« April 2009 | Main | June 2009 »

Wednesday, May 27, 2009

おばかな誘惑?!>西日本パス

いやね~(^^;)
このチケットの発売が発表された時から、このチケットを使って、九州は熊本のグリーンランドと、ウルトラマンランドへ行こうと思っていたんです!!

なんといっても!
12000円で、特急自由席ほか、乗り放題エリアがいっぱい♪
なので、何時行こうか、、、と思っていたら、時が過ぎ、、、
あら、えらいこっちゃ、そろそろ行く日を決めないと、、、
というので、チケット買って来ました(^o^)v

が、、、
このチケットの説明を聞いていると、新たな誘惑が、、、(^^;)
なんと!!
ひょっとして、翌日、ウルトラマンスタジアムへも行けるかも~~??
2日間有効のこのチケット、
いつものように九州は日帰り予定。
で、
翌日スタジアムへ行ったら、まぁ、交通費無料で行けるようなもんですか??
なんちゃって♪

あとね~このツアー、九州でも売っているんですよね。
ということは、九州から、円谷ジャングルへ行って、
さらにウルトラマンスタジアムへも行ける!!
おぉ~~!!
なんて御得♪

ま、問題は、久留米から大牟田までは交通費がかかるのと、
2名以上で同行程で旅せにゃならんことですねぇ。

むむむ、、、当分誘惑に心動かされそうや、、、体力に今自信ないからなぁ、、、
行った方がええと思う人~??

| | Comments (2)

Monday, May 25, 2009

「天気予報のバカヤロウ!!」転じて、二重丸の鬼退治に出会う>仮面ライダー超電王♪

GWにアチコチでヒーローショーを楽しんだものの、ここ2週間ほどはアレコレ忙しくてショー観戦から遠ざかっていました(-_-;)

となると、そろそろ見たいわい!と、日曜日には遊園地のライダーを見るつもりやったんですが、前日の天気予報が、なんやら訳ワカラン?というか、何時雨降るかもワカラン、という天気予報で、
そういう予報を聞いたら、相方は、もうそんなんやったらお出かけせんでもええやん、この前のひらパーでもえらい雨に遭っているし、、、と言って、朝起きてこんのですよ。

しかしですね、外では日差しが、、、♪
結局休日の“用事”を済ませてからではショーは見れそうになかったので、
この間から好評判のライダー映画を見に行こうと、、、
ネットで調べたらなんとか間に合うところがいくつか、、、←アリオ八尾は間に合わんかったが、、、
ということで、アリオ鳳にあるTOHOシネマズへ行って来ました♪

前説が長くなりましたが、
マジ、ええ映画でした!!!

なんちゅうか、子供向けでもあり、ライダーファンには、楽しいネタがいっぱい仕込んであって、笑った!笑った♪
いやね、こんなにベタ褒めするのには、訳があって、自分も楽しかったけど、
見ていたチビッコがねぇ、映画が終わるやいなや、「よかったなぁ~♪」と、すっごく喜んでいるんで、こりゃぁ本物やで!と思ったわけです。

あとで知ったんですが、脚本があの小林さんやったんですねぇ。
わっし、彼女の作品、好きなんですわ。

ほんまねぇ、細々したネタがあとでしっかりつながるし。
「ユウ」役の少年、いや、役者さんといった方がええかな?も、
かなり上手い!!
敵の兄弟も演じているのが馴染みの役者さんで(篠井英介氏と柳沢慎吾氏)、
バトルシーンも次々あるし、見ていて全然飽きない。
そういえば、室町時代の女性戦士「トキ」って、ちょっとミズホ姉に似てた?かも。
×××なところや、◎◎◎なところとか。←内輪ネタでスンマセン(^^ゞ

えっと。
出てくるライダーも、え?なんで??な嬉しいライダーも多く、
また、え??なんで???なゲスト出演?もあって、アチコチ見逃せない場面多しでしたね。
ジュブナイル的と監督も言ってますけど、
どちらかいえば、ウルトラマンガイアの映画の「少年の成長記」より、
わっしはこっちの展開の方が好きかなぁ、、、
終盤の少年ユウの決断に泣けるというか、成長を感じるというか、、、
それが、
あの最後に結びつくとはね、
やってくれるやん、ライダー映画さん!!

いや、この映画を見たら、ショー見に行くより、
こっちへ来てよかった!!と思いましたよ。
DVD出たら、買いたいなぁ~(^o^)v

| | Comments (2)

Saturday, May 16, 2009

ウルトラマンメビウス15話一挙見で疲れた~(^^;)

いやね~GWにメビウス見すぎた?おかげで、なんかTV放送のメビウスを見たくなってさ、、、
↑「15話一挙」、と書いたけど、実は我が家特製?バトルシーン抽出DVDを作っていて、それで、15話分見た、というか、途中で止めようかと思ったんだけど、チャプター連続で再生するように設定してあるので、もう終わるかな~と思っていたら、なかなか終わらなかった、、、というか、、、汗)

15話って、どの辺までの話か覚えていらっしゃる??
すっかりメビとヒカリがタッグを組む展開完成、といったあたりです。
少々くたびれながら見ていた終盤、えべっさんのバトルには、いまさらながらも、
笑った笑った♪ 

見返してみると、ウルトラマンメビウスは、結構バトルシーンをたっぷり見せてくれているんですよね。
いや、物語を入れすぎて、あっという間にバトルが終わることを思えば、それはそれは、
楽しいんですけどね、
んでもね、、、
バトルに“物語”が欲しいなぁ~という気もするわな。
まぁ、それなりにはあったりするんですけど、
その“物語”でバトルが燃える!!
のは少ないかなぁ、、とか。←贅沢??

いやまぁ、なんちゅうか。
ヒカリって、マジ、上品な顔つきやなぁ、と思ったり、とか。
スーツアクターさんの力量って、経験やらセンスやらが結構重要やなぁ、とか。
まぁ、それなりに楽しかったですわ~(^o^)v

*さて。
更新が滞っていますが、(毎日なにやら忙しい;_;)中日劇場の
感想追記もしたいんですけどね。
途中まで書いて挫折していたりして、、、汗)
写真の整理とか、追って頑張ります(^^ゞ

| | Comments (0)

Wednesday, May 06, 2009

ウルトラマンプレミアステージ3@中日劇場

今年3回目となる「ウルトラマンプレミアステージ3」へ名古屋の中日劇場へ行って来ました。
◆5/6追記、長いです、、、

3回目の演出はお気に入りの村石さん!!
&脚本も約10年前にTVシリーズでたっぷり楽しませていただいた右田さんなので、
好作品でないはずはない?!!

いやぁ~!!!ほんま、ええステージでしたわ♪
とりあえず、お話の概要はというと、、、

今年の二部ショータイトルは「希望の光」
あらすじ等はオフィシャルHPにも出てるのであんまり詳しく言う必要もないかと思うのですが、
『大怪獣バトルNEO』で登場したぺダン星人のシャーラン司令官は、怪獣兵器EXゼットンを完成させようと、地球侵略をもくろむボガール・メトロン・マグマ・ナックルを従えて、
ワームホールを通じて地球への侵入を試みようとしていた。
それをワームホール内で阻止しようとするウルトラマン達がいる一方、
彼らが狙うワームホールの出口は、どうやらある少年が入院している病院内であることを
ガイアが突き止めたり、病院内の偵察に初マンのハヤタやセブンのダンや、そして、レオことゲンが参加。
さらには、不穏な気配に病院に潜り込んでいたレイモンのレイもいた。

双方から敵を追い詰めようとするも、敵の手下も数多く、
ついにはメビウス、ヒカリ、ジャック、エース?はやられてしまう。
そして、ワームホールの出口として、狙いを定められていた少年の体内には、
ダリーがいた。
ダリーを倒そうとミクロ化して突入するセブンだが、ダリーに苦しめられピンチ。
そこへレイのゴモラが助っ人に登場&ピンチのセブンを救ったのはミクラス。
無事、レイによってセブンを助け出すものの、結局少年の体内に敵陣たちは侵入成功。
病院をメインに闘っていた初マン、セブン、レオ、メビウスはそれぞれミクロ化して
少年の体内に。
そして、戦いを始めるのだが、、、
実は、EXゼットンを完成させるためにシャーラン星人が狙っていた、
希望が絶望に変るときに発せられるエネルギーサタンスカル”は、
少年のものを求めていたのではなく、
ウルトラマンが発する、それだったのだ。

それ=とは、、、
シャーラン司令官は、“希望をもって闘病している少年が病に倒れたときに、
彼を応援していたウルトラマン達が発する絶望”こそを求めていた。
それは、同時に数多くのウルトラマン達から得られるはずだったから。
そして、予定通り、少年が最後の手術で命を終えそうになったときに、
それがウルトラマンから得られたのである。

結局、EXゼットンはそのエネルギーを取得して完成し、
ウルトラマンを次々となぎ倒していく。
しかし、キングが登場し、奪われたサタンスカルを
客席の応援のもと、ウルトラマン自らの力で奪い返す。
そして!!
大バトルを披露♪

もう、かなりの数のウルトラマンと怪獣達です!!
ウルトラマンの数、15人。
ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンレオ、ウルトラマンガイアの人間体出演に加えて、
ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、アストラ、ウルトラマンティガ、ウルトラマンアグル、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンヒカリ、ウルトラマンマックス。
そして、お話の中でも絡んでいた、ウルトラマンナイスとウルトラマンゼアスも参戦。
そして、これらバトルをする15人に加えて、キングも登場するのです。

