましょう!

初マン:侵略者は優しい顔で近づき、そして裏切る。人々の夢を希望を奪っていく。

ジャック:私達が戦うのはそんな非道な奴らだ!メビウス、彼の勇気に改めて教えられたよ、我々の使命の重さを。

セブン:簡単に後退できぬた戦いだということだ!

エース:たとえ何百回いや、何千回倒されようとも負けることは許されない。

タロウ:この宇宙に平和が訪れるその日まで、

ジャック:我々はウルトラの誓いを胸に戦い続ける!!

ゾフィー:この宇宙に輝く希望の光を絶やさぬように。

メビウス:誰もが夢を諦めない、そんな美しい世界を作るために!!

メビウスの「シャァ」や他6兄弟の掛け声と共にカッコいいファイティングポーズをとってショーは終了です。

Ph070121ariocap042

Ph070121arioc106←ラセスタの新兵器?で特訓中のメビウス^^;)

*とりあえず、レポ完成まであとすこしです~♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, January 14, 2007

ウルトラマンランド・お正月イベント「初夢」ステージ

ウルトラマンランド・「初夢」ステージの写真をいくつか。

あとで文字部分&他の写真も追加予定ですが、、、^^;)

Ph070106uld2861

*↑「コマネチ」でかっこよくベンゼンの二人に自己紹介したつもり?

Ph070106uld3864

*↑こちらはすべて「マッケット(カプセル)」?ウルトラマン達です、豪華なんですけど、、、

Ph070106uld4865

*↑上記写真の後すぐ、わらわらと集まってはいますが緊張感はなく、イマイチかっこよくはありません(^^;)

Ph070106uld5866

*↑上3点の写真のような夢を見ているキュラソ星人を心配げ?に見守るお姉さんとウルトラの父

Ph070106uld6868

*↑そのころ、ステージ上では二人の女性ウルトラマンに絡まれて嬉しそう?なキュラソ

Ph070106uld7870

*↑いきなり場面は飛んで(ゴメン)左はマケットセブン、右はウルトラの父が使わしたネクサスジュネッス(ジュネッスは久々に会えて嬉しい^^)

Ph070106uld8877

*↑エンディングでの全員集合、なんでブースカが??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 08, 2007

最強の力を上回るもの<ウルトラマンランド土日祝ショー「戦え!光の戦士たち」

ウルトラマンランドへ行って来ました!
ウルトラマンのステージの“初詣”ならぬ初ショー観戦をどこでしようかと思っていたのですが、
12月にスタジアムは行っているし、、、というので久々に足を伸ばして九州はウルトラマンランドへ行ってまいりました。

Ph0701uld1ent

誰もが幸せな「初夢」を見たい気持ちは同じ。
ほんでもって、お正月イベントの「初夢」のステージについてはまた追って触れるとして、ここでは12月下旬にカフェ(bbs)にてハーフムーンさまが煽っておられた上記ショーステージについて簡単に触れておきましょう。以下ネタバレしますんでこれから行かれる方はご注意をってことで、、、

この記事のタイトル、『最強の力を上回る』という表現にすでに矛盾を感じていらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、人は「これ以上**なものはない」と極限を感じたときにどう対応するか、そんなあたりに触れたいと思います。

以下、ショービデオも見返していませんが、ざっとの印象で書きます、もし全然違う受け取り方だったらご容赦m(__)m

どんな願いをも叶うとされる「秘宝マテリア」をメビウスの協力のもとに守り続けてきたアロン一族のふたり、ディアスとサイファー。しかし二人はこの秘宝を守る戦いに疲れていた。サイファーはディアスに「この秘宝の力を使いきってしまえば、(秘宝を守るという束縛から)自由になれる」と秘宝の力を使うことを提案していた。しかし、ディアスは“秘宝”がゆえにマテリアが持つ力の怖さを知っており、サイファーの提案を退けていた。それでも次々と秘宝をめざして宇宙人などの敵の襲撃はとどまることを知らず、ついにディアスは深手を追う、そしてサイファーに秘宝を持って逃げろというのだが、、、マテリアを手にしたサイファーはマテリアの力で最強の力を得てしまう。その力は敵の宇宙人を倒すだけでなくサイファーをとめようとするディアスにも攻撃をしかけてしまっていた。
そのサイファーの力を目当てに近づく敵の1人はダークメフィスト。それでもサイファーの力はメフィストを上回り(←爆)両者結託することに。そこへ登場のウルトラマンネクサスJBとウルトラマンダイナ、しかし、メフィストが呼び寄せたいわゆる闇の敵、ゼルガノイドとの戦いやメフィストとの戦いに巻き込まれてゆく。
息絶え絶えのディアスは力を失って倒れるメビウスに力をあたえ、一方、悪の力で強大な力を得たサイファーを倒すようにと懇願し命を終える。それは悪の力からサイファーを守りきれなかったディアスの平和への想い。多くの人を傷つけるよりはとメビウスに力を借りサイファーを倒すことを選んだのだ。
客席からの応援も得てメビウス、ダイナ、ネクサスが立ち上がる!
ダイナvsゼルガノイド&ゼットン、ネクサスvsメフィスト、そしてディアスの想いを受け継いだメビウスとサイファーとの最後の一騎打ちへと。一旦は悪を倒したかに見えたのだが、それは姿を変えて3ウルトラマンを襲う。最後は客席からの力も得て悪を倒す、というもの。
しかし、メビウスから命をとられていたかのようなサイファーは助かり、自らを犠牲にしてサイファーを押し止めそして、人々の未来を守ったディアスの想いをサイファーは先々まで心に留(とど)めて生きてゆくことになる。
今回ウルトラマンたちが戦ったもの、それは人が身近な人を想い、そして人の平和を守ろうとしている想いを裏切るもの。悪の力は支配力を生み、より強い力で地球を支配しようとする。秘宝に隠された最強の悪の力は、人が人を想う心の強さによって支配を留められた。力だけが支配力の全てではない。
心の中にある“愛”や“優しさ”や“命への慈(いつく)しみ”が悪に染められようとした力に勝ったのである、と思われるショー内容でした。

概略しか紹介していないのであまり触れていませんが、ショーを見ていて「あ、ここならこんなショー描写でレポをしたい」と思うところも何箇所かありました。そのあたりはたぶん、ハーフムーンさまが追って紹介してくださるものとおもわれます←よろしく!ハーフムーンさまm(__)m

もう少し、ショー感想などにも触れたいと思いますが、眠くなってきたのでまた追って~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »