« 阪急3番街にて「メビウスショー」♪ | Main | エキスポランド「仮面ライダー電王ショー」 »

Monday, April 30, 2007

和歌山マリーナシティ「ゲキレンジャーバトルステージ~激闘!赤魂(レッドソウル)の伝承~」

恒例?の和歌山マリーナシティのステージを見に行って来ました!

う~ん、さすが~~♪見ていて心地よい感じのところに気持ちがストンと落ちる、そういうステージでした。
春休みの時期からやっている公演内容なので、ストーリー的にはTVゲキレン~の初期設定の感じです。それぞれのキャラクターを紹介しながら3人で戦う意味を認識する、みたいな。
そこへ絡んでくるのがなんと!!
『赤レッド』
??
ご存知ですか~~?(^^;)
当方、知らなかったです~。
なんでも発売早々のオリジナルビデオにだけ登場したという、30人?かのレッドの魂を受け継いだヒーロー、一言で言えば「歴代レッド合体バージョン」体?と思っていいのかも??←アヤフヤ・汗)
いやさ、ココしばらく戦隊さんはいつも5人でスタートしていたから3人てひさしぶりじゃん。
なのでショーの構成もどうするのかなぁ~って思ってたんです。
ん、この『赤レッド』にさらに前レッドのボウケンレッドを加え、上手く話を流しています。
しかもこの『赤レッド』は歴代レッドの誰にでも変身できるらしく??早変わりシーンではマジレッドとデカレッドが登場して客席を「わぁ~♪」と言わせてました。
この『赤レッド』ショーへの絡み方もなかなかです、美味しい出方してますし。
それにも増して、思わず「ウルッ」ときたのはボウケンレッドの登場シーン。
敵にやられて気絶状態のゲキレッドを担いで登場。
ボウケンレッドは好きだったので、いかにもリーダーっぽい登場の仕方が嬉しかったし、その後の話の牽引役も板についていてOK。
そしてもう一箇所、気持ちの高揚場面はラストシーン。
打ちのめされた5人の戦隊たち。
そこに、ショーが始まる前にお姉さんと客席のみんなとで練習していた「ガンッバレ、ガンッバレ、ガンッバレ、~~」のリフレインコールがかかります。そして復活した戦隊メンバーの4人が客席中段まで駆け上がり、応援の声をパワーに変えて敵へめがけて発射~~!!もちろん、戦隊メンバーと客席のパワーは同方向を向いています。
いやぁ~ええですね~!!
えと、2005年の三井GLのウルトラマンステージで最終局面で客席のみんなとウルトラマン達でスペシウム光線を放ったときの快感に似ていますね。
アクションや棒使いもほんと、見ていてびっくりの見応えでした♪
いや、ホンマ、ハイレベルのステージです。
公演期間は5/6迄のGW期間中でこのお話は終わりですので、是非、どうぞ~~♪

|

« 阪急3番街にて「メビウスショー」♪ | Main | エキスポランド「仮面ライダー電王ショー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35809/14901446

Listed below are links to weblogs that reference 和歌山マリーナシティ「ゲキレンジャーバトルステージ~激闘!赤魂(レッドソウル)の伝承~」:

» スーパーゲキレッド [獣拳戦隊ゲキレンジャーファンサイト]
ゲキレンジャーのパワーアップの画像がネットにあったので紹介します。変わったのは頭部の変更と全体的に白が多くなったことです。あと今までなかったベルトが追加されるそうです。上の画像はスーパーゲキレッドの画像ですが、ゲキイエローもゲキブルーもおそらくパワーアップしてスーパーゲキイエローとスーパーゲキブルーになると思います。スーパーゲキレッドが身につけている爪みたいなものは「スーパーゲキクロー」と呼ばれるものだそうです。... [Read More]

Tracked on Friday, May 25, 2007 at 08:15 AM

» エレハン・キンポー 水島裕 [仮面ライダー電王 秋山莉奈 観察ブログ]
登場人物紹介▼エレハン・キンポー(マスター・エレハン)修行その10より登場。激獣エレファント拳の使い手の「拳聖」。外見は二足歩行をする太ったゾウ。一人称は「俺ちゃん」。性格は、子供番組には珍しいスケベな性格でセクハラ行為を連発するなどをするため美希などからは像やエロハンなどと呼ばれる。心にゆとりを持ち、いかなる事態でも冷静でいられるよう学ぶ「遊びの中に修行あり」をモットーとし、ゲキレンジャーの中からランの素質を気に入り、鎖鉄球術の修行をつけた。名前のモチーフは、香港のアクショ...... [Read More]

Tracked on Thursday, June 21, 2007 at 01:00 PM

« 阪急3番街にて「メビウスショー」♪ | Main | エキスポランド「仮面ライダー電王ショー」 »