« May 2008 | Main | July 2008 »

Wednesday, June 25, 2008

アリオ八尾・円谷ジャングル「大決戦!?超ウルトラにせ兄弟!!」

Ph080621ario949all

とりあえず、写真を少しだけ。他の写真&コメントは追記します。

Ph080621ario922ivd

↑お姉さんのオーディション中、退屈気なイーヴィル。

Ph080621ario925iv

↑そんな様子を見て、先ほどNGを出したニセガイアが肩揉みに^^;)

Ph080621ario929all

↑“メビウス怪獣”をやっつけるために、子供達を守り(爆)一斉に光線を放つニセさん達!
メビウス怪獣のやられっぷりも上手い(^^;)

Ph080621ario930ziv

↑この密着度?は何??ココにいないノアはイーヴィルにヤキモチかも(^^;)

Ph080621ario841z

↑一蹴三発!!!

Ph080621ario856zniman

↑滅多に見られない!!初マンとニセマンのタッグマッチ?

Ph080621ario941zmema

一旦はやられたかに見えたのだが、、、

Ph080621ario943z

↑自分撮り

Ph080621ario947all

Ph080621ario952iv

Ph080621ario963mbma

| | Comments (0)

Sunday, June 08, 2008

和歌山マリーナシティ「仮面ライダーキバ・バトルステージ」

和歌山マリーナシティで行われている恒例のステージを見に行って来ました♪

現在は第二弾の「仮面ライダーキバ・バトルステージ」です!

Ph080607wmc890kiigu

お話は超シリアス“過ぎる?(^^;)”展開でちびっこにはチョット辛い?かも。
それでもライダー達のピンチには「がんばれ~!!」の声が自然と飛んでいたので、
何らかのメッセージは子供達にも伝わっていると思われます。

それにしても、ここ和歌山マリーナシティのライダーステージは、どうもお話を作るのに苦労しているのではないか?という気がするのですが、今回は中途半端?なお笑いは排除して、徹底?してシリアス??です。

以下、ネタバレもチョットあり。ってことで、ご了承の上ご覧下さい。

お話は、2008年と22年前の1986年とが行き来して進みます。
ステージが広いので、左半分で現在、右半分で過去を語るというシーンもあり。
敵とのバトルの中で各フォームの対戦を交え、アクションもかなり見応えがあります!!
さすが、TVシリーズでアクション監督を務めた宮崎氏の演出だけのことはありますわ(^o^)v
特に客席あたりまで回るワイヤーアクションはほんまにええですね♪(ウルトラファンとしては、有料ステージではやっぱりこんなシーンもまじえて欲しいと思いますよね、光線発射!とか、客席前で敵の攻撃から客席を守る、とかやって欲しいなぁ~~)

んで、物語は22年前にファンガイアのイクサ版に両親を殺された少女(=実はファンガイアで両親は人間との共存を望んでいた)が、成長し現在のイクサに仇をとるべく奮闘するお話。
しかし、キバに「復讐を両親が望んでいたのではなく、戦いのない(やったかな)世界をあなたが目指すことをのぞんでいたのではないか?」と諭され、また物語の進行のなかで、
現在いるイクサが両親を殺したのではなく、敵の親玉(ドラゴンファンガイア?って言ってたっけな)がイクサシステムを奪い装着?して両親を殺したことが判明。
さらには、この親玉がめっぽう強く(キバやイクサがやられる終盤のシーンはメッチャこの親玉の攻撃が容赦なく怖かった)、キバやイクサにトドメを刺そうとする場面でこの少女が親玉の放つ二人に向けて放った銃弾?に倒れる。

あとは、この親玉を“本日休戦”としたイクサとキバでやっつけ、無事ショーは終わる。
ショーのエピローグで、無事両親が望む“仕事”をして天に召された少女を両親が温かく迎える場面があって、このシーンには、ベタやと思っていても涙なしには見れません(;_;)

まぁ他にもチョットお伝えしたいこともあるのですが、とりあえずアップということで、ごまかしておきます(^^;)

Ph080607wmc891tle

| | Comments (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »