« August 2012 | Main | October 2012 »

Monday, September 24, 2012

映画『ウルトラマンサーガ』のDVDで、サーガのサインをゲットだよん♪

光の国への帰還を控えて、あと何回アリオ八尾レッドコートの
ステージを楽しめるのやら、、、と、少々寂しい思いを持ちながらも、
ウルトラマンゼロ初登場の映画から命名された?レジェンド5のウルトラマン、
=初代ウルトラマン・ウルトラセブン・ウルトラマンジャック・ウルトラマンA・
ウルトラマンレオが活躍する、熱いステージを見にいってきました♪

P1080418ld5

ま、このステージの様子は追ってお伝えするとして(^^;)
今回の目的は、もうひとつあって、
円谷ジャングルで、今年の春公開された「ウルトラマンサーガ」の映画の
DVDをゲットすることでした♪

P1080437sgp

我が家的には、ここしばらく映画作品をブルーレイで購入していましたが、
何分、超?ハード的なねじれ現象(←あまり深く突っ込まないで^^;)の
関係から、今回は、お財布にも優しいDVDのBOXを購入することに(^^)b

と、、、
幸か不幸か、ジャングルの店内では、すでにブルーレイのBOXは売り切れとか!!
よかった、DVD希望にしておいて、、、♪
しかしですね、購入してみて「え??」だったのは、
まだ購入者が50名に達していなかったのか、
サーガサインイベント参加券をもらえたんですよね、ラッキー\(^o^)/

P1080434sgt

ということで、、、、
トリプルファイターにもサインを頂きました!!

P1080436zdct ←サーガのカードのウラはこんな感じ♪

え?サーガとトリファイの写真ですか!?
え、え、えっと、、、
それはまた、そのうちに。。。
しかしですね、
イベント列に並んでいたら、
直筆サインを書かなくていい時間に、
なにやら、トリプルファイターさんは、ファンサービス旺盛でして♪
MCのお姉さんに、
「ステージでは、『トリプルファイター オン ステージ!!』になってます、、、」
と、言われておりました(^^)

P1080424tr

帰宅後、早速メイキングDVDを見まして、、、
よくぞまぁ、「M'78」にちなんで、78本のメイキング画像を
チョイス&編集をされましたなぁ、、、と。
映画製作前から、映画公開後まで、
熱い戦いを続けて下さった制作の皆様方に、
感謝、感謝でございました♪

メイキング以外はまだ、チャンと見ていないんですけど、
パラパラとめくる特典冊子にも、こだわりが垣間見れて、
「よし、じっくり拝見~~(^^ゞ」と、
楽しみの時間が増えそうです!!
そうそう、ヒーロー達の活躍を応援している身としては、
各ウルトラマン達のピンチ場面の撮影メイキングには、
作りものであっても、ピンチに「嘘」のない、
危険な場面に身をおいて頑張ってくれていた
ヒーローキャストさん達と、もちろん、スタッフさんに
大拍手でございました(^^)v

本当にありがと~~m(__)m

| | Comments (0)

Wednesday, September 19, 2012

せっかくなので、保存しよっと~♪ >おかひでき監督の【ウルトラゼロファイト勇者ファイル】

『ウルトラゼロファイト』の最終回?を前に、
監督のおかひでき氏がツイッターで、
【ウルトラゼロファイト勇者ファイル】を
ツイートしてくださっているので、
とりあえず、今までのところ(9/16~19日分)を、テキスト保存しました。
ま、
自分があとで読み返したい、ということもありますしね(^^;)

続きがあるようでしたら、また追加します。>続きの「呟き」保存はこちら

よし、今夜が楽しみや!!

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその28】
小林雄次 脚本 グラシエ名付け親の百戦錬磨の作家 様々な無理難題を華麗に料理。最初に書いてくれた台本は毎回バトルの舞台が変わり各種ゼロの誰も知らない新必殺技が炸裂していた。すげー面白かったが「ゴメン無理」。ウルトラマン妹もらっちった

 
【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその27】
小林隆裕 アンダーグラフ社CG合成担当。一見ジゴロ風で危険な香り。けんどすっごいシャイな人。故に仕事は絶対外さない。微細なところを疎かにしない美意識に全幅の信頼。サロメ基地内部やサーガの光の国をやった男と言えばどんだけ丁寧かわかるよね?

