« 小柳友くん、ココエあまがさきの舞台挨拶に来てくれてありがとう!!>『ウルトラマンゼロ超決戦!べリアル銀河帝国』 | Main | 今日の茶話>今年もあとわずか…年明けのショースケジュールが~!!(^_-) »

Monday, December 27, 2010

べリアル陛下のマントさばきはメッチャかっこよかったですわ♪>「ウルトラマンゼロ THE MOVIE~」

以下、少しネタばれで映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!べリアル銀河帝国』の感想を残したいと思います。

これからご覧になる方はネタばれにご了承お願いします。

冒頭の草原シーン。
一体どんな“メルヘン”が始まるのかと思いました(^^;)
なので、その直後の街が襲われているシーンの落差に
まずはビックリ!

引き続き、冒頭の草原を走っていたエメラナ姫を助けるために
登場するミラーナイトも声優さんの魅力も相まって印象的ですね♪

「アイタタ…(>_<)」マジ、悪いやっちゃでべリアルは、、、
しかしねぇ、、、
続いて見ていると、べリアルの爪の力にはこういう能力?も
あったんかいなと。

いやぁ~♪
光の国でのセブンとゼロの親子バトルは燃えます、
というか、親子でこれだけ戦えるというのも、人間に
とってはうらやましい、というか。。。鍛えてるんやねぇセブンは。

見知らぬ宇宙へと旅立つウルトラマンゼロの勇気は、
一体どんなもん?つーか怖くないんですかね~??
もっとも、見ている側では、超美しい空間です♪

いろいろあって、ランにゼロが合体?
目をあけるところから、ゼロになってます>ラン。
ナオに比較的早い時期から正直に言うところは、かなりOK(^o^)v
このあたりで、物語の概要をそれとなく説明しているのもいいですね。

ジャンバードのエメラナ姫への“お仕え具合”がほほえましいです。

海賊船は、「どや、子供向けやろ」的なお仕着せでなく、
普通に楽しいメンバーですね!

なんとなく、その海賊船にふさわしいキャラのグレンファイヤー(^^;)
話せば分かる、より前に戦いになるのは、やっぱり動物的?感覚を
見分けるためかな?
バトルはウレシイけど、正直子供達が真似できる決め技で
やって欲しい。
グレンファイヤーとの出会いから次の物語へ続く流れは、
スムーズでええですね。
ここでダークゴーネが初登場やったですかね?
グレン~の印象が強すぎて、ややゴーネの印象が薄まったかも?

ミラーワールド?へ入るまでの、ランの思い出?を知るゼロのあたりは、
今後の話の展開をよりよく分かるようにしてます&小休憩感もいい。

ひきこもり?なミラーナイトが楽しい(爆)
ゼロの強引な?引き戻しも、相手がミラーナイトならでは!?かも。
んでも、これで“桃太郎”のお供も勢ぞろい。
いよいよ“鬼退治”ですね~~♪

おっと。
それまでに、、、
宝探しも決着でした。
泣くかな?と思っていたシーンはそれほどでも。
まぁ、石像?でしたしね。

そうそう、ゼロのブレスレットから光が消えていってたことを、
チャンと見ていたエメラナ姫はさすがです!!
こういう細かなところに目配りができるのも、「姫」ならでは!!

この後の、べリアル陛下が登場して光の国攻撃の話やら、
出撃されるダークロプス戦隊やらは、やや駆け足で、
映画の総時間を振り分けないと仕方ないにしても、
ウルトラ戦士のバトルが少し足りない感じ。
光線技を見せるだけやったと思うし。

カプセルに収納されたラン姿のゼロをからかう?べリアルは
すっごく楽しそうでしたね~♪
あと、ナオやエメラナ姫の声に反応するゼロは、
たぶん、光の国での他のウルトラ戦士とも
いくらかリンクしていたのでは?
“戦う友”と力を合わせるのは、光の国でも
ココでも同じ。
それにしても、ゼロ=ランの涙で救出は、ちょぃ唐突で、
理解するのに頭の中で時間がかかった(^^;)

ゼロのバトルが楽しめる超?お薦め場面。
ホンマ、ゼロを演じる岩田氏は見栄えのするアクターさんですね♪
劇場のスクリーンで見ていても、スクリーンの大きさに負けない
カッコよさです!!

あとね~
アークべリアルなんですが、、、
なんかねぇ、顔の部分が我が家のニャンコが攻撃している時の
耳を後ろに寝かせ、目を三角?にしているときに似ていて、
『カワイイ!!』とさえ思ってしまうので、
ちょぃ凶悪感はなかったですね(^^;)

ゼロを握って遊んでいるところは、密かに笑ってしまいましたね、
ゼロが一寸法師に見えて。

終盤のバトルは、他のメンバーが頑張ってくれて、
いろいろ見せどころがあったので、
緊迫感は、物足りなかったかも。

そして、エンディングで。
パンフレットは読んでいなかったので、
タイトルに書いたべリアルのマント付きバトルの
華麗さにも驚いたけど、
エンドショット?のミラーナイトは、
てっきり魚眼レンズみたいに加工してあるのかと
思ったわ、まさか、ホンマにあれだけ反っているとは!!

全体の印象はとてもよかったです♪
子供向け冒険活劇になっていたし、
これまでのウルトラ映画で、子供主体の、
“あまりに子供主体過ぎる”映画より、ずっと爽やかでした。

ただね~・・・
この映画を何度も見に行く家族がいるか?というと、
う~ん。
ちょぃ難しいかも。
ウルトラファンの当方なので、多分いつも通りの回数は
見に行くと思う。
んでも、正直「ウルトラマンゼロ」の映画ではあっても、
「ウルトラマン」の映画ではない。
今後、新たに設立した?メンバーで新たなウルトラワールドを
見せてくれるとは思うけど、ウルトラマンファンとしては、
どこまでついていくかは、まぁ、自信ない。

新たなメンバーの魅力は十分感じるけど、
ウルトラマンをしのぐほど一般受けするかどうか??
作品の全体レベルは高いと思うんですけど、
とっても欲しい「大ヒット」には、飛び抜けたお薦め要因が
乏しいと思うんですよね。
ウルトラファンなので、
せいぜいまわりに“宣伝”はしますけど、
う~ん。
ゴメンナサイm(__)m

|

« 小柳友くん、ココエあまがさきの舞台挨拶に来てくれてありがとう!!>『ウルトラマンゼロ超決戦!べリアル銀河帝国』 | Main | 今日の茶話>今年もあとわずか…年明けのショースケジュールが~!!(^_-) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小柳友くん、ココエあまがさきの舞台挨拶に来てくれてありがとう!!>『ウルトラマンゼロ超決戦!べリアル銀河帝国』 | Main | 今日の茶話>今年もあとわずか…年明けのショースケジュールが~!!(^_-) »