« 読み応えたっぷりの報知新聞「ウルトラマン45周年」特別号 | Main | 今年は「ウルトラマンコスモス」も10周年ということで、、、(^^ゞ>過去ウルフェス鑑賞 »

Tuesday, July 26, 2011

静の勇気と、動のガッツと。さらに豪華配役の魅力満載のファミリームービー(^o^)v >『忍たま乱太郎』

最近どうも土日にパワーアップ出来ず、今の土日も「ウルトラ系」や、
「ヒーローショー系」は時間に追い付かず(←意味不明??)スルーすることに。

ようやく追い付いた時間に出来ることは、映画を見に行くこと位でした(^_-)

ほんでもって、チョイスした作品は、『忍たま乱太郎』(爆)
あはは~~ww
子供向け映画にばっかり行っているので、
なかなか大人向けの映画に魅力を感じなくなってるのかも??
と言いつつですね、
始まってビックリ♪見て驚き\(◎_◎)/(←いっしょやん^^;)
もう、楽しいだけでなく、主役達の忍たまをとりまく脇役陣の豪華なこと!!
しかも、
その脇役陣に見どころをそれぞれ割いていて、
特にカリスマ髪結い役の鹿賀丈史氏の場面などは、
短編ミュージカルを見ているみたい♪
忍たま達が学ぶ忍術学園の学園長を演じる平幹二朗氏は、
ぱっと見だれが演じているのか分からない位で、
しかも「ようやる~ぅ!!」という場面の連続♪
さらには、忍術のアクション場面もそれはもう、見応えがあって、
「お、おぉ~~ぅ!!」です♪

なんだか大人向けの見どころが先になりましたが、
「忍たま」のメイン3人衆=乱太郎、きり丸、しんべヱも、
まるっきしアニメの世界から出てきたみたいにそっくりで、
なおかつ元気♪
乱太郎を演じるトヨタこども店長の加藤清史郎君は
マジ、めっちゃカワイイし。
この三人衆が、これまた子役ながら非常~~によく演じていて、
終盤の乱太郎の「ガッツ」場面は、思わず引き込まれる程。
子供を持つ親が、もし、この場面に自分の子供をだぶらせて見るのなら、
涙なしには見れないはず。

そして、あんまり詳しくいうとネタバレになるので、
突っ込んでは言えないのだけど、
乱太郎の『動のガッツ』に対して、
火縄銃の名手、照星のアドバイスを受けながらも
“援護射撃”を放つ忍たまの虎若が見せる『静の勇気』
もまた、見応えがあります♪

学園長の「忍びとはガッツじゃ!」というセリフは、
まんま、「生きるということはガッツじゃ!」とも言えるし、
前へ踏み出そうとすれば、『静の勇気』も必要。
それにもまして、この映画を見ていると、
これらのガッツやら勇気が、まわりの仲間や家族&先輩諸氏の
見守っている中で発揮されることも、また確かだ、と思えるのです。

カワイイ&頑張る『忍たま』達から元気を貰えるのはもちろん、
『忍たま』だけでなく、まわりにいる子供達のよき先輩なる責任も
大人として感じながら、たっぷりエンターテイメントを堪能できる
映画でありました♪

長くなっているので、紹介は避けますが、
ホンマ、めっちゃ有名人さん達が出演してるんです(^o^)v

忍たま達の人気の土井先生もホンマ、アニメそのままで♪
上映時間もそんなに長くないので、是非一度ご覧ください(^^ゞ


|

« 読み応えたっぷりの報知新聞「ウルトラマン45周年」特別号 | Main | 今年は「ウルトラマンコスモス」も10周年ということで、、、(^^ゞ>過去ウルフェス鑑賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 読み応えたっぷりの報知新聞「ウルトラマン45周年」特別号 | Main | 今年は「ウルトラマンコスモス」も10周年ということで、、、(^^ゞ>過去ウルフェス鑑賞 »