Monday, February 02, 2009

大人向け?見応えあり!!の「仮面ライダーG」でしたね~(^o^)v

テレビ朝日開局50周年?とかでSMAPのメンバーが登場のスペシャル番組で、
稲垣吾郎君がライダーを演じる「仮面ライダーG」が放送されました。

いやぁ~なかなか見応えありの作品に仕上がっていましたね♪

物語は、
TV朝日の局を占拠して、捕らまえられている悪の組織、
シェードのボスの解放を求める上地雄輔率いるメンバー達。

彼らは生放送中のスタジオで
犯行声明を読み上げるべく稲垣君演じる5番目のメンバーを指名した。
その彼を見て、たまたまその番組でワイン紹介中だった
元彼女の釈由美子演じる惠理は驚く。
彼女は吾郎に呼びかけるも反応なく、吾郎はまるで記憶喪失のよう。
だが、犯行声明を読み上げた吾郎に再度、
今度は「ワインを飲んで!!」と呼びかける惠理に反応する吾郎、、、と!!
ワインを手にして一口飲んだ吾郎に変化が!!!

吾郎の中でフラッシュバックのように過去の記憶が蘇り、
そこで視聴者に分かるのは、彼と彼女の仲や、吾郎が改造人間にさせられていたこと。
当然、吾郎は惠理を連れてその場を立ち去ろうとするのだが、
次々と現れる敵陣達(この中に前作ライダーに出演していた次狼もいたりする)。
人間体で彼らに立ち向かうも、ビルの屋上でリーダーの上地が遮ったりする。
さらには悪の組織メンバーも怪人達に変り、吾郎を襲う。
で、ビル屋上から落とされる吾郎だが、、、
地上に“着地”した場所には「G」のひび割れが、、、(爆)
でぇ、ついには、変身!!
これがまた、“ソムリエ”の吾郎にふさわしく、変身アイテムは
ワイン。
んでもって、ライダーベルトに装着すると、
ワインが全身に行き渡るかのようにライダーに変身する!!

う~ん、よく考えてあるやん(喜)
しかも、武器がワインオープナーやったりする(^o^)

しかし、惠理は上地に捉えられ、ヘリにて逃走。
で、バイクで追うG。
このあたり、メッチャ映像が豪華?
しかも、Gはバイクごと、ヘリに激突!!←おぃ、惠理まで殺すなよ、、、と
突っ込みを入れたほどでしたが、
無事、惠理を抱かえて救出。

怪人上地との対決となる。
苦戦するGに、ディケイド&平成ライダーが総登場!!
「この世界は君が守るんだ」←やや、アヤフヤ(^^;)とか言って、
それぞれのライダーから励ましの言葉を受ける。

で、最後はもちろん、敵をやっつけ、終了。
惠理はGが吾郎かどうかを僅かに?気にしつつ、
Gこと吾郎が改造人間としての運命?を認識しつつ、
惠理への愛情も表して終了。

て、いうふうの作品でした。

いやはや、なかなか好作品でしたよ♪
何かの機会に続編が出来ることを期待します!!

それにしても、50周年やから、とは言うものの、
SMAPやから、とは言うものの、
なんちゅうか、こういう作品が作れちゃうという
ライダーの皆さんの底力にビックリ!
いやぁ~!!是非、ウルトラマンででも、
こんな番外編が作れますように!!!

| | Comments (0)

Sunday, September 10, 2006

劇場版映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」

今日、9月10日に大阪で行われました「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の映画試写会に行って来ました♪

正直言って、今までの映画で初見の時に「こりゃぁ、ええっ!(^o^)v」と思ったことはあまりなく、満足はしながらもなにかしら物足りなさを感じていたのが大半だったのですが、今回の映画は、ここ10年でいっちゃんええ!(かな?^^;)と言える作品でした!!

なんせ、まだ公開していないので、ネタバレを避けていえば、全編を通していえるスピード感、それに、サクサクと進むお話、わかりやすい内容。さらには歴代ヒーローの登場や描かれ方が適度、なにより、「熱いウルトラマンワールド♪」。また、随所に楽しい演出やファンがニタッとするシーンとか、全編がよく練られた構成になっていたと思います。

客席の反応もよく、チビッコにしてはよく知っているなぁ~という突っ込みや賞賛の声も上映中にアチコチから聞こえ、特にエンドロールでの盛り上がりはチョットびっくりの歓声でした(^o^)しかも、そのエンドロールが終わった後にちゃんと客席から拍手が!!近くではオカーサンの「よかったなぁ~♪」という感想も聞こえ、主催者さんには手応えを感じられるウレシイ試写会になったのではと思いました。

見ていて思ったのですけど、この映画、実はウルトラヒーローショー好きの当方には、まったく、ショーを映画で見ているような展開で、それがまた満足度を上げていました。
子供の使い方も今のウルトラマンメビウスを見ている子供達と等身大の描き方をしていて、ショーでは客席からもらう「ガンバレー」を映画の中ではこの子供から貰っていました♪

しっかしですね、ヒーローショー好きだからこそ、苦言も。
前の映画でもその前のレジェンドが出た映画でも言ってますが、映画の制作者さんは、ウルトラマンの見た目のカッコよさは度外視のようです。
まったくもって、普段TVとかショーステージとかで見ているウルトラマンのカッコよさはありません(+_+)たぶんそうだろうと思っていましたが、メビウスを演じているのはゼアスの映画からずぅ~とウルトラマンで出演を続けている彼だったはず。エンドロールで確認のつもり^^;)で、主役のメビウスを引き立てるためにか、他のウルトラ兄弟もスタイルはカッコよくない。ただですね~そのあたりの突っ込みどころがスーツアクターさんの上手さとか、CG画像とかによって、随分と目立たなくなっていて、すんなりバトルシーンを楽しむことができちゃったのです(←おぃ^^;)

つーことで、以下ネタバレをコメント欄に別記します。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Friday, June 11, 2004

ウルトラQ「dark fantasy」>午前2時の誘惑

nif.line.re.gif

この番組が始まって、しばらくはなぜか、人が消える話ばっかりで千早村にとってはチト、イマイチ、、、が続いていたのですが、前回の「ウニトローダ」で久々にヒット♪んで、このお話も結構好きでした~(^o^)v

まぁ、何が気に入ったかというと、通販マニアの彼女の気丈夫さというか、パワフルさ、というかこれには一面女性がもつ「怖さ」も含んでいるようにも思うんですけど、自分の欲望が身の回りで起こった不思議な事に勝ってしまっているという点。ふつう、不気味だわな、これは。でもそんな事を全然異ともせず、若返った自分を楽しんでしまう!
う~ん、こうやって書いていると、このお話の一番怖い点は、お話の中だけに起こる怖さではなく、この物語の女性がたぶん、今のこの世の中にも存在するだろう、という怖さかな、、、、(爆)
あぁ~~、この感想文読んだ女性の方、「石投げないで~~」(^^ゞ

nif.line.re.gif

| | Comments (0) | TrackBack (0)