« March 2008 | Main | May 2008 »

Thursday, April 24, 2008

ウルトラマンスタジアム『魂の帰還』

GWまでには、なんとか報告をアップしたいですが、、、(^^;)

Ph080412ust0714mbhi

↑こんなに辛かったんですね、きっと、、、(;_;)>スタジアム休館中

Ph080412ust0725all

*無事、ステージにウルトラマン達が戻って来ました♪

Ph080412ust0271in

↑インフィニティを登場されるのも、ええ選択でしたね(^o^)v

☆追って、追記しますぅ~~m(__)m

| | Comments (0)

Tuesday, April 01, 2008

FM徳島主催『ウルトラマンエキサイトステージ』>鳴門市文化会館

*写真の下に書きかけレポ(^^;)をアップ~4/2 &追記4/8 &感想追記4/15

Ph080330naruto696info

さてさて、お話の内容は、、、

ショー冒頭、ウルトラマン達(ティガ、ダイナ、初代ウルトラマン、メビウス)と怪獣達とが戦っているものの、なにやらウルトラマン同士が対立している雰囲気。敵に向かうティガやダイナのウルトラマンを阻止し、敵を守っているようにも見えるメビウス。

そして、「このやろう~!!」とダイナ?、
「きさま~!!!」とティガ??、
さらには、メビウスの「光線を打たせるわけにはいかない」という切羽詰った台詞に、
思いがけず、初代ウルトラマン?の「この地球をお前のものにさせるわけにはいかない!!」という、予想外の言葉がメビウスに向かって発せられる。

ステージは、メビウスvs3戦士の対立。そのまま、暗転?し、お姉さんの話へと繋がる。

お姉さんは登場していたウルトラマンを訊ねたり、ウルトラマンがなぜ戦うのか?を語ったりのあと、先ほどの「けんかをしていたような」場面へと話をふる。
そして、ナレーション?が入りステージでの物語を遡ることになる。
ダイナ、ティガのバトルが始まり、倒した怪獣達が蘇る。それに疲弊しているかのような二人。そこへ、初代ウルトラマンとメビウスが宇宙警備隊から派遣され参戦する。

ティガと行動をともにしていたメビウスは傷ついたティガに傷をいやすことを勧める。しかし、ティガはそれを拒み、戦う理由を語る。
それは、「人々の道しるべとなること」を望むから。
人々が諦めずに戦うウルトラマンを見て、自ら進む道を見つけて欲しい?と。
もっともそれは、「子供達にカッコ悪いウルトラマンを見せられない」ということに通じていたのだが、、、(^^;)

そして、倒しても倒しても蘇る怪獣たちとの戦いが続く。

その蘇ってくる怪獣達との闘いには実は黒幕がいた。
ステージに登場の黒いマントの男が手にかざすクリスタル。
このクリスタルから幾度となく同じ怪獣が実体化され、ウルトラマン達を苦しめていたのだ。

戦いの中でメビウスはこの黒マントが持つクリスタルに光が集まるのに気が付いた。 そして、実体化される怪獣には、実はクリスタルの中の仮想空間で戦うウルトラマンの光線パワーが使われていたのだった。
その仮想空間に黒マントによってとりこまれてしまうメビウス、そこで戦っているウルトラマン=ティガ、ダイナ、初マンは黒マントの男が現実の世界と全く同じ世界をクリスタルの中に実体化したもので、クリスタルの中のウルトラマン達は黒マントに操られていたのだった。
そして、黒マントはメビウスを侵略者だとそれぞれのウルトラマンに設定したため、いつもは一緒に戦っているはずの彼らから「メビウス星人」と呼ばれ、戦いをいどまれてしまう。 しかも、その間に仮想空間のウルトラマンたちから放たれた光線はまたしてもクリスタルに蓄積され、実体化された怪獣を実世界に送られるだけでなく、クリスタルの次なる進化=黒マント男が究極怪獣へ変身するためのエネルギーとしても蓄えられていく。

当然、メビウスは仮想空間のティガ、ダイナ、初マンが怪獣に光線を放つことを阻止しようとするのだが、仮想空間のウルトラマン達は怪獣との戦いを続ける、そのやり取りが、ショー冒頭のバトルに結びつく!
「光線を打たせるわけにはいきません!!」と叫ぶメビウスとウルトラマン達との間に、ありえない構図を生み出すこととなった。この、冒頭のシーンを再演して、一幕目が終わる。

*****************************

そして、休憩を経て、二幕目。

「大変なことになっちゃったね~~」と慌て気味にMCのお姉さんが登場!
そこへ、
「メビウス~~!!どこへ行っちゃったんだ?」とダイナ登場!!
そして、ダイナにこの窮状?を訴えようと焦るお姉さんをダイナが、軽~るく
ふざけて遊び、お姉さんの緊張を解く。
改めてダイナに現状報告をしようにも、お姉さんにはこのダイナがどこの世界のダイナなのか、よく分からない?

それでは、「、、、!!」というので、ダイナに質問~~♪
これはね~内容は言わないでおこう。
「◇◇のホニャララを言ってください」と聞くと、「●●!!」と勢いよく答えるダイナ。
当然?●●は間違いなんですけどね、答えに対するお姉さんのリアクションを見て、
間違っていることを予感?するダイナが次なる答えをボソボソっと言うんだけど、
それがより、外れた答えになっていて、全くTVのつるの君みたいで大爆笑でしたわ!!
しかも、そのボソボソが耳に入ったお姉さんがそれでもって、ダイナだと認識するという、
オマケ付き(笑)

でもって、ダイナの答えも明解?そのもの。
「君達は君達が出来ることを!!そして、君達の応援の声は向こうの世界のウルトラマン達にもきっと届く!」とみんなで応援の練習へと導く。
応援の声のあとには、グドン?が花道に登場、戦いを続けてダイナ退場。

ダイナが去ったあと、ステージでは一幕目の続きが始まる。

黒マントの思惑どおり、実世界のメビウスvs仮想世界ウルトラマン達という拮抗した重苦しい戦いと、怪獣達との戦いを経て、例のクリスタルには究極怪獣の実体化に十分なエネルギーがたまりつつあった。

目的を達しつつある黒マントはメビウスの指摘を経て本来の姿=キリエロイドの姿を現す。そして、このクリスタルには自分が作った最強怪獣を実体化させるだけのエネルギーが溜まってきたと語る。
そうとなれば、用無しの仮想世界のウルトラマンを始末しようと、黒マントが放つ光線をメビウスが身を挺してさえぎる。
てっきり敵と思っていた「メビウス星人」の行動が不可解にウルトラマン達にはうつる。しかし、それをきっかけに謎解きが行われ、仮想ウルトラマン達はメビウスがウルトラマンであることを信じるに至る。
そんな中で、キリエルがウルトラマン達をやっつけようと再び呼び出した怪獣達に、メビウスはそれまで、打つな、と言っていた光線を放つ。
それは、仮想空間のウルトラマンとはいえ、倒されるのを見ているわけにはいかないから。その苦渋の光線エネルギーは、クリスタルへの蓄えを満たし、ついにキリエロイドは用無しになった仮想空間を閉じようとした。

当然、同時に姿を消す運命にある仮想空間のウルトラマンたち。
それだけでなく、この空間から脱出できなければメビウスさえも消されてしまう。
「どうしよう、、、もう、どうすることもできない、、、」
しかし、仮想空間のウルトラマン達は諦めない!そんな彼らが語った言葉は、
ショー冒頭でティガが語った、「人々の道しるべでありたい」という言葉と同じであった。

彼らは自らが仮想空間のウルトラマンであることを受け入れつつ、メビウスに残るエネルギーを渡し、実世界で戦うもう一人の自分達がキリエルを倒すことを願う。
光を渡しつつ、ダイナが、初マンが、ティガが倒れてゆく。はたして、光のエネルギーを預かったメビは実世界へ戻れるのか?

一方、実世界では、相変わらずティガやダイナのウルトラマンたちが、幾度となく再生して襲い掛かる怪獣たちにエネルギーを使い果たしていった。
そして、キリエロイドが究極怪獣を実体化させようとクリスタルを高く掲げあげた、まさにそのとき、突然クリスタルに新たな光が満ち溢れる。
そして会場のメビウスを呼ぶ声と共に、本来の世界へ僕らのメビウスが帰ってくる!メビは仮想空間で預かった光をそれぞれこちらの世界のウルトラマン達に分け与え、最終決戦へと、、、!!

それぞれ、ティガvsグドン?、ダイナvsモルヴァイア、初マンvsテレスドンと(対戦相手合ってるかな^^;)カッコいい戦いを見せ、いよいよ、メビウスvsキリエロイドへと!!

しかしキリエロイドは自らつくったという最強怪獣と合体し、イズマエルの姿に!!
さすがに強いイズちゃんは、次々とウルトラマン達を倒していく。
ステージに倒れるウルトラマン達を復活させるのは、会場の「頑張れ~~」の声!!

そして、みんなでイズマエルを倒し、無事戦いは終了する。

えっとですね、まだ感想を書きたいのですが、とりあえず、ココまでで、続く~ってことで^^;)

*******************************************************
以下追記4/15

それでは、怪しげな記憶を辿っての感想です・大汗;;)

今回のこのステージ、ファンタジックライブと違うので、
どうやって2部構成にするのかと思っていました。
ひょっとして、前半は旧貝塚ジャングルでの、「遊ぼう」でもやるのかとか??^^;)

しかしね~やっちゃってくれましたね♪
実は、ライダーの夏にあった公演、スーパーバトルとかでは、幾つか、
なかなか印象的な1幕目と2幕目の繋がりとかを見ていまして、
ウルトラマンでも、ああいう印象の幕切れに当たらないかなぁ~
と思っていたんです。
ま、ちょっと豪華さではライダーのステージに負けましたが、
1幕目の終わりに相応しい終わり方でした♪

それにも増して、このステージのショー開始直後の掴みもよかったです!
マジで一体どんな話が始まるのか!?とワクワクしました。

で、なんだかんだと、時を遡って物語りの説明。
話は比較的単純なんですが、
ステージでの場面が、現実の世界なのか、クリスタルの中なのかが、
登場キャラクターがそのまま同じなので、少し分かりづらく、
せめて、ライティングをもう少し分かりやすく変えるとか、クリスタルの
中のウルトラマンであることが判る何かをウルトラマンが身につけているとかが
あれば、より判りやすかったかもしれません。
等と言ってますが、ステージ自体はサクサクと話も進み、
1幕目が終わるまでは、あっという間でした。
ん?
そういえば、動きのない、台詞だけの説明場面ではちびっこ達は少し、退屈していたかも??

そして、2幕目。
ここでも2幕目の始まり早々に例のダイナのやり取りで、上手く子供達をステージの
世界へ導入しています。
だから1幕目より子供達のテンションが高かった!!
「がんばれ~!」の声が自然発生してアチコチに響いてます♪
さらには、ステージもバトルも多く謎解きも行われてヒートアップ!!

2幕目でもやや長めの説明シーンがあったんですが、こんどはまた、ちびっこ達の
テンションは切れません。というのは、話の流れがピンチになりつつあったのと、
これは選曲の勝利なんでしょうが、バックにかかる曲がマジ、不穏な気配をつのらせていまして、、、。
ホント、手に汗握りましたね~嬉)

ステージに登場する最終怪獣はあまり大きくないものだと、ガックリするんですが、
今回のイズマエルはまずまず大きく、しかも強い!!
なので、倒されるウルトラマン達も真実味がありましたね~。

怪獣vsウルトラマンでいえば、ショー全体がやや重いので、
ダイナvs怪獣さんのシーンではもう少しお得意?の楽しいバトルになってもよかったのでは??
たとえば、レッドキングvsダイナで、岩石の投げあいをするとか??←しんどい??

何度も言ってるかもしれませんが、今回のステージはウルトラマンがみんなカッコよかったですよね~~♪
キャラも立っていたし、その当たりは随分と楽しめました!

それはそうと、、、
ステージ冒頭のCMビデオ?ですけど、
メビウスのDVD紹介のビデオは、かなり美味しい場面を上手くつぎはぎしてあって、
見ていて楽しかったですよ、あの場面この場面が思い出されて。
その場では、帰ったらあの作品を見返そう!と思ったくらいです(^^ゞ

あまりに感想のアップが遅くなったので、ビデオ撮り禁止の中、頭での記憶は、
やや薄れつつありますが、
それにしても、当方的には随分と高ポイントのステージでした。
このステージが数多くのホールで公演され、
たくさんの方々が楽しまれますように。

ということで、感想を終えますね。
また、何か思い出したら追記します、、、

ここまで読んで下さってありがとう~m(__)m
&
ステージに係わってくださった方々に感謝です!!

**********************************************

で、写真ですが、、、アップしようにも、、、

撮影禁止やったからなぁ~(>_<)

ま、行った証拠程度に。


以下は会場内に置いてあったチラシと、FM徳島さんの今年のスケジュール帳。
記念に?貰ってきました♪
ん?周波数?に「7」と「8」の数字があるんやね~(v_v)

Ph080330naruto711chirasi

| | Comments (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »