« 季節感&楽しさ加わり、バージョンアップ?ウルトラヒーローステージ♪>アリオ八尾「円谷ジャングル」 | Main | 親子対面?>ソーダ缶コーラ缶 »

Sunday, February 14, 2010

レポ転記>ウルトラマンランド平日ショー『明日へ繋ぐ翼』

ハーフムーンさまより、「カフェ」(掲示板)へレポを投稿いただいたのですが、
せっかくなので、こちらでも転記して紹介致します。

--------------------------------------------------------------------------

>ご覧になる皆様
肝となる場面はあえてボカシタ書き方をしたつもりです。それでも結構なネタバレになっています。紹介したい気持ちと、現場で観ようと考えている御方にはまっさらの状態で観て欲しい、そんなジレンマを覚えるステージです。

=ウルトラマンランド平日ショー『明日へ繋ぐ翼』=

ノアとザギの戦いをこの眼で見る事が出来るのは、今回が最後の機会なのかもしれません。
この両者の戦いは、2004年以来幾度も目撃してきました。それら機会に『もう二度と見られないんじゃ!?』と焦ったこともありました。はたまた『・・きっとまた帰ってくる』と予感して待ち望んだこともありました。しかし今回のような『最後』を感じ、しかもそれで良い・・と思ったのは初めてです。
この『最後』について。
両者の戦いに決着がついたわけではありませんし、両者の因縁・・いつ果てるともなく戦い続ける宿命・・も変わりありませんでした。・・ん~少し変わったかもしれない。ただ、これからの両者の戦いは地球人の目から隔たれた場所で繰り広げられるのではないかと。もしかしたら思いがけない決着を迎えるのかもしれませんが、その結末を私達が知る必要はないのでしょう。
私のこの感想が見当違いなもので、両者を再びステージで見る事ができれば、それはそれで幸いであります。が、本当にコレが最後の機会だったとして、私にはコレが最後だったとして。今回のステージに非常な満足を覚えました。満たされた気持ちで両者を見送ることができました。
期間末までもう幾度か観る機会があると思います。一回々々をしっかと堪能したいと思います。

今回の物語はノアが主役です。過去に観てきたショーではザギのキャラが強く現れて『どっちが主役!?』とあきれる事も度々、その上ザギは単独でも闇の盟主として活躍するので、やっかんでしまいました。ノアを主役に据え辛いのは、キャラクターが揺らぐことがないからかしら?迷う事も若気の至りも無かったから??
それがですね、今回のノアはですね、序盤から病んでいるのです。長く続いた、そして終わりの見えない戦いに厭いているのです。『明日など来なければよいのに』まるで鬱を患う人のような独白。
これまでの経緯を考えれば気持ちを保ってることに感心するくらいでしたが、それにしてもこんなノアの姿を目にする日がこようとは・・・こんなノアは見たくない。

心を病みながらもザギと対峙し続け、しかも新たな闇の登場に、ノアは我が使命を全うすべく力を尽くす。その手段として、ザギの力を借りることを求める。
「!?」もちろんつっぱねるザギ。
新たな闇・ウルトラマンベリアルはノアにもザギにも牙を剥く。ベリアルの力に両者は敵わない。
ザギの力も軽くなってしまったな・・そういえば過去にもあったな。イーヴィルを、ザギが片手で捻るようにしてあしらったあの夏。その後に新たな光の戦士が現れても、ザギの座を揺るがす悪役はなかなか現れなかった。ゆえにザギはあの夏の後も長らく闇の盟主の座を保ってきた。そこにベリアルの登場。ベリアルとザギを比較する気はさらさら無いが、世の中は序列をつけるもので、ベリアルが上座に着くことになったようなので。光が受け継がれていくように、闇も代を変えていくのですね。

おっとノアに目を戻すと。
病んだ心で戦ってきたノアは、その身体までもボロボロになってしまう。あえて詳しく描写はすまい、あの姿は・・観ていた私の片肺が潰されたような息苦しさを覚えました。
両者を打ち倒して次の標的を捜し立ち去るベリアル。詰めが甘い、ザギが息を吹き返す。ザギは傍らに横たわるノアに驚愕し、その息を確かめる。「まだ息がある」・・なにやってですか~!!と叫びそうになりました。
ベリアルを追っていたウルトラマンジョーニアスがタイミングよく駆けつけたので、ザギはノアの事を託して去る。ジョーニアスによって一命を取り留めたノア、その第一声が「!ザギは!!」・・アナタもそうなのか~!!!とまたまた叫びそうになりました。
両者のことは薄々感付いていましたが、こうも露骨に見せつけられると、ドウシテ良いやら困ります。

ザギが先に去ったのはベリアルを追うため。何が目的で?
ノアは万全ではない身体で、ジョーニアスの静止をおしてザギとベリアルを追う。何を為すため?

登場順が前後してごめんなさい。
ジョーニアスはすでにベリアルと一戦交えており、自身も手ひどいダメージを受けていた。態勢を整えるべくノアに共に後退するよう説得するも、ノアの思いを酌んで送り出す。その上で、すでに呼寄せてある助っ人戦士に通信を送り急かせる。早く来い!ベリアルを倒すことの出来る戦士よ、一刻も早く!!

再びベリアルと対峙するザギ、そしてノア。
「・・何をしている、さっさと構えろ!」
ザギがノアを促す。先ほどノアが望んだことを。
「一度だけだ!」
しかし新たな闇の凶悪な力の前に、またも倒れ臥す両者。
ココの戦いもあえて描写しません。涙無しには語れませんから。現場で観られる方はどうぞご堪能ください。
ザギがノアを庇いベリアルの攻撃を受ける。ザギは気付いていた、長年連れ添ってきた・・宿敵ゆえに。ノアの心の変調を、それがノアの力に影を落としている事を。断末魔のザギが搾り出すような声でノアに訴える「明日を望め!」
ノアの内に再び光が、激しく爆ぜるように光が煌く!それを象徴するのはノアの翼。
「これは明日へ繋ぐ翼だ!・・我が宿敵、ザギから贈られた希望の翼!!」
いったい何時から囚われていたのか?心が解放されることによって、その姿がこれほども輝くのか。
ノアの姿はこれまで目にしてきた以上に神々しく、今まで見たこともないほど力強く、ベリアルがつけ入る隙など微塵も無く完璧。今まで私達に見せてきた姿はなんだったのか、これがノア・・・やっと本来の姿を見せたのかと。
ベリアルを圧倒してのち、横臥するザギに歩み寄るノア。
「一度だけだ・・」
先ほどのザギの台詞と同じ言葉をノアが返す。一度だけ、ザギに力を・・・

エピローグ
ジョーニアスが呼び寄せていた戦士がようやく戦場に辿り着く。ウルトラマンゼロ、ベリアルの気配を察知し、小気味良い啖呵をきる。現れたベリアル・・・あのノアにやられたのに、まだ立てるとは大したもの。手負いゆえにか先ほどより荒々しく猛り狂うベリアル。そんな姿も、ゼロを竦ませる事はない。いとも軽い言葉で挑発し戦いを仕掛けていくゼロ。
その二人の戦いを背景にして、また異なる場面が展開される。舞台両袖からゆっくりと歩み出るノアとザギ、いつものようにステージ中央で対峙し、そしていつものように拳を交える。ノアとザギ、ゼロとベリアル、二つの戦いは一時同じ空間で被さるが、決して交錯する事は無く、それぞれの未来へと分かれいく・・・一時代を築いた光と闇は、新たな光と新たな闇へと時代を譲る。

今回のショーはノアの再生の物語でした。それと二本立てで、光と闇を次世代へと引き継ぐ物語にもなっていました。詳細な台詞を省いていますから伝えられていませんが、次世代を意識させる台詞はノアだけでなく、ザギの口からも聞かれるのです。ザギは今まで自分がいた座から追い落とされる事を承知しているのです。それも構わないんでしょうね~ザギは。彼が望んで掴んだ地位ではなく、いつの間にか人々がつけた『闇の盟主』という称号に固執などない。ザギが求めるのはノアと戦い続ける事・・そしてノアが望むことは。いつか地球人が目にすることのない場所で、この両者の戦いに結末が訪れるのかもしれません。その場面を観たいと望むほどの欲は、幸い私にはありません。
ただ、もしも。クリエーター氏が何か閃いて、両者の新しい物語を描いてくださるのは、もちろん大歓迎します(^^)   

--------------------------------------------------------------------------

>ハーフムーンさま、ありがとうございました。

実はねぇ~ウルトラマンランドのスタッフルームで近日公開のアップがあったときも、
『煽っちゃってくれるねぇ、、』って思っていたんですよね、、、
むむむ、、、これは見に行かねば!!なんちゃって(^^;)

& 業務連絡ってことで、、、他モロモロは、また追ってメール致しますm(__)m

|

« 季節感&楽しさ加わり、バージョンアップ?ウルトラヒーローステージ♪>アリオ八尾「円谷ジャングル」 | Main | 親子対面?>ソーダ缶コーラ缶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 季節感&楽しさ加わり、バージョンアップ?ウルトラヒーローステージ♪>アリオ八尾「円谷ジャングル」 | Main | 親子対面?>ソーダ缶コーラ缶 »