まぁ、このウルトラマン達の集合バトルはかなり見応えあり、だったので、またあとで、
部分的に感想をおしらせするとして、話を進めます。

前述のウルトラマンと敵陣をめぐる話を繋いでいるのが、
体内にダリーを置かれてしまった悠輝(ゆうき)少年。
長い闘病生活を送っているものの、希望を決して捨てずに幾度となく手術に耐えている
前向きの心を持つ少年なのです。
彼の病巣の中を敵陣たちがワームホールの出口としているのに気づいたウルトラマン達は、
それぞれ出来ることで少年をフォローする。
と、書くと大体予想がつくと思いますが、
ゼアスとナイスは“笑い”で少年を楽しませるんですけど、
悪化する病状にナイスが少年と一緒に空へ連れ出す一場面も。

また、レオことゲンは少年の院内友達の病状急変にショックを受け、
泣き出す少年を力強く抱きしめ彼の落ち込みを救う場面もあり、
単に少年がただ前向きに生きているだけでなく、そんな彼を支える
まわりの協力が必要なことも訴えているのです。

さらに病院が舞台、ということで、
少年の主治医を演ずるメビウスのコノミちゃんこと、アンヌ医師に、
初見のダンがつい、アンヌという名前に“条件反射”でウルトラセブンの告白場面を
やってしまったり
(僕は人間じゃないんだ!で台詞が止められ、僕はウルトラセブンなんだ!までは言えなかったんですけどね、あとでハヤタに『もう少しでばれるところだったじゃないか!』とたしなめられていました^^;)、
アンヌ医師に医者になった理由を聞き、「大切な人を
守りたい」という人として大切なことのメッセージを届けたり。

ちなみに、
病院内へは、催眠シャワー?←レオの技??とかで
ハヤタ=医師
ダン=患者でハヤタの友人
ゲン=インストラクター←機能回復トレーナーの雰囲気
で侵入中。
レイは看護師として。

病院話のついでに、この悠輝少年を演じた小杉君は、非常に上手かったです。
病気に対して前向きな姿勢を表現しているだけに、友人の悪化での落ち込み場面とか、
最後の手術に向かう場面での両親との対話の場面とかでは、かなり泣かされた大人も
多かったと思われます。
あと、この最後の手術に向かう場面でステージまでは届かなかったかもしれないけど、
客席では、子供が「悠輝君、がんばれ~!」という声も出てましたよ。

さて。
なんだか取り留めなく長くなっていますが、
最終日に行って楽しみなのは
最終公演で『何か』あるかな?ということ。

これはね~♪
ほんま、2回見てよかった!!(^o^)v
でしたわ~。

5日の公演で、
11時からと3時からで違った場面をお知らせしておくと、、、

地球に先行するべく、ガイアから我夢に変る場面で、
我夢君お得意のアドリブアクション。←すんません、何の真似かわからんかったんですけど、
楽しかったですわ。
それに合わせて、「?」の芝居をするウルトラマン達もグッド♪

ハヤタ医師の部屋でダンもいて、そこへアンヌ医師が入ってくる場面で、
それぞれウルトラマンやセブンのお面をかぶっていた!!←あまり受けていなかったかも??

お面といえば、
アンヌ医師に医者になった理由を聞く場面で、
ダンがまたもやセブンのお面をかぶっていた。

ゲンが少年を励ます場面で、病室に入ってまずやったのが、
「あぃ~ん」で、
反応がないので、3時の回では、追加で
「いいえ私はしし座の男~♪心ゆくまで笑らぁ~って頂戴♪」と
美川氏の真似をしてました、、、

我夢が客席から現れ、ぺダン星人とカッコよく闘う場面で、
ステージに上るや否やに、“お尻ぺんぺん”をしてぺダンを挑発。

我夢が初めてレイと病院内で会う場面で、
「そちらのイケメンはどちらさまで?」と聞いた。これは客席から笑いあり。

あと、ステージエピローグでそれぞれウルトラマン達が去っていく場面で、
携帯?の番号交換しましょうか?とレイに言って、断られていた。

ステージの場面変換で、病院内を行き来する患者や医師やらが
行き来するシーンがあり、ただ行き来するだけでなく、アクション披露している
患者さんがいた(爆)←これらの通行人をスーツアクターさんが勤めていたと、
思われます。

話が前後しますが、千秋楽だから、でもなくってですが、
ダンがアンヌ医師と医者になった理由を聞く場面で、
患者が診察室に呼ばれるシーンがあるのですけどね、
11時からの名前が「岡野・・さん、*番診察室にお入り下さい」だったんですよ、
で、あれ?ウルトラマンネオスの岡野さんやったんかなぁ~?と思ったんですけど、
その後ダンが呼ばれていて、お入り下さい、と言われていた診察室は7番でした。←セブンや

からでしょうね^^;)

そして、、
11時のカーテンコールでは登場されなかった村石さん。
いや、来てはるんやったら、絶対次ぎは舞台のどっかに出てくるで。
と言ってたんです。
んで、多分、その場面は先ほどの岡野患者さんのところやろう、と。
そしたら、ビンゴ!でしたね^o^)v

いやぁ~最終公演は、ホント、思わず「奈良ドリ」の我夢君公演を
思い出す楽しさでした!
あと、幸い?購入が遅かった割にはまずまず前の方の席で、
ホンマ、ウルトラマン達のアクション堪能できましたわ♪

しいていえば、
今回のストーリーでは“ウルトラマンとしての苦悩”とか、
逡巡とかの場面はほとんどなくて、、、いや、あるにはあったんですけど、
それほどウルトラマンの気持ちに同化するところは少なかったかな?と。
でも、少年がマジええ雰囲気で引っ張ってくれましたので、
1時間半休憩なしのステージもちっとも長くは感じませんでしたわ。

え~随分と長くなっていると思いますんで、
また続きを書くかもしれませんが、とりあえずこの辺で。

以下、続くかも~。

| | Comments (4)

Monday, May 04, 2009

LaLaLaウルトラソングライブ&ウルトラヒーローショー>神戸ポートピアホテル

行くかどうか、なかなか決定ができませんでしたが、
なんとか都合もつきそうだというので、
神戸ポートピアホテルで行われました有料のウルトラヒーローショーへ行って来ました♪

いやぁ~なかなか楽しかったです!!
ウルトラソングと“遊ぼう”的なゲームをミックスした一部と、
その一部をネタにヒーローショーがある二部との2幕構成。

Ph090504poht103song

この5人のメンバーに邪魔をしに入るのは、
恒例?マグマ星人。
ナイスが仲間に入れてあげて、楽しく1部が終了したあと、
“通りすがり”←爆)の侵略宇宙人フォーガス?が何度も甦る
怪獣を使ってウルトラマン達をやっつけに来る。

Ph090504poht105mble

催眠術でマグマ星人も敵の手に落ち、仲間だったガッツ星人は
人質として敵に捕まる。

そんな中、みんなで歌った「空想少年」の歌でマグマが元に戻り、
フォーガスが使う復活の呪文曲を、それまで音痴でみんなを
驚かせていた?マグマ星人の歌で呪文が効かないようにし、
敵を倒す、というもの。
最後には父も登場。みんなでアンコール曲を歌う、という、
内容でした。(←概要、ってことで^^ゞ)

Ph090504poht123end

まぁ、なんといっても、ホールの立派さにビックリでした。
てっきりお正月の宴会場でやるのかと思っていたら、
何処からでも見やすそうな立派なホールだと分かって、
高まる期待♪
1500人位入るんでしょうか?
おおよそ1000人弱くらいの観客がいたように思います。
ヒーローショー部分が少し内容が物足りなかったものの、
アクションもよくて楽しめました。
ありがと~ウルトラマン&関係者のみなさん!!

| | Comments (2)

Sunday, May 03, 2009

「ウルトラヒーローショー」>アリオ八尾円谷ジャングル

5/2に開催されましたアリオ八尾・円谷ジャングルでの「ウルトラヒーローショー」に行って来ました♪

まずは、このステージ、今年1月のお願いを聞いてくださり、同じ内容のステージを
ここアリオ八尾で行ってくださいましてホントありがとうございましたm(__)m
無事、ビデオ撮りも出来たし、満足でした。

登場ウルトラマンは、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンティガ、ウルトラセブン。
ショー内容は、上記でも触れましたが、今年1月にポートピアホテルで上演された
ステージと同内容です。(若干変更はあったかも??)

それでも客席の反応は上演場所の特色?もあり、
今回もチビッコの反応には楽しませていただきました。
1回目のステージでは、ショー終了後、チビッコ席のみんなは、
かなり多くの子供達が「チョワァ~~」とレイビークに変身してたりして、
その眺めは結構壮観でしたね(^^;)

またまた、2回目では、ショー開始前に、2階3階で見ているお友達に
立って見てもらうことを一生懸命お願いしているお姉さんに、
なんと!1階のチビッコ達も“起立”して協力(^^;)
上を向いて2階3階ばかりを見ていたお姉さんが、
ふと、視線を戻すとにょきにょきと立っているチビッコ達が、、、
いや、ビックリしましたよね~♪
しっかりお姉さんの言うことを聞いていたチビッコ達が可愛かったですわ!

えっと。
他にももうチョット言いたいこともあるのですが、
写真と共にまた、追って~
ひとまず、これにて(^^ゞ

| | Comments (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »