Monday, August 01, 2011

「ウルトラ・ファイト・クラブ U-1」チャンピオンベルトの行方は、、、(^o^)v>ウルトラマンランドのレポを頂戴しました♪

今年の夏休み、熊本の「ウルトラマンランド」で開催中のイベントレポを
ハーフムーンさまより頂戴しました♪

Land0721_1
*↑上記写真はウルトラマンランドのスタッフルームさまより、お借り致しましたm(__)m

「ウルトラ・ファイト・クラブ U-1」の優勝者ベルトは、さて!?誰の手に!!

ということで、

レポはこちら↓に。

http://8134.teacup.com/chihayamura/bbs

また、この時の優勝者の写真は、こちらに↓

http://m78fan.cocolog-nifty.com/photos/hmphoto_2011/ufc_15.html

どうぞ、お楽しみ下さい(^^ゞ


ハーフムーンさま、レポありがとうございましたm(__)m

また、「ウルトラマンランド」の夏休みイベント詳細は、
こちら↓にてご確認お願い致します。

http://www.ultraman-land.jp/event/

| | Comments (0)

Monday, November 29, 2010

ウルトラマンランドのイベントレポートを頂戴しました>『ウルティメイトフォースゼロSPイベント』

ハーフムーンさまよりウルトラマンランドで11/20に行われました、ウルティメイトフォースゼロのスペシャルイベントのレポートが届きました♪

以下、お楽しみ下さいm(__)m

&ハーフムーンさま、レポートありがとうございました(^^ゞ

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

2010年11月20日 ウルトラマンランド 
『ウルティメイトフォースゼロSPイベント』

一年前の話。昨秋もウルトラマンランドでは、映画公開前のイベントが開催されました。
ウルトラマンランドにおいて、ウルトラマンゼロが初登場!のイベント。
ソレがかなりのボリュームで、内容も心から満足させられたものでした。

一年前の秋にそんな事があったものですから、今秋も『映画宣伝イベント』をやると知って、期待が膨らんでしまってですね(^_^;)
この度のイベント、バトルショーの時間はとても短く、量的な満足感は一年前に及びませんでした。
しかし『九州初登場』と銘打つだけあって、初めて出会うモノを紹介されるという点での満足感は高かったです。
正直ビックリするくらい、各キャラクターのイメージが焼き付けられました。

101120sp__01__2

【あらすじ】
カイザーベリアルが遣わした怪獣軍団(大きい怪獣さん3体)登場。
これに挑むゼロ、しかし多勢に無勢でピンチ!
そのピンチに駆けつけたグレンファイヤー・ミラーナイト・ジャンボット。
怪獣軍団相手に3者3様のバトルを見せる。
ピンチを脱したゼロも加わり4者で怪獣達を圧倒。
その後は、応援してくれた子供達との握手会を開催してくれました。

繰り返すのも嫌味ですがm(__)mバトルショー自体はとても短時間でした。
「えっ!終ったの・・!?」と呆気にとられるほど。
ですが、その間はホントに楽しかった!その上、ショーの後もとても楽しかったですよ^^)

新ヒーローの中で最初に登場したのがグレンファイヤー。
背中から出てきて静止する、その背に観客席は注目しているわけです。
そこから振り返って決めたグレンの仕草(頭の炎を両手で撫で上げる仕草)は、
おそらく観客席皆の気持ちを一気に掴みました。
そこから怪獣に向かう姿も、台詞はないのに『腕がなるぜ!』と言っている声が聞こえるよう。
この仕草、この時の彼の表現で、観ている側にキャラクターのイメージが伝わった・・というか
焼き付けられた。サービス心旺盛でお調子者で、男気に溢れた熱いヒトなんだわ。

その次がミラーナイト。
つるりとした外見からそのままイメージする、洗練されたクールな戦いぶりでした。
独特の立ち姿を終始維持し、子供達の声に応えて手を振るのも、控えめで且つスマート。
でも冷ややかに見えたわけではないです。騎士の振る舞いとして相応しい。

3番目がジャンボット。
スペック等は全く知りません。それで初見の印象・・というか、最初に頭に浮かんだのが、
「ランドで一番身長が高いアクターが演じている」
外見重視で配役したのか?動きはややぎこちなく、そちらの方で認められた訳ではない気がします。
でもそのぎこちなさもロボットとしての味に繋がっていました。(後ほど紹介)
バトルでの怪獣3体と力比べして押し勝つ姿は(怪獣さん達が芸達者で、この場面の作り方大好き)
『鋼より強く』の謳い文句のように、パワーを見せつけるものでした。

この『謳い文句』
ウルティメイトフォースゼロの各人の登場時の紹介は、いつものMCのお姉さんではない、
プロレスのような口上が入りまして、コレがまたイベント感を盛り上げ面白かったです。

映画の主題歌がイベントのテーマソングとして使用されていて、初めて聞くことができました。
使い方の上手さでしょうか、初聞きで好意的に受けとめられました。
その主題歌とは別に、グレン・ミラー・ジャンそれぞれのテーマソングがあるのでしょうか?
各戦士の戦闘シーンでは、それぞれで異なる楽曲が当てられていました。
ボーカルも聞こえる曲で、そのどの曲も始めてでしたが主題歌と同様、好感でした。
ランドのショーでは耳からの満足感も高くて、いつも嬉しく思っています。

さて、イベント自体は短い時間で終りました。
しかしケエコお姉さんも予告してくれましたように、この新ヒーロー達は
表でのグリーティングも行ったのです。

101120sp__05_gf_2

12:30のこのイベント直後は、グレンファイヤーが再登場してグリーティング。
先ほどのイベントで受けた印象・・サービス精神旺盛でややお調子者・・が
ココで更に上乗せされました。
色紙を持ったお子さんがグレンにサインを求めます。
残念な事にウルティメイトフォースゼロの新戦士の面々はサインが出来ないそうで。
付き添いのスタッフさんが申し訳なさそうに、お断りしていたんです。
で、当のグレンも本当に申し訳なさそうに、ジェスチャーも加えてお子さんに謝っています。
『ゴメンな~俺、地球の字が書けないんだ』とでも言っていたの?
両手を合わせてゴメンする、その態度がホントに憎めない。
グレンさんは好感度ナンバーワンでした。

101120sp__09_m_2

13:30からの『ラッキーエントリー&ウルトラ戦士ふれあいタイム』の際には、ミラーナイトが登場しグリーティング。
隙の無い立ち姿はどこか近寄りがたく、剣のようでした。

101120sp__11_j_2

14:30からのライブステージ終了後は、ジャンボットの出番。
間近で見ると、メカニカルな身体に興味がわきます。
慣れ親しんだウルトラ戦士とは全く異なる姿が新鮮。
で、掌もとても大きくてパーツでゴツゴツしているのですね。
比して、握手を求める子供さんの手はとても小さくて。
長身を屈めて、小さな手を怖々と握る。
たどたどしく見えるその振る舞いも、ロボット故に不慣れなのかなとか、
同時に彼が持っているであろう優しい心も表しているようで、
ジャンボットのグリーティングはとても微笑ましく楽しく見られました。

101120sp__14_jh_2

さてコレで3戦士が一回りしましたね・・
16時の平日ショー(ちなみにゼロ&ダイナのショー)後はどうなるんだろう?!ワクワク。

16時のショーのサイン会を終えステージから退場するゼロを見送って、エントランスに出ると・・
期待通り、ウルティメイトフォースゼロの揃い踏みでした!

101120sp__15_out_3

ゼロはあのまますぐに出てきてくれたのですね。
ゼロの頑張りとお客の期待を裏切らないランドに、最後まで満足させてもらいました。
時間とか量とか内容とかの満足感は、通常のライブステージの方で。
それはまた別な機会にm(__)m

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

| | Comments (2)

Wednesday, August 18, 2010

お知らせ>『ウルトラマンランド』~地球救出大作戦~の一部ネタばれレポを頂きました♪

九州のお友達さんにウルトラマンランドの夏の様子をお伺いしていたら、
紀行(寄稿)館bbsにちょぃネタばれありの(*注)レポを頂戴しました!!

よろしければ、どうぞ~!!
これから見に行く方には見どころが分かってウレシイかも♪
そういえば、あと2週間でこの公演も終わりですね、、、

☆レポは、こちら!!

| | Comments (0)

Sunday, February 14, 2010

レポ転記>ウルトラマンランド平日ショー『明日へ繋ぐ翼』

ハーフムーンさまより、「カフェ」(掲示板)へレポを投稿いただいたのですが、
せっかくなので、こちらでも転記して紹介致します。

--------------------------------------------------------------------------

>ご覧になる皆様
肝となる場面はあえてボカシタ書き方をしたつもりです。それでも結構なネタバレになっています。紹介したい気持ちと、現場で観ようと考えている御方にはまっさらの状態で観て欲しい、そんなジレンマを覚えるステージです。

=ウルトラマンランド平日ショー『明日へ繋ぐ翼』=

ノアとザギの戦いをこの眼で見る事が出来るのは、今回が最後の機会なのかもしれません。
この両者の戦いは、2004年以来幾度も目撃してきました。それら機会に『もう二度と見られないんじゃ!?』と焦ったこともありました。はたまた『・・きっとまた帰ってくる』と予感して待ち望んだこともありました。しかし今回のような『最後』を感じ、しかもそれで良い・・と思ったのは初めてです。
この『最後』について。
両者の戦いに決着がついたわけではありませんし、両者の因縁・・いつ果てるともなく戦い続ける宿命・・も変わりありませんでした。・・ん~少し変わったかもしれない。ただ、これからの両者の戦いは地球人の目から隔たれた場所で繰り広げられるのではないかと。もしかしたら思いがけない決着を迎えるのかもしれませんが、その結末を私達が知る必要はないのでしょう。
私のこの感想が見当違いなもので、両者を再びステージで見る事ができれば、それはそれで幸いであります。が、本当にコレが最後の機会だったとして、私にはコレが最後だったとして。今回のステージに非常な満足を覚えました。満たされた気持ちで両者を見送ることができました。
期間末までもう幾度か観る機会があると思います。一回々々をしっかと堪能したいと思います。

今回の物語はノアが主役です。過去に観てきたショーではザギのキャラが強く現れて『どっちが主役!?』とあきれる事も度々、その上ザギは単独でも闇の盟主として活躍するので、やっかんでしまいました。ノアを主役に据え辛いのは、キャラクターが揺らぐことがないからかしら?迷う事も若気の至りも無かったから??
それがですね、今回のノアはですね、序盤から病んでいるのです。長く続いた、そして終わりの見えない戦いに厭いているのです。『明日など来なければよいのに』まるで鬱を患う人のような独白。
これまでの経緯を考えれば気持ちを保ってることに感心するくらいでしたが、それにしてもこんなノアの姿を目にする日がこようとは・・・こんなノアは見たくない。

心を病みながらもザギと対峙し続け、しかも新たな闇の登場に、ノアは我が使命を全うすべく力を尽くす。その手段として、ザギの力を借りることを求める。
「!?」もちろんつっぱねるザギ。
新たな闇・ウルトラマンベリアルはノアにもザギにも牙を剥く。ベリアルの力に両者は敵わない。
ザギの力も軽くなってしまったな・・そういえば過去にもあったな。イーヴィルを、ザギが片手で捻るようにしてあしらったあの夏。その後に新たな光の戦士が現れても、ザギの座を揺るがす悪役はなかなか現れなかった。ゆえにザギはあの夏の後も長らく闇の盟主の座を保ってきた。そこにベリアルの登場。ベリアルとザギを比較する気はさらさら無いが、世の中は序列をつけるもので、ベリアルが上座に着くことになったようなので。光が受け継がれていくように、闇も代を変えていくのですね。

おっとノアに目を戻すと。
病んだ心で戦ってきたノアは、その身体までもボロボロになってしまう。あえて詳しく描写はすまい、あの姿は・・観ていた私の片肺が潰されたような息苦しさを覚えました。
両者を打ち倒して次の標的を捜し立ち去るベリアル。詰めが甘い、ザギが息を吹き返す。ザギは傍らに横たわるノアに驚愕し、その息を確かめる。「まだ息がある」・・なにやってですか~!!と叫びそうになりました。
ベリアルを追っていたウルトラマンジョーニアスがタイミングよく駆けつけたので、ザギはノアの事を託して去る。ジョーニアスによって一命を取り留めたノア、その第一声が「!ザギは!!」・・アナタもそうなのか~!!!とまたまた叫びそうになりました。
両者のことは薄々感付いていましたが、こうも露骨に見せつけられると、ドウシテ良いやら困ります。

ザギが先に去ったのはベリアルを追うため。何が目的で?
ノアは万全ではない身体で、ジョーニアスの静止をおしてザギとベリアルを追う。何を為すため?

登場順が前後してごめんなさい。
ジョーニアスはすでにベリアルと一戦交えており、自身も手ひどいダメージを受けていた。態勢を整えるべくノアに共に後退するよう説得するも、ノアの思いを酌んで送り出す。その上で、すでに呼寄せてある助っ人戦士に通信を送り急かせる。早く来い!ベリアルを倒すことの出来る戦士よ、一刻も早く!!

再びベリアルと対峙するザギ、そしてノア。
「・・何をしている、さっさと構えろ!」
ザギがノアを促す。先ほどノアが望んだことを。
「一度だけだ!」
しかし新たな闇の凶悪な力の前に、またも倒れ臥す両者。
ココの戦いもあえて描写しません。涙無しには語れませんから。現場で観られる方はどうぞご堪能ください。
ザギがノアを庇いベリアルの攻撃を受ける。ザギは気付いていた、長年連れ添ってきた・・宿敵ゆえに。ノアの心の変調を、それがノアの力に影を落としている事を。断末魔のザギが搾り出すような声でノアに訴える「明日を望め!」
ノアの内に再び光が、激しく爆ぜるように光が煌く!それを象徴するのはノアの翼。
「これは明日へ繋ぐ翼だ!・・我が宿敵、ザギから贈られた希望の翼!!」
いったい何時から囚われていたのか?心が解放されることによって、その姿がこれほども輝くのか。
ノアの姿はこれまで目にしてきた以上に神々しく、今まで見たこともないほど力強く、ベリアルがつけ入る隙など微塵も無く完璧。今まで私達に見せてきた姿はなんだったのか、これがノア・・・やっと本来の姿を見せたのかと。
ベリアルを圧倒してのち、横臥するザギに歩み寄るノア。
「一度だけだ・・」
先ほどのザギの台詞と同じ言葉をノアが返す。一度だけ、ザギに力を・・・

エピローグ
ジョーニアスが呼び寄せていた戦士がようやく戦場に辿り着く。ウルトラマンゼロ、ベリアルの気配を察知し、小気味良い啖呵をきる。現れたベリアル・・・あのノアにやられたのに、まだ立てるとは大したもの。手負いゆえにか先ほどより荒々しく猛り狂うベリアル。そんな姿も、ゼロを竦ませる事はない。いとも軽い言葉で挑発し戦いを仕掛けていくゼロ。
その二人の戦いを背景にして、また異なる場面が展開される。舞台両袖からゆっくりと歩み出るノアとザギ、いつものようにステージ中央で対峙し、そしていつものように拳を交える。ノアとザギ、ゼロとベリアル、二つの戦いは一時同じ空間で被さるが、決して交錯する事は無く、それぞれの未来へと分かれいく・・・一時代を築いた光と闇は、新たな光と新たな闇へと時代を譲る。

今回のショーはノアの再生の物語でした。それと二本立てで、光と闇を次世代へと引き継ぐ物語にもなっていました。詳細な台詞を省いていますから伝えられていませんが、次世代を意識させる台詞はノアだけでなく、ザギの口からも聞かれるのです。ザギは今まで自分がいた座から追い落とされる事を承知しているのです。それも構わないんでしょうね~ザギは。彼が望んで掴んだ地位ではなく、いつの間にか人々がつけた『闇の盟主』という称号に固執などない。ザギが求めるのはノアと戦い続ける事・・そしてノアが望むことは。いつか地球人が目にすることのない場所で、この両者の戦いに結末が訪れるのかもしれません。その場面を観たいと望むほどの欲は、幸い私にはありません。
ただ、もしも。クリエーター氏が何か閃いて、両者の新しい物語を描いてくださるのは、もちろん大歓迎します(^^)   

--------------------------------------------------------------------------

>ハーフムーンさま、ありがとうございました。

実はねぇ~ウルトラマンランドのスタッフルームで近日公開のアップがあったときも、
『煽っちゃってくれるねぇ、、』って思っていたんですよね、、、
むむむ、、、これは見に行かねば!!なんちゃって(^^;)

& 業務連絡ってことで、、、他モロモロは、また追ってメール致しますm(__)m

| | Comments (0)

Sunday, August 05, 2007

ウルフェス2007

ハーフムーンさまより、お写真を頂戴しました。

070804_11080001

★「わっ!!アイスラッガーに当たるかと思たやん(^^;)」by千早村

*ハーフムーンさま。
 あまりの迫力?にアップしちゃいました~^^;)>ご了承くださいまっせ~m(__)m

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, March 29, 2007

アリオ八尾・円谷ジャングルにウルトラマンノア登場♪

円谷ジャングルでは春休み期間、フォトプリントヒーローにウルトラマンノアが登場しています!

りーままさまより早速お写真を頂きましたのでご紹介します。

久々のノアですね~10月1日の貝塚ジャングルファイナル以来。
今度はぜひ、ステージで戦って欲しいものですね♪

Img_2264

*

Img_2266

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 16, 2007

ウルトラマンランド「節分イベント」♪

ハーフムーンさまより、2月4日に行われましたウルトラマンランド「節分イベント」の報告が届きましたのでご紹介いたします♪

06seisou_1

今更の感もありますが、2月4日(日)開催の節分イベントの報告です。

【節分イベント『初めての豆まき』】

タイトルはどこに行っちゃったんでしょう?なイベントでした。
てっきりメビウスがあ~んな事やこ~んな事をやらかすのかと思ってワクワクしていたんですが、地球(つか、ランド)滞在もそろそろ一年になるメビウスですから、しっかり予習をしてきたようで(先生はウルトラマンだったのかな?)あ~んな失敗やこ~んなボケをかます事はなく。私σ(-_-;)イベントタイトルや告知から勝手に過剰な期待をする傾向があるので、この性質を直さねばなりません、反省。

*イベント概要
ミニアクションショー、続けて子供達参加のゲーム、その後で豆まき、最後は握手会で〆でした。

01man_1

『アクションショー』

ウルトラマンとメビウスが登場。ランドのお姉さんからお手伝いを頼まれたらしいのですが、待ち合わせの時間を過ぎているのにお姉さんは現れません(都合上、お姉さんはよく遅刻をする)待ちぼうけを食らうのもなんなんでと、ウルトラマンとメビウスは観客席へ下りて積極的に子供達との触れ合いをはじめました。ココで『わぁ~♪』と色めき立つお客、始まってすぐにこんな事になるとは思ってもいないので皆様ビックリ&嬉しい♪って反応でした。ホノボノとした空気に包まれるランドドーム・・・

そこに響き渡る声!侵略宇宙人の襲来でっす!!が、先客の顔ぶれ(=ウルトラ戦士)に恐れをなして星人(=カナン星人とキュラソ星人)はそそくさと引き返そう(^_^;)と、見せかけて不意打ちを!!\(◎o◎)/食らわそうとしましたが、ウルトラ戦士のほうが上手でしたね(^_^;)星人さんの戦いっぷりも見応えありましたが、結末はいつもの如くでした。そのうえ手痛い目にあった星人さん達は泣きっ面に蜂(^_^;)引き上げようとしたところをウルトラマンに呼び止められる。ウルトラマンはちゃっかり彼らにお姉さんから依頼されていた役目を押し付けるのでした。
やっとこ現れたお姉さんは、事の成り行きを知り喜びます。
「ウルトラ戦士に鬼役をやってもらうのは、申し訳ないと思っていたので・・」
エッ!マイトシヘイキナカオシテないすニオニヤクヲヤラセテイタジャアリマセンカ(^_^;)←ココントコハヨミナガシテクダサイm(__)m
という訳で、子供達参加のゲーム大会に移ります。

02yoninn_1

『ウルトラ的当てゲーム』

近頃じゃとんと見かけませんが昔は縁日等でありましたっけね?鬼にボールをぶつけるゲーム、あれのランド版です。的にされる鬼役はカナン星人とキュラソ星人、そこにウルトラマンも見張り役として一緒に立ってくれる事になりましたが、ウルトラマンにはボールを当ててはなりません!もし間違って当ててしまった場合は、お仕置きがあるんだそ~です。

会場の子供達から6~7名を募り舞台へ。この倍率が高いもんで観客席がヒートアップして・・指名するお姉さんは悩みますね。参加する子供達と一緒にメビウスもボールを持ってスタンバイ、メビウスもボールを投げる方なんですよ。ってことはメビウスも・・ですよね!?
鬼役がじっとしていれば問題ないのですが、星人さんは右に左にと逃れようとします。そこをウルトラマンが捕まえて引き戻したり羽交締めにして子供たちの前にさらしたり(^_^;)しかし星人さんの方も頑張ります、ウルトラマンの背後に隠れて子供達のミスを誘ったり・・これでメビウスが一発やらかしたはずなんですが・・まんまと投げる側に紛れ込んだり、メビウスを言いくるめて的役を代わってもらったり。ボケメビたんはお姉さんに突っ込まれて嬉しそうでした。
ゲームオーバー、間違えてウルトラマンにボールを当てた人は?←これが自己申告制でした。計6回のゲーム中お仕置きを受けた子供さんは1人だけで、いや実際みんな正直でしたよ、うん。なもんで毎回お仕置きされるのはゲームを引っ掻き回した星人さんばかりでしてね。
メビウスが一発やらかした分は、どうも本人は気付いてなかったみたいで・・ね?マンも誰が投げたものか判らず見逃したっぽいんですが。実はあの後舞台裏でお仕置きされてたり~(^_^;)

05osioki_1

『豆まき』

楽しい?ゲーム大会を終えて星人さん達は痛む身体をスリスリもう帰ろうとしますが、またもウルトラマンに呼び止められ、この後の豆まきも手伝うように!と(^_^;)
準備の為に一旦全員退場。あらためて登場したウルトラマンとメビウスと、急遽駆けつけてくれたマックス、この3戦士は裃姿で大きな升を抱えています。カナン星人とキュラソ星人はアシスタント役なのでお着替えなし(^_^;)戦士達の升に豆を補充する係りです。

豆まきのシステムは、より良い方策を考えてか?年毎に違います。今回は、子供達だけを前の方に呼び寄せてソコへ重点的に豆をまく方法で。それでも混雑を避けて後方観客席に残っている子供さんも居ますから、その辺りにも投げて下さいました。まんべんなく子供達に行渡っているとよいのですが・・さて来年はどんな手法になるでしょう。

豆まきの時にメビウスが気を回してキュラソ星人にも豆をまく役をやらせてあげて、キュラソさんが嬉しそうだったり。カナン星人が気の利く星人で、密かに最後の一つを取っておいてそれをウルトラマンに託したり。ステージ上の目に止まるアレコレは観ていて気持ちが暖かくなるものでした。

09mebius_1

07man2_1

『握手・撮影会』

豆まきを終え最後は握手会です。ステージ下に並んだウルトラマン、メビウス、カナン・キュラソの両星人の計4名と。マックスは有料撮影コーナー担当、この日ならでは!裃姿のマックスとグッズ制作です。

08max_1

残念だったのが、エントランスでの自由な撮影会を行わなかった事。
ウルトラ戦士達は相変わらず格好良かったし、良いトコなしの星人さん達も終始頑張った甲斐あって子供達は怖がらなくなってましたし。もうちょいふれあいタイムが欲しかったな~・・トータルの時間が長くなっていたのに、このうえ外に出て・・とはムズカシイですかね?負担を強いる事なので、ちっちゃい声でこそっと付け加えておきます(^_^;)

☆以上です。楽しい報告ありがとうございました~m(__)m

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Saturday, November 04, 2006

ウルトラマンランド>ハロウィンイベント『キングの試み』

ハーフムーン様より写真を頂きました♪

写真の後にカフェからレポを転記しました(11/12up)。どうぞお楽しみ下さいm(__)m

Hmph061029uld11zz

*

Hmph061029uld22ev2

*

Hmph061029uld33evtg

*

Hmph061029uld44zk

*

Hmph061029uld55mbzev

*

Hmph061029uld66mb2

*

Hmph061029uld77lg

☆楽しい写真ありがとうございました♪

☆それではハーフムーンさまよりオープンカフェ(掲示板)に投稿いただいたレポを以下にご紹介したします。

*************************************

2006年10月29日(日)ウルトラマンランド・ハロウィンイベント報告を。
『キングの試み』・・とは?
文章に書いても、現場でのあのインパクトは伝わらないでしょう。それが残念です。

ハロウィンの日を選んで地球に降り立ったウルトラマンキング。そこに召喚したのは・・
なんと、イーヴィルティガとダークザギ。キングは無言のまま仕草だけでこの2人に観客席の人間を襲うよう命じ、そして観客に明らかに分かるようにその場に『何か』を残して立ち去る。キングが去ってのち、とても静かに淡々とキングの命を果たそうとするイーヴィルとザギの2人。そのきわどい所を、荒ぶる声が遮る。声の主は・・イーヴィルティガとダークザギ!?
後から現れたイーヴィルとザギが言うには、キングが召喚した者達は機械人形だそう。己の姿を真似た『モノ』に対し激しい怒りをみせ牙を剥く。イーヴィルVSイーヴィル、ザギVSザギ、なんと怖ろしく魅力的な場面・・偽者が偽者を嘲りなぶる!?いや、場合によっては『ニセ・ウルトラ戦士』と括られる者。がしかし、イーヴィルティガやダークザギは、ティガやノアのコピーでは無く決して偽者などではなく、オリジナルの存在のはず(ザギがノアの姿を模して造られた云々の公式設定を、無視して発言)なのに光ある所に現れる影としてしか認識されないもどかしい思いを、目の前の機械人形にぶつけているように見える。

一方・・
カボチャお化けに襲われるブースカ!このカボチャお化け、実はマリコお姉さん。ハロウィンの仮装でブースカをビックリさせて楽しんでいたのですが、そこに何も知らないメビウスがブースカを助けようとやってきたので、さぁ大変。ファイティングポーズをとるメビウスに、慌てて正体を明かしハロウィンの説明をするマリコお姉さん。するとメビウス、
「じゃぁ、この辺りに現れたっていう、亡霊の情報も誰かの仮装なのかな?」
「え?亡霊?」
「うん、イーヴィルティガとダークザギの・・あはは、居るわけないよね」
いやあの(-_-;)メビウスもマリコお姉さんも、笑ってる場合じゃないんですが・・
機械人形を葬り去ったイーヴィルとザギが再登場。
「新顔かね・・」新しい玩具を見つけた2人。果敢に立ち向かうメビウスも、イーヴィルとザギにとっては、未だ納まらぬ怒りをぶつける格好の対象でしかない。

イーヴィルとザギがメビウスを連れ去ったあとの舞台。ブースカとお姉さんが見つけた『何か』・・キングが残していったもの・・石版の破片です。そこに書かれていたのはハロウィンに甦った亡霊を再び封じる方法でした。しっかし!この破片にはその方法の途中までしか記されていません!ん~(>_<)・・とやってたら、ランド警備隊々員さんがゲームコーナーで見つけました、もう一片。あぁ、それでもまだ全文は分かりません・・そうだ!あっちとこっちとで2つ見つかったって事は、まだアチコチに破片があるはず!?よ~し、みんなで力を合わせて破片を探そう~!!ランド・ドーム内で一斉に石版の破片探しが始まりました~ブースカも舞台を降りて子供達と一緒に探します。そうして見つかった破片は3つ。最初の2つとあわせて、一枚の石版になりました。石版の文章は謎かけになっています。
『あの世とこの世が繋がる日、ハロウィン。亡霊達により、世界は闇に閉ざされる。光が差すべき道は・・『何があっても決して悪に屈しない心』『一人で敵わない時には一丸となる心』『正しい事を全力で貫く心』・・全ての心を言葉とし胸に宿し続け、叫べ』
闇を打ち破る為にはこの石版の教えを言葉にして心に念じて唱えなければならないようです。さて、その言葉とは?

等々やっている間に、メビウスはイーヴィルとザギの手に掛かり倒れてしまいました~!標的を観客に変えて荒々しく迫ってくるイーヴィル&ザギ!・・あれ、どっかで見たような光景?と、そのきわどい所を凛とした声が遮る。声の主はウルトラマンキング!
「ぬしら・・本当の!?」
キングは自身の思惑を超えるハロウィンの魔力に舌を巻く。が、案じる事は無い、種は蒔いておいたのだから。
「謎は解けたかな?」軽やかにイーヴィルとザギをあしらいつつ、子供達に問いかけるキング。
・・悪に屈しない心=『勇気』一丸となる心、皆の繋がりを意味する言葉=『絆』正しい事を貫く心=『正義』・・これらの言葉を、その意味を心にとめて叫ぶ名前は「ウルトラマ~ン!!」

するとステージに光が溢れ、倒れていたメビウスは力強く立ち上がり、ティガとレジェンドが現れキングも共に4戦士が居並ぶ見事な光景。
イーヴィルとザギ、それにザギが呼び寄せた怪獣2体VSウルトラ戦士との混戦、それから各自の戦いへと別れてゆく。まずはティガVSイーヴィル、続いてレジェンドVS怪獣、〆はメビウスVSザギ。このイベントでは、通常ライブでしばらく見ていない、手の込んだアクション構成だったようにお見受けします。

闇の者を封じ、キングの下に揃う3戦士・・ティガ、レジェンド、メビウス。そして事の顛末をキングが語る。
「ハロウィンの日を利用して、地球の人々の意識調査に来たつもりじゃったが・・」
正義と勇気と絆・・ウルトラ戦士が地球とそこに住む人々を守るのは、この心が人々にあるからこそ。それがないがしろにされてはいないか?・・ん~たまに抜き打ちテストをされても仕方ないのかも知れませんね・・それと、メビウス!一人で居るのをイイ事に訓練を怠ってないか?これも試すつもりだったそう。
その為にキングが仕組んだ作り事の危機だったのです、当初の予定では。人々の強烈なトラウマとなっているイーヴィルティガとダークザギ(の機械人形だって事は内緒で)を前に、メビウスと子供達は共に力を合わせて事を解決できるのか?という『キングの試み』だったのです。それがハロウィンの魔力によるものか!?かたどられたモノの気配に誘われ、本物が目覚めてしまい・・キングの想定を超えた事態になってしまったと。

キング~!(>_<)なんて人騒がせな爺ちゃん。そりゃマント捌きが見事でしたが、それで大目に見たろ・・とはいきませんよ←(?^^;)いやま、上手い事解決にもって行きましたからね、良しておきましょうか。見る分には非常に楽しいステージでしたしね。子供達参加の配置がとっても良かったわ。そこではお姉さんがしっかりと教えてくれました。
「押したり取り合ったりしないように、石版の破片を探す皆は仲間、仲間は力を合わせてお互いを思いやって」まさにキングの試みに適う心構えです。子供達だけでなく、大人も心せねばなりませんね~(^^;)このような場面では大人の方がヒートアップしてしまいますからね~σ(^^;)反省々々

最後に、イーヴィルとザギに関して。
告知の登場キャラにザギの名を出すのは、客寄せパンダだからですか?ザギの名は挙げてイーヴィルは『他』なのは、格の違いですか?でも劇中では両者に格差を感じられなかったので、不公平な印象だけが残りました。
自らの意思でなくこの世に現れてしまった2人は、終始イラついていて荒っぽく、思いつきのまま凶暴な行為に出ているだけのようで、まるで冬眠半ばにそれを妨げられた獣のようでした。早いとこ寝所にお帰りいただいて、良うございました。願わくば次回現れる時には自らの意思で、周到な計画のもと、冷酷この上ない様で臨んで下さいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 29, 2004

ウルトラマンネクサス、円谷ジャングルお披露目イベント!!

nif.gr.line.gif


【8月13日に大阪・円谷ジャングルにて行なわれました、「ウルトラマンネクサス」登場イベントの様子をりーまま様よりメールでお知らせ頂きましたので、ここに紹介させていただきます。】


ネクサス登場イベント(12時)は、MCのお姉さんとルナでテレビシリーズを
プロジェクターの映像を見ながら振り返り、さぁいよいよネクサスが・・・という所へ
いきなりマジャバが登場。
コスモスのフルムーンレクトが効きそうできかない・・・所へアンファス登場!
アンファスが軽くマジャバをお仕置きした後、フルムーンレクトが通じて良い子になった
マジャバが帰って行くというあっさり味でした。

cosnexus0813.jpg


cosnezus0813.2.jpg

cosnexus0813.5.jpg


cosnexus0813.3.jpg


nif.gr.line.gif

| | Comments (0) | TrackBack (0)