« かっこええキバに遭遇!?>アリオ鳳「仮面ライダーキバショー」 | Main | 「ウルトラマンファイティングステージ2008in大阪」 »

Sunday, August 10, 2008

「仮面ライダースーパーライブ2008」<梅田芸術劇場

夏休み恒例?の「仮面ライダースーパーライブ」を久々に見に行って来ました♪

Ph080809umeda999

何時から行っていないかなぁ~?
えっと、確か、ファイズは見たっけな、、、
まぁ、ライダーのステージは和歌山マリーナシティとか、お正月のイベントで
結構いいステージも見れるし、、、

でもさ、今回和歌山MCのライダーのステージを見に行ったら、
なんか、久々にスーパーライブも見たくなって、、、
ウルトラマンのステージほどには思い入れはないんですけど、
たっぷり楽しんできましたよ(^o^)v

このステージ、1部(幕)と2部(幕)に分かれています。
1部では、アクションに次ぐアクション!
おぉ~!やっぱりチビッコを飽きさせないようテンポ好く進みます。
もちろん、ガルル、バッシャー、ドッカの各モードも登場。
しかしですね、この1部ではあんまりお話が見えてこないのです。

以下、ネタバレになるので、反転記載。

1部で分かったことといえば、
・敵はキバの力をもちいて、封印を解こうとしている。
・封印を解くのに、絡むバイオリンを弾く人物が1人、敵と組んでいるようだが、本意分からず。
・時空のひずみから、電王(良ちゃん版)とゼロノスが参戦。
・イクサの部下?にファンガイアハンター見習い?のマリという女性がついている。彼女には父親の形見のペンダントあり。
・敵は吸血鬼「オーグー一族」(3人+1)とさらに封印されている帝王「ブラッディオーグ」がいる。

ということだけ。

そして、休憩10分を挟んで、2部。

冒頭は、いつものチビッコをステージに上げてのお遊びです。
もうね、客席がコレを期待している?
いやぁ~いつものノリで楽しいですわ~(^o^)v
もちろん、ステージに登場しているのはショッカーと、ボス。
んで、お遊び終了後に客席を襲おうとするのを、V3が登場して止める!!

が!!
このV3が、すっかり“ウルトラマンナイス”なV3でして、、、
去り際にどっかで聞いた台詞が、、、
「みなさん!本日の私の出番は本編にはありません!!
私の活躍を見たい方は、ぜひ、アンケート用紙にV3を見たい、と書いて下さい」
などと、笑いを誘う登場で楽しませてくれました、敵ボスにも、
「あ、アレはなんだ!?」で逃げられるし、、、(^^;)

さて、2部もいよいよ、1部の続きとなります。
実は1部のラストは、吸血鬼一族の手にかかったイクサが
血を吸われて?か、敵の言いなりとなり、キバたちにトドメを刺そうとするところで、
終わっています。
この1部終了場面、実はチョット物足りなかったですね~(^^;)

これまでのスーパーライブでは、もう少し「おぉ~~!!」という演出があったような、、、

ま、それでもココから結構物語が回り始めます♪
トドメの一撃をマリの体当たりで避けたものの、マリはペンダントを落としていく。
キバと先に逃げたものの、ペンダントのゆわれを語りネタフリ。
一方、先ほどの敵の現場でそのペンダントを拾ったのは、バイオリンの封印の鍵を握る男。
ま、このあたりで客席はこの男とマリが親子だと気づくのですけどね、、、
そのあとなんやかんやとあって、キバの力とこの男に力で封印がとけて登場するラスボスの「ブラッディオーグ」が見た目ウルトラマンコスモスのカオスヘッダーメビュートのギンギラっぽい奴でして。
んで、親子の対面をしていたマリは父親のバイオリンでこのラスボスをある程度は治める曲を奏でるんですわ。
チョット端折って(記憶たよりなので詳細かけないけど)ますんで説明だけになりますが、
この親子は封印を守る宿命を負った一族でして、マリのもつペンダントにはいわゆる癒し?の力を持ったものだったと。
で、このラスボスの封印を解くにあたってこの男は倒されてしまい、マリはファンガイアハンターになるのはやめて、父親のバイオリンを手に癒し?を奏でる旅に出るのでした。


終盤のバトルは、1号2号ライダーも加わって、さらに良ちゃん電王もモモ電に変身?、&キバを3フォーム追加で出しちゃうというオマケもあって豪華です。
敵陣3+1の4対とそれぞれ、イクサ+マリ、ライダー1号+2号、モモ電+ゼロノス、キバ3フォーム合同が対戦。さらにはブラッディとキバのナチュラル?フォームが対戦して、その対戦中にエンペラーフォームにもなる、という、もう見せれるものは何でも見せちゃう♪モードでメッチャ燃えるバトルでしたね。

お話も1部の??が2部にはキチンと謎解きに結びつき、TV世界観のキバの親子の宿命を、このステージの中でもマリ親子に描いており、さらにはその親子を結びつけるのがバイオリンの音楽だったと、上手くTVキバとリンクした話に仕上がっていました。

う~ん、チョットステージ代金(3500円)は高かったですが、上質のステージを堪能しました。劇場も梅田劇場といい劇場で見やすかったですしね。
もっとも不満といえば、ライダー達の体型がね、いや、スリム過ぎて、、、せめてモモ電くらいの肉付きは欲しいですね~←贅沢??

もちろん、スポンサーは某ドリンク♪

Ph080809umeda0004

|

« かっこええキバに遭遇!?>アリオ鳳「仮面ライダーキバショー」 | Main | 「ウルトラマンファイティングステージ2008in大阪」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« かっこええキバに遭遇!?>アリオ鳳「仮面ライダーキバショー」 | Main | 「ウルトラマンファイティングステージ2008in大阪」 »