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその26】
森津 永 編集助手 サーガで遠慮がちに大活躍の森津助手。つきあって5年になるがいまだに底を見せない。今回は5日間現場に詰めて、撮ったはじから全カットをPCに並べてもらった。これで皆がイメージ共有。地味だが大事な作業、森っゃん乙!

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその25】
金光大輔 プロデューサー 多分一番地獄を見た男。この人が胃に穴を空けながらラインを引いてくれたからなんとか軌道に乗った。本当に感謝。でも不満もある!ウルフェス演出作多数の男は中身にもっとからむべきだ。ともあれ初プロデュースおつかれ!

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその24】
湯本信一 応援助監督 越助監督と入れ替わりに現場防衛に着任。ウルトラQダーク…以来長く付き合ってきた後輩。サーガの時はチームU結成前のヤンキー設定を担当。モトヤンの強みで妙なこだわりを発揮してくれた。感謝!弱点 悪女に捕まりやすい。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその23】
澤田智恵 デスク 山のような各種連絡 現場での弁当セッティングや コーヒー補充 完成後は打ち上げ会場の手配に記念写真の配布などなどなど。こういう愛ある後方支援がいないと、戦う集団は前に進めなくなるんだよねー。澤田さんありがとう。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその22】
岡野弘之 出会った時はデスフェイサーの中の人。今やウルトラを支える殺陣師(たてし)。岡野さんはアクションの仕掛けや形で客を驚かせようとはしない。キャラがその時抱えた感情がどうほとばしるかに重きを置いてる。7話の切り結びは岡野演出。最高。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその21】
橋本賢司 スチル 媒体用の写真を撮り続ける橋本さん。物静かな初老の紳士。俺が円谷に来た時からずっと初老の紳士。…あれ?15年経ってますが。いつも黙ってらっしゃるが、良いと感じた部分を必ず言って下さる。その言葉に支えられる瞬間はやはりある

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその20】
後藤正行 ゼロの生みの親のスーパーデザイナー。赤青ゼロのデザイン、企画書添付のイメージボード、456話の画コンテ担当。ゼロの肩と胸の凹凸パターンはとても複雑だが、今回いっしょにコンテを作ってて後藤さんもよく覚えてないってことが判明。爆!

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその19】
越 知靖 応援助監督 サーガで初対面なんか細くて頼りなーって思ってたけど正直スマン!9人の子役たちを担当して辛抱強く演出してくれた男。DVDのメイキングでもその苦闘の断片がご覧いただけます。今回ゼロファイトのピンチに駆け付けてくれた

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその18】
福島龍成 グラシエの中の人。ダークロプスゼロから2年。成長を楽しみにしていた…のに「龍成、てめーセリフ忘れてんじゃねーよ!」のひと幕も。3話でグラシエが見せた「ラウンド2!」のお茶目ポーズは龍成オリジナル。任せたらあんなの演ってくれたw

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその17】
岩田栄慶 ゼロの中の人 そのヒップラインに熱い注目が集まる(らしい)。ひと言でいえばミスターストイック。不言実行の人。「今回の台本は難しい。結論から逆算して演じてますが、これで本当にいいのか迷いがあるんですよ」…素晴らしいじゃないか。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその16】
黒沢桂 企画 初めて会ったのはコスモスの頃。人柄の良い新人君だな…なんて思っていたがもう10年以上たったんだねえ。俺の過去の失敗やら何やらをよく知る円谷中堅世代の黒ちゃんは、いつも物静かにチームの弱点をだまってカバーしている。そんな男。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその15】
中山敬太 ダークロプスの時は日本映像クリエイティブのいち若手。今回は豊直康さんの右腕で大活躍。ぶっちゃけ2年前は「むむむ…」な部分もあったのだが今回文句ございません。1話のミラクルゼロスラッガーは豊氏のアイデアを中山敬太が形にした。乙

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその14】
品田冬樹 特殊造形 怪獣好きにとっては生き神様のようなお方。実はゼロは怪獣の魂を弔うため献花持参で怪獣墓場を訪れていた。その『宇宙の花』は品田さんが考え抜いて作ってくれた・・・のだが、インの前日にオミットした経緯が!ごめんなさーい!

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその13】
澗渕(たにぶち)隆文 特殊造形 古くはグリッドマンや東宝のモゲラを作ってた人。この人も仕事と人生の区別がついていないタイプでよく深夜に工房にいるんですな。今回は赤青ゼロの造形ほか、背景セットの岩や地面セットの製作、予算管理など超多忙、乙

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその12】
浅沼晋太郎 グラシエの中の人 岡崎Pの熱望でキャスティング実現!ゼロファイトは耳でも勝負します。浅沼さんは、キャラクターに託した狙いを理解するのが速かった。そしてめっちゃ膨らませてくれました。グラシエ最高!最終回もいいセリフ吐きますぜ。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその11】
足木淳一郎 効果・整音担当。選曲を含めた音の仕上げの責任者。円谷プロの様々なショーで培った知識とスキルを炸裂させてくれた人。今年のウルフェス2部や、昨年発売のヒットソングDVDなど演出作多数。次代のウルトラシリーズ監督のひとりかも??

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその10】
石井良和助監督 サーガでは特撮三池組のハンドリングを担当。仕事の鬼。この人の下はきついでー。ゼロファイト撮影5日間はこの人あって。フィルムセンターまで行って映画を探索するほどの映画狂。秘蔵DVDの総数は誰にも把握できない。弱点は奥さん。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその9】
松原朋広 12378話画コンテ担当。いつも通り監督自宅に泊まり込んでカンヅメで。撮影開始後に発生した大幅な直し分は現場に来て描いてもらいました。7・8話のコンテはもうめちゃくちゃ描きこんであるでー。これはいつかみんなに見てもらいたいなあ。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその8】
豊 直康 ゼロファイトの合成担当『日本映像クリエイティブ』社のスーパーバイザー。日クリさんの腕の冴えはSHTで皆さんよく御存知でしょう。今回も素晴らしいクオリティで作品を支えて下さいました!豊さんいつも無理言ってごめん!もうすぐパパだね!

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその7】
村山茂樹 撮影機材をレンタルする会社の人なのに、なぜか全身グリーンのタイツに身を包み怪獣のシッボの操演とかで大活躍だったなあ。「ウルトラハリケーンで吹っ飛んだレッドキング」の素材撮りでは回転台に乗せたスーツを汗だくになって7周半回した男。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその6】
金子康博 照明技師 今回初対面。ウルトラのライティングって本当に難しいのよ。でも金子さんすごい良かった!7話のゼロのアップの大胆な処理や8話のあれ(まだ言えない)など、初めてウルトラをやった金子さんだから手に入った映像だと思う。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその5】
寺井大介 コスモスのニューフェイスもいまや大御所。安心して任せておける中の人。俺は「寺井先生」と読んでます。目玉怪獣は好きに演ってもらいましたよ。寺井先生はちょっとだけ動いて心理を表現するのが上手い!今回は青いヒーローを渋く演じてます。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその4】
富田伸二 不可能を可能にするキャメラマン。この人の撮る画がどれだけカッコイイかは説明不要だろう。4話のゼロ対ニセゼロ戦なんてこの人じゃなきゃああはなってない。関わった監督は全員この人の腕前とタフな人間性に惚れる。弱点はパチンコ。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその3】
徳田良平 制作進行 怪獣達が暴れまくるステージ(平台)の製作から弁当の手配までなんでもやる男。やたら調子の良い「円谷プロの植木等」。昔は九州のウルトラマンランドでアクターをやっていた。その過去を買われて最終回では「中の人」もやりました。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその2】
岩畑剛一 毎回の「つづく」を書いた人。本業はアニメの演出やコンテだが頼んだら題字も書いてくれる良い奴。新ゲッターロボや鋼鉄神ジーグのタイトルも彼の筆。ゼロファイトでは30枚以上のつづくを書いた。弱点、大学の後輩なので体内に服従回路が存在。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその1】
岡崎聖 言い出しっぺ。ゼロをタイプチェンジさせた張本人。とにかく熱いアイデアマン。徹底的にこだわるプロデューサーで、台詞のひとつひとつ、選曲、効果音に至るまで吟味し抜く「もうひとりの監督」。少年マンガ路線はこの人のアイデア。弱点は痛風。

【ウルトラゼロファイト勇者ファイルその0】…いよいよ最終回目前のゼロファイト。この作品を作り上げた勇者たちを本人に無断で紹介しちゃうぞ。ゼロファイトは、こんな奴らが寄ってたかってつくってていたんだよ…ってお話。最初に登場するのは…

| | Comments (0)

Tuesday, September 18, 2012

今年もまた♪近鉄の「ウルトラマン列車」で秋の吉野路へ\(^o^)/ ~告知~

昨年も行われた、近鉄電車を利用した「ウルトラマン列車」の旅、
秋の吉野路へ~~♪

ということで、
今年もまた、アチコチの告知ポスターが貼られていました。

近鉄八尾駅を降りた時から目についていたのですが、
円谷ジャングル内でもバッチリと♪
もっとも写真は撮り忘れ(^^;)

今年は、11/18(日)に実施ということで、
吉野山の紅葉は如何に??

詳細は、近鉄の こちらサイトに載ってます。

昨年は、「あっという間」に売り切れたみたいでしたから、
参加の方はお早めに(^^ゞ

以下、昨年のコピペですが、、、(^^;)

p.s. ☆あ、もし、もしも、ですよ。。。
最少催行人員に少し足りない、とかいうのでしたら、
それらしき募集告知をジャングルとかのブログとか、
ツイッターとかで
お声掛け頂ければ、参加いたしますんで(^^ゞ

| | Comments (0)

Tuesday, September 11, 2012

ウルトラマンフェスティバル2012「ウルトラライブステージ」第2部~ウルトラマンゼロ 切り開け俺たちの明日~

★ご訪問ありがとうございます、レポの続きが出来ていませんが、完成したら、この部分でお知らせしますm(__)m

すっかり遅くなっていますが、
なんでもウルフェス2012の第2部のステージが
12月にDVDで発売されるとかで、
それはそれでメッチャうれしいのですが、
やっぱりDVDになってから見る前に、
今年の夏の印象でレポを残しておきたいと思いまして、、、(^^;)

超簡単ではありますが、
個人的な感想をお伝えしたいと思います。

長くなりそうなので、途中までで「続く、、、」となるかも・・・(汗;;)

では!!

今回はショー会場に入って会場内を見渡すと、、、
なにやら「??」なものを
いくつか目にしました。

一つは、全く表情のない、彫刻のように白い顔が、
ステージに向かって右端の上部に静かに鎮座しておりまして。
もうひとつは、
なんだか布を着せたようなフレームが左右前の方にいくつか、、、。

「ふ~ん、ショーに使うのかな??」と思っていたら、
ショー開始直後から、その白い顔が表情豊かに話し始めました\(◎o◎)/

P1070952jk

もっとも、このしかけはどこかのテーマパークですでに見たことがありましたけどね(^^;)

さてさて、この顔の口上台詞は忘れてしまいましたが(^^;;;)
ステージ上に3体の怪獣が出現し、客席を襲おうとするのに、
ゼロが登場♪
例の、「ウルトラゼロファイト」の初回冒頭の登場シーンと同じ、
『さすらいのゼロ』姿であります!!

P1080076zga

ノーマルゼロ、青ゼロ(ルナミラクルゼロ)、赤ゼロ(ストロングコロナゼロ)の
それぞれのバージョン?で3体を倒すのですが、
ここでは紗幕を利用し、青ゼロでは幕の上を自在に飛び回り、
赤ゼロでは、幕上の映像で怪獣を遠く宇宙までほおり投げ?
留めを刺していました♪
ヘタに(?)ワイヤーアクションを見せて(若干?)しらけるよりは、
この表現の方が、かなり気分的に盛り上がります(^^)v

P1080080rzro

で、この顔だけの敵ですが、
自らをとりあえず、ジョーカーと名乗り、ようやくショータイトルが
お目見えとなります。
この写真のショータイトル、実は、トランプ?カードが映像上で、
ワラワラと動き、ショータイトルに繋がる映像でして、
次々と繰り出される敵陣が、いうなれば、勝負カードだったって
ことになるんでしょうかね~~?

P1080020titl

ということで、次もステージに敵陣が登場!!
迎え撃つは、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、そして、
客席中ほどの通路にはウルトラマンレオ♪

最近のステージでは、時々通路上のバトルとか、
メインステージ以外に設営されたサブステージとかで
バトルの展開がありますが、
これは、メインステージから遠く離れた客席でも
近くで迫力あるバトルが楽しめる可能性も増えて、
これからも使って欲しい演出ですね(^^ゞ

まずは、レオが勝利したあと、
セブンが、幼児誌のコンテストで採用された
ウィンダム強化版?を使い、敵と対戦!
しっかし、いつものウィンダムに戻ったのか、
あっちゃぁ~(>_<)な仕草をセブンが見せて、
ウィンダムに補助。
無事、敵を倒し、続いてギギの術にかかったかのように、
ウルトラマンナントカ体操を無理強いされたジャックが、
敵に手を焼く(^^;)

いや、しかし、これは楽しい♪
無理やり体操をさされながらも、なんとか敵に攻撃を
加えようと頑張るジャックに、
ちびっこも大きなお友達からも笑い声を含んだ声援が!!

その操られている術を遮るようにゼロが登場し、
そこからは、一気にジャックの見せ場(^^)b

無事、敵を倒し、セブン・ジャック・レオと合流してゼロは、
大切な宝=キー?を盗まれたと聞く。
そこへまた、怪獣達。
今度はセブンら3戦士が異空間?へ閉じ込められ、
ゼロは彼らを探すことになる。

この異空間?へと巻き込まれる3戦士も、紗幕を利用して、
ゼロのいる空間との区別を表わしていて分かりやすかったですね♪

で、敵とのバトルに向かった?ゼロをフォローすべく、
セブン達を探しに登場するのが、
ステージに現れたグレンファイヤーと、
客席通路に登場のミラーナイト。
グレンが、地球上を探すと言っても、広過ぎると
文句を言いながら探していると、、、
グレンの持つ炎が、冒頭に紹介した、フレームに反応して、
セブンの姿が現れる!!
このあたりも、グレン君が楽しく探してくれて、
客席のちびっこ達からも、自然に「うしろ~~!」とか、
お手伝いの声が♪

★以下、続く~~m(__)m

P1080002z4th

*

P1080088zg

*

P1080095zdz

*

P1080101kg

*

P1070987zkg

*

P1070989zro

*

P1080102zrok

*

P1080111vs _P1080114z

*

P1080116zdyna _P1080117zcos

*

P1080118z7 _P1080119zman

*

P1080120zbe

*

P1080122zsg

*

P1080124zsg

*

P1080135sga

*

P1080145pre

*

P1080147pre2a

| | Comments (0)

Sunday, September 02, 2012

夏の終わりを花火で♪ってなんだかいいですよね(^o^)v

P1080251wmc

和歌山マリーナシティのゴーバスバトルステージの楽日を前に、
ようやく見に行って来ましたですよ(^^)b

って、タイトル↑とちゃうやん、、、(^^;)

P1080316hanb

★あ、タイトルはウルトラマンランドのスタッフルームでの
花火イベントの告知内から、一部拝借(^^ゞ

突然、当日になって、新聞記事から花火情報を入手♪
で、
場所がWMCからの帰途に立ち寄れるところだったので、
見てきました(^^)

P1080338habi

なんでも、財政難の「市」のイベントに代わって、
市民がお金を集めて開催にこぎつけた、とかで。

長年使っているカメラなので、キレイには撮れません(^^;)
そろそろ買い替えかな、、、
もっとも、
生目で見ている方が、よりキレイで花火大会を楽しめます♪
適当に、終わったのかなぁ~(?_?)と、おもって電車に乗りに行ったら、
最後の大花火が上がったところで、、、
列車の中からみた、盛大な花火がいちばんキレイでしたよ(^_-)

ま、ヒーローショーをビデオで撮るのに一生懸命になるより、
生目のステージを楽しんだ方がいいのと、似ていました(^^;)
↑オチ(^^ゞ

p.s.顔(^_^)の形↓とかに打ち上げることが出来るんですね~♪
       横向いていますけどね、、、ワカルかな??

P1080351fce

【おまけ】

レポも是非書きたいステージでした(^^)b
↓ショーの一場面

P1080238goba

| | Comments (